スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルパン三世の着ぐるみをきることのしんどさ~雪組新公~

雪組新人公演を観てきました。

私はもともとルパン三世はヅカでやるもんじゃない、と
思っております。
キャラものが嫌いなんです。

もう「出来上がったモノ」に無理やり役者が
「その役」になろうとするのは抵抗があります。

つまり
小柳センセが書いた「ルパン」を演じるんじゃなく
「ルパン三世」というアニメキャラに「なりきる」ことが
条件みたいなもんで。
これは「演技する」とは、また別ジャンルのものだと
思っています。
ちとズレるけど「ベルばら」みたいな感じかなあ。
あくまで「オスカル」は漫画からでてきたような人が
望まれてるみたいなコト。

その意味では
本公演で、きちんと着ぐるみの機能を果たしてるのは
ちぎちゃんとともみん。
本当にご苦労さまです!!

で、新公。

この本は「銭形主体」でまわってるんだなあ~
という構成になってました。

ルパンのひとこさんも難しいのを良くやってたと思う。
でも、今回は銭形の久城あす。
彼女がひっぱってました。
最後まで、本当に「とっつあん」でした。拍手です。

次が月城かなと。上手かった。
この人が今まで使われなかったのが不思議。
正しく2枚目。
カリオストロもだいもんとはまた違った「怪しさ」で
面白かったなあ~

アントワネットの星南さん。
棒すぎた(涙)

あの。
雪組の娘役さん、ほかにもいるんじゃないですかね???

「パルムの僧院」でいい芝居をみせてくれた
星乃あんりちゃん。

私は彼女が報われて欲しい。
本気でもったいない使われ方してると思います。

愛すみれさん。

マリー役でガンガン歌ってくれました。
この人の声は聴きやすくて好きです。
(本役さんはヒステリックで苦手)

ともあれ、
「役を演じる」のと
「できてるキャラ」を演じることの違いを
考えた公演でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。