スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリスタ雑感②

「カリスタ」の脚本を読む。

「地中海の風」の吹かれてさわやかに登場するカルロ。
もう、この時点でダメだ。

彼の父親はフランスにカリスタを売った「裏切り者」

当然島を逃げるように出てきた。

なのに

うしろめたさも、トラウマもない。

そして。
島をでて28年。
そのとき少年だったのだから、
もう30すぎの男のハズ。

アリシアは幼なじみロベルトの婚約者。
つうことは
もしかしてカルロも、子供の時に
彼女を知っていないとおかしくないか???

100歩ゆずって。
そのアリシアもアラサーのハズである。

30すぎの男とアラサー女が

もしかしてこれが恋?なんてトキメキあうのは

なんか嫌だ。

結局この話は

故郷に戻った30男が、
幼なじみと「裏切り者」「信じてくれよ」
と、ちょっとケンカ、あとで仲直り。
おいしいとこは何故かナポレオンがもっていって、
ロベルトは、カリスタの「大統領」(なぜ大統領という呼び名なのか?)
カルロはアラサー女をフランスに連れて帰って
めでたしめでたし……???

と、私は受け取った。

なんかね。

フランス革命を傍観してた側から描いたそうなんですが。

そんな意図とは関係なく。

弓矢、しかも毒矢が飛んでくるんですよ。

時代劇コントか。

こんな話だが。
懸命に演じてる花組子が好きだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
カリスタ…中学生の娘と観に行きました。
なんか、昭和の少女マンガみたいなストーリーだったなぁと思いました。平成の中学生である娘は、胸キュンにもならず、途中睡魔に襲われたらしいです。
昭和に小学生だった私も、睡魔に襲われました…ショーは良かったです。

非常にわかりやすかった

…という一点が、良かったと思います。
余り突っ込んで考えずに観られる前物芝居としては、昔っぽいテキトーさがあって
疲れませんでした。えっ⁈これで終わり?
みたいな終わり方でしたが、誰も死ななかったし(笑)、二人はアメリカ大陸で未来を作るんだ〜…と短絡的に納得して済ませる事ができました。
稲葉ショーが頑張ってくれていたので相殺できましたね。

No title

こんにちは。
alisaと申します。
カリスタを見て最初に思ったのは「そんな無茶苦茶な!!!」でした。
まず、常夏の島カリスタ。
カリスタ島は地中海にあるのだから地中海式気候ですよね・・・。
カルロ・アリシア・ロベルトが30過ぎと推測されるのに子供っぽすぎる。
ナポレオンはこの頃まだ一砲兵隊でこんなに偉くないはず。
提督一家を本土に送り返して裁判にって、貴族は殆ど殺されますから!
そこに由緒正しい遺族のベルトラムまで行かせて・・・。
なんだか見ていてモヤモヤする作品でした。

ジャスミンさま

コメントありがとうございます。

花組もムラは楽日をむかえましたね~
「カリスタ」ね~(苦笑)
私も時々、船をこいでました。
ショーはがっつり楽しみましたよ。
平成の娘さんが胸きゅんでなくて残念。

次回に期待しましょう~(笑)

クロさま

コメントありがとうございます

ご無沙汰してます。
感想、ありがとうございます。

わかりやすかったですね。
確かに誰も死んでない(笑)

わかりにくくても、もう少し内容がある作品を
大石センセと石田センセの求めるのがムリなんでしょうね。

alisa さま

コメントありがとうございます。

地中海への突っ込みに
思わずひざをうちました。

ですよね!!

地中海で常夏。

きっと作者の頭が常夏なんじゃないでしょうか?

No title

こんにちわ、島を出て二十八年じゃなくアルドが亡くなった日に生まれて二十八年ではないかと。

初めまして

自己紹介を忘れてました。ごめんなさい。サバランです。最初に観劇した作品は、星組。「シルクロード」です。すごい昔です.ブログ楽しみにしています。よろしくお願いします。

サバランさま


はじめまして!!
コメントありがとうございます。

先のコメントを拝見しました。
「シルクロード」からごらんになってるのですか!?
すっごいうらやましいです。

もしよろしければどんな舞台だったか
教えていただけますか?

あ、カリスタですよね(苦笑)
28年にあまり意味をもって大石さんは
書いてないと思いました。
なくなって28年だとますますつじつまが
あわなくなってきませんか…?(涙)

シルクロード

お邪魔します星組シルクロード観劇は、小学校低学年でした。おぼろげに覚えているのは、当時のトップの上月さんがカリスマ的スターだったこと。歌が大変お上手でした。若い鳳さんが後ろで踊ってました。その頃から鳳さんは大変目立ってました。これからも生き生きした感想を読ませてくださいね。

ちょっとだけ・・・

こんにちは。
蘭寿さんがトップだったとき、少し書き込みさせていただていました。

カリスタ、突っ込み所いっぱいには激しく同意ですが、
ちょっと誤解されている所もあるんじゃないかなと思って
久しぶりに書かせていただきました。

カルロ「20年ぶりか・・・」
アニータ「28年前に生まれた子どもが・・・」と言ってますので
カルロとロベルトは28年前に生まれ
8才?のときにカルロは島を出て20年ぶりに帰ってきた。
カルロとロベルトは30過ぎではなく28才ということで
一応つじつまは合ってると思うんですが。

それと、常夏はおかしいとの指摘ですが。
日本人は地中海というと
ギリシャなどヨーロッパに近い所をイメージしますが
地中海の南側はアフリカ大陸から中近東に接しているんですよね。
先日、博物館テロがあったチュニジアも地中海に面しています。
事件に巻き込まれた観光客は
「地中海クルーズ」を楽しんでいたわけですし、ニュース映像では、
避難している観光客の後ろにやしの木が映っていました。
カリスタはアフリカに近いところにある島と設定すれば
常夏と歌っても大間違いとも言えないのではないかと思います。
人種的には、アフリカ北部の人は
アラブ系の顔立ち、肌の色が多いかと思います。

長々と書き込んでしまいました。すみません。
ショーについての感想もお聞きしてみたいです。

サバランさま

コメントありがとうございます。
返信が遅くなりすいません。

鳳さんが小さい学年だったのですね~
上月さんの歌の上手さは昔の宝塚LPをきいて
認識しています。
「歌を翼に」素晴らしいです!!

読んでいただきありがとうございます。

まさまさ さま

ご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。

突っ込みへの突っ込み、ありがとうございます(笑)

つまりは、そんな些細なことを考える余裕を与えるほど
物語に感情移入できなかったのです。

ショー「さくら」の大階段は、ゾクっときました。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。