スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロナンとオランプの物語~月組新公~

月組新公観劇。

暁千星ちゃんが歌えるようになってて驚いた。

嬉しい。

でもまだまだ芝居はへたくそで、
これから、どんどん上手くなって欲しいと思う。

彼女の本領発揮のダンスシーンは、
あのボディパーカッションのところ。
本公演ではたまきち中心でロナンがかすんでたけど、
新公では踊れる人が真ん中に来るように
キチンとできてるシーンなんだ、と納得した。

また、今回は小池版と違い
ロナンとオランプの物語に比重をおいていた。
アントワネットの派手な登場シーンもなく、
シャルルが車椅子から立ち上がったシーンも
紗幕のむこうで見せる形になり
アントワネット・美園さんの見せ場は
ごく限られていた。
けど、上手かったです。

キチンと歌える人をキャスティングしたんですね。
「神様の裁き」良かった。

また、あーさのアルトワ伯も好き。
やはり美貌の人じゃないと。
その手下となる3人組も面白い。
ルイ16世の佳城さんの落ち着きぶり。
また、まゆぽんのペイロールも本役をしのぐ怪物ぶり。
存在感ありました。

民衆側では
カミーユの夢奈さんが目立ちました。
ロベスピエールの連つかさ君も声が好き。

オランプの叶羽さん、上手かったです。
芝居も歌も、キチンとできてる~
96期なんですよね。
どーして才能あるのにあんな騒ぎを起こしたのか
本当にもったいない。

ロナンとオランプの恋。
荒削りながらも、ラストまでかけぬけるような
恋愛っぷりをみせてくれたと思います。

そうそう。
ちゃぴが出てるとご一緒した方に教えていただいて
ちゃぴ探しをしました。
いろいろでてたそうですが、
パレ・ロワイヤルの女はすぐわかりました!
首が長い人(笑)
ダンスがキレキレなので、やはりそこは
トップをやってるだけあるなと感心した次第です。

暁ロナンが面白いなあと思ったのは
「サイラモナムール」を歌うとき、
ありちゃん1人、ずっと足でリズムを刻んで歌ってたとこ。
その昔、月組トップだった方が卒業後も
舞台で歌うとき、足でリズムを刻んでるのを
思い出しました。個人的なつぼでした。

朴訥な農民である青年が、革命の渦にのまれていく。

面白く観れた公演でした!!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。