スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背中に「おとうさん」感~「オイディプス王」~

イシちゃん。

「轟悠」の仮面がぶれない人だ。

そのブレなさが近寄りがたいムードを
だしていたんだけど。

「専科」になって、その「硬質」さがイキイキしてるなあと思う。

感想の前に。

専科公演、もっと続けてください!!

本公演やバウなどで
場を引き締めるためにしか
使われてない気がするこのごろ。

つまりは
「声楽専科」「演技専科」「ダンス専科」と
きちんと役割があるにもかかわらず
ちっとも適所に使われてない。

専科に光を!!

で、今回驚いたこと。

みつる君が歌える!!

みつる君の歌は、私下手だと思ってた。
だから今回聞いて驚いた。
歌えますよ!!!
すごい、専科効果。

以前下手と書いたことを訂正します!!

イシちゃんと渡り合うシーンもあり。
良かったです。

次に思ったのはカチャ。

似合うのに女役……

歌も歌えるし、なんかもったいない。
カチャって顔の成長が
女役のふけかたというか。
上手くいえないけど、いつみても若々しい「女の子」のような顔。
男役のような、学年を重ねて渋さがでるとか
そういうタイプの顔ではない。
すっごい女役向きの人なのに。

イオカステ(カチャ)が真実に気付き、
少しづつ体をふるわせて、最後は叫びながら階段を
かけあがっていったんですが、そこが良かった。

オイディプスにそれぞれが絡む構成なので
なんかイシちゃんの芝居を見る時間が長く、
それに飽きると、物語から離れてしまう、
スレスレのラインで見てました。
つまりイシちゃんの芝居の好き嫌いにかかってるかな。

コロスがいるのに上下からほとんど動かないのが
もったいなかったけど。

「知」に関する考察の物語らしいんで(小柳さんがプログラムに書いてた)

でも「知」より客は「人」をみにきてると思うんよ。

それを活かす手法があまりになさすぎて
それがもったいないなあと。
小柳さんの脚色能力は高いと思うけど
舞台の演出力はつまらない。

それでもラスト、国を出て行くイシちゃん。
そのとき、子供たちと一緒に去っていくんだけど。

その背中に「おとうさん」感が漂っていた。
いままで彼女からは感じなかったものだ。

イチロくん時代からみてた人が「父親」が似合うようになったと思うと
イシちゃんの積み重ねた男役歴に敬意を表したい。

そう感じた公演でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ナムタン様こんにちは、カフェオレです。
「オイディプス王」重いお話ですが、私は大好きな作品になりました。
ほんとに みつるくん大進撃!

轟さんのステキなところは「ブレない」ところなんでしょうね。
どの公演も真摯に向き合って「轟悠」を確立している気がします。
今回はオイディプス王ってこの方にしか出来ないと思いました。
ソフォクレスさんもあの世から観て「そうそう!こんな感じっ‼」と拍手しているかも。

私はどの組も好きで観劇しますが、専科の方はやっぱりスゴイですね。
今、星組でも美城さん素晴しいですもん。

もっと専科公演観たいです。

カフェオレさま

コメントありがとうございます。

カフェオレってHN、いいですね。
関係ないですが。
ナムタンなんかにせず、ブラックコーヒーとかにしたら良かったかな。
すいません。

個人的に専科ブームなんですよ!!
みつる君も良かったし、コマちゃんも良いし
まりんさんも好きだし、マギーだって。

星組で活躍中のさやかさんが
もう、素敵でたまらないです(^^)

作品のグレードをあげてくれる生徒さん。
それが今の専科さんなのかもしれないですね。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。