スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の大君~とむと愉快な仲間達~

もうね。
ふっきれたよ!!

「関西人とはいかに愛する人を落として持ち上げるか?」
という友人の言葉を聴き、
「をを!そのとおり!!イジってナンボやな」
と思いまして。

今日の感想は「落として持ち上げます」

芝居。

みりお氏!!
これくらい日がたてば、おっさんになってるかと思ったが、
やはりムリがあって。本人もおっさんになろうなろう、としてて
観てるほうも苦しい!!何気に緊張する。
老け役は、姿勢を少し前かがみにするとか?
でも何歳の設定やろ?
娘が大学生なら40~50代。
ヒゲより、姿勢が大事かも。
こーゆう時に専科さんのビデオみたらいいのに。
今のみりお氏、声が聴き辛いッす。
次回に期待。

だいもんのドメスティック度があがってます!!
私はテーブルひっくり返すより、
蘭乃にピストル突きつけてるだいもんが、ドSでツボで、
毎回「そこで撃ってしまえ!!」なんて思うんですが(苦笑)
この人が出てくると安心感さえ漂うのこの頃です。

まりん映画監督。
気になってるんですが、飛び降りて手を骨折して、
いつまで骨折したままなんですか?もう治らないんでしょうか?
気づいたら、大君が死んで、お墓のシーンでも骨折したままやったけど。
生田先生はOKなのね?
複雑骨折かなんかですか?
おばさん、気になって仕方ないです(苦笑)

あと、初日にはなかった?かなあ。
大君が、よっぱらってボコられるシーン。
あれは、つけたしたのか?
「ボクシングをやってるんだ」みたいなことゆうて、
ふじPにボコられる蘭とむ。

かっこ悪い蘭とむがカッコイイ。

なんか幻影をみてるねんけど、
ああゆう演出は好きです。
映像の多様より、幻想シーンの多様のほうが
舞台的でいいなあと、感じます。

今回とにかく細かい芝居してる人が多くて、
頑張ってはるなあと。
白い歯のマイティとか。
あと、おさげでメガネをかけた娘役さんが
すごく目に入りました。細かい芝居たくさんしてました。
びっくちゃんは、ホンマにビックです。

ショー。
もうカリビアンにはまった。
ええ。
蘭とむの
「しゃくねつうのたいよお~」
「あついあついあつい」
もう、腰ふるならそこでしょ?みたいな。

だって、騎士と黒燕尾だけでは、あまりに哀しいじゃないですか!!

だから、私の萌えポイントはカリビアン蘭寿です。
「あついあつい」といいながら、スェクスィに腰をスウィングしてくださると
ファンになったかいもあるってもんです!!

騎士はいつみても「美しい」です。
あのマントさばき。見事やわ~。

「こんな男おらんから!」という男がいるのが宝塚で。
それを演じてるのが「男役」というタカラジェンヌ。
だけど、最近本当に「夢を見せる」意味で、
「男役」として成立したトップスターは、
贔屓目でなく、蘭寿とむであり壮一帆やと思う。
レオン君もカッコイイけど、「男役」より「ショースター」のイメージが強いので、
あまり意識したことがない。

だから。
だからこそ。
絶滅危惧種保存委員会としては、
蘭寿とむに、男役生活を全うして、卒業して欲しい。

次こそは、激しい腰ふりがみられるかなあ~(そこかい!)
つうか落としてばかりで、あげてなくてスマン。

腰がはいってないわよ!~大君2回目~

もう、このサヨナラ公演のために働いてきたんだから、
とにかく花組と蘭とむをみることに
「なるべく」集中することにしました。
やっぱし、ダメだしはしたくなるんで、
書きますが、基本は「愛!」です。
「愛は狂って麻薬のように美しい」んです!!

で、サイトーショーなんですが。
初日こそ、けなしましたが、
2回目は、全体をくまなくみて、良くなってた!!
つうか、サイトーショーに蘭とむ以下花組子が合わせてますね。
さすがです!
なんでかというと、
観てて「楽しい」と思えたからです。
ショーは観てて「楽しい」と思えるもの。
それが基本だと思ってるので、
前回は、ホンマに拷問でした。

確かに選曲は安易で、
KENTOさんの振り付けは
異様やったけど、

蘭とむが美しい。

それだけで、いいです。

もうなんか許せました。
やはり騎士のマントと、
黒燕尾は最高!!

黒燕尾ですが、以前、スターさんによって持つ場所も違うと聞き、
今日、蘭とむスタイルを確認したんですが、
一番下。そこを持ってるの。
で、他の花組子みたら「全員同じ位置」なんです!!(涙)

ワタクシ、みりお氏にこの持ち手だけでも継承して欲しいと思います。

さかのぼって、
ラテン?プログラムでみたら
たぶん「ムゲン ディアマンテ」のとこね。

歌詞がねっとりしてきて、
蘭とむ、キター!と思いました。
「あつううい あつううい あつううい」
あの歌ですよ。熱いソング(たぶん)
今日銀橋で、すこ~し腰ふりがでてきました!

蘭とむ、はじける手前です!!!

もう、あそこで振らなかったら、どこでふるんですか???
卒業したら、やたら腰はふれないんですよ!!!
あなたは絶滅危惧種なんだから、きちんとふっていただかないと!!

(ファンの皆様もきっと期待されてるハズ……)

ショーに物足りなさを感じてたとしたら、
腰が入ってなかったからと思います。
マジで。

あとKENTOさん振り付け、今日まともにプログラム読んだら(いまごろかい!)
盲目の少女に花をもらって癒されてたん?
そのわりには襲われたときに、
花を思い切り投げてるよね?

初日から、勢いよくソデに、何を投げてるのかと思ったら

花かよ!!

ますますアカンやん!
自分を和ました花をさ、いくらピンチやからって、
ソデまでなげなくてもいいじゃないか!!
せめて胸にしまうとか、帽子にさすとか、何か考えようよ、KENOTO!!
だから、アメリカンは表現が大陸的なのよ!!

銀橋で狼とむが披露してたのは、ムーンウォークやったんかなあ?
あれ、スッシーさんが上手かったですよ~
がんばれ蘭とむ。君ならできる。

あとはよっちですなあ。
あの身体の軸のブレなさが素晴らしい!!
高くあがる足といい、本当に花組からダンサーがいなくなるのが寂しい。

でも、あきら、ふじP、今日みてて結構目につきました。
あきら氏は風格がでてきたし、ふじPはジャンプしたとき、
すごく高く上がってたのが印象的でした。踊れるやん!!

そうそう、はじめのほうにでてくる
ムゲンツアーの3人娘、まりん、タソ、びっくちゃん。
あまりに可愛くて(マジで)笑えます(笑うんかい)

それから、だいもん。
この人は初日からブレない。
とにかく上手いです。
ダンスも蘭とむの隣で踊ってます。見劣りしません!!
かっこいいわ~

歌はいうまでもなく。

そして歌といえば一花ちゃんがよく出てきて嬉しい。
本当に全然かわらない「可愛さ」が好きです。
ゆきちゃんは、エトワールも、やってます!!
この人の高音がきれい。
バウで聴かせてくれた美声を何度も聴けるのは嬉しいです。

みりお氏とカレーのからみは飽きた。
美しいものは、3日であきるのよ~
なんでもかんでも美人をくっつける安易な発想は禁止。
でも、みりお氏
ダンス、頑張ってると思います。
しつこいけど、黒燕尾は受け継いでね!!

以上でしょうか。2回目の「熱い思い」
あくことのない情熱、蘭とむ。

次回は、彼女が思いきり腰ふりしてることを
願って、観にいこうと思います。

退団作品。

いつからでしょう?

トップの退団作品が
「その人のために書かれてるかしら?」
と、しなくていい心配をするようになったのは。

20年前はね。
きちんとね、
面白いかどうかは別として、
そのトップへの思いを、
座付きの先生が、芝居やショーに
さりげなく盛り込んでくださった。
だから、観てるほうも、
そのときは寂しくても
何年かしたら「いい公演でしたね」といえたのです。

いまだに覚えてるカリンチョさん、イチロくん、
カナメさん、ユリちゃん、シメさん、ヤンさん、
とにかく、すべての退団公演に「愛」がありました。

だから、今、生田センセやサイトーセンセに
不信感をもってる自分がいやなんです。
座付き作家を信用してない、できない現状が。

これが、柴田先生なら「卒業」だけに専念できたんですけど。

蘭とむが笑顔でいられますように。

とむは犬。

「カナリア」チャーリーバージョン。

まだヅカ戻りした頃。
誰が誰だかわからない。

そんなとき観た「カナリア」(BY スカステ)

チャーリーとみどりでもっと観たかったなあとか
チャーリーの芝居は、
上手くはないけどなんかみてしまうよな、とか。
もっと踊ってたころの
あの足のあがり方はすごかった!!とか、
主にチャーリーに思いをはせて観てたんだけど、

なんかちんぴらがでてきて、
みどりをおどすシーンで、
「犬」がでてきて。

最初から最後までなんか「バウバウ」ゆうてた気がする。
「まあ!今の宝塚にこんなお役があるなんて!」

と、ある意味衝撃でした。

そしてその「犬」を演じていたのが

蘭寿とむ、でした。

なんかわからんけど、印象に残る子やなあ。

それがハリー作品で再び出会います。
「スカウト」

「犬」から立派な青年になり、
不条理な世界に巻きこまれる芝居をしっかりと演じていて、
「ああ、この人好きかも」

でも、以降スカステで蘭とむに出会うことはなく、
時間が過ぎたのでした。

続く~
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。