スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムシンの言霊~「王家に捧ぐ歌」~

チャルさんの写真が買えました。

ヒロさんと並べてありがたく飾らせていただきます。

宙組2回目。

目を閉じて聴くと
まあクンの声がトウコちゃんに聴こえる。
似てますよね、2人。

なんかラダメスって良い人ですよね。

好きな女の子と一緒になりたいだけの普通の青年で。
で、そのアイーダが告げ口した罪をそのまま背負って
「生き埋め」にすすんでなるという。
受け身のヒーローでも5本指に入るくらい
「いい人」だと思いますよ(涙)
あんまり良い人すぎて好きになるのが申し訳ないくらい。

なので、自分はファラオにハマっています。

チャル・ファラオはいつも中心にいて、
歌っておられます。
家臣の願いをかなえてくれる
心の大きいファラオでございます。
時にブランコ?にのってお声をかけるファラオです。
もう、空中状態で芝居してるチャル・ファラオに
釘付けですよ。

マカゼ君に暗殺されるときも
真ん中にいるんです。

つまり毎回立ち位置がほとんど同じ(に見える)

真ん中で芝居を成立させるには
やはりそれなりの求心力がいると思います。
それを毎回こなしてるのがすごいなあと思うのです。

すごいなあ、と思うのは
キムシンのコトバ。

いや。

「すごい」「強い」

これを

「スゴツヨ」と略すセンスというか
発想こそ「スゴコワ」だなあと(すごいけど怖い)


繰り返す法則で成立させてる台詞ソングとか。

「私だ私だ」「ありえないありえない」「信じない信じない」

もう呪文ですよね。

これを聴いてるうちに
はまってる自分が怖い。
キムシン「スゴコワ」です。

あと、アムネリスに使われる
「~なさい」という命令形口調。
うららの言い方がツボ。

アイーダもラダメスに銀橋で
「~なさい」と、命令形になるトコがあるけど、
彼女のキャラじゃないなあと思った。
やはりアムネリスに似合う。

同じ王女の立場であっても
粗野な感じがあるのがアイーダの魅力でもあると思うので。
アムネリスは人に服従したことないし。

そんなことをつらつら考えながら観ていました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。