スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はたして正解かはわからない~「ルパン3世」雑感~

あけましておめでとうございます。

アッというまに100周年が終わった気がします。
本日大劇場へ観にいきました。
キャトルの袋には「101年」とかいてますが、
これから102、103と印刷していくんですかね?

前ふりは置いといて。

「ルパン3世」「ファンシーガイ」

ちぎちゃんお披露目おめでとうございます。

感想。
あくまで感想です。
ざっくりと。

「ルパン3世」は私は嫌いです。
理由は笑いのセンスが合わなかったからです。

だから、この作品は
好き嫌いがわかれると思うけど。
楽しめる人は楽しい作品だと思います!

ちぎちゃんは役を作りこむ人だなあと。
彼女しか出来ないルパンだなあと。
難しい役だと思ったんですが、軽妙で良かったです。

ともみん!!
とっつあんでしたよ。
見事にとっつあんでした。
ここまで突き抜けてくれると
本当に面白い!!
私はともみんが好きだなあと確信しました。
すごく卒業が寂しいです。

だいもん。
雪組になじんでました。
見事に(笑)
しかもセンスの要求されるコメディ。
「オーシャンズ11」で開眼したなあと思う彼女の
つきぬけ感。
これからが楽しみです。

咲ちゃん。
ファブリスの時はどーなるんかと思いましたが
結構次元があってて良かった。
頑張ってください。

翔ちゃん。
私、彼女の芝居好きなんですよ。
五右衛門、映像より似合ってました。

お話も、とんとんすすみ、
笑いあり笑いあり笑いあり。
お正月にふさわしい演目で、
小柳センセは「職人」だなあと思います。
よくまとめてて、わかりやすい。
きっと若い人なんか好きな作品だろーなあ。
ご贔屓のいる方も通いやすそうだなあ~と。

でも。
「宝塚歌劇ってこんなの?」という気持ちが
観劇中、自分の中にあったのは確かです。

101年目から勝負で、
どこを目指してるかといえば「トニー賞」という今。
こーゆうキャラものが受けをとってしまうのは
どうなんだろう?
お話のうわっつらだけを追っているだけの
観劇になるのはどーなんだろう?
「今は楽しい」からええやん、という感じは何だろう?

できれば、こういう作品は外で観たい。
小柳センセの本来の面白さは
娘役を上手く使うことにあったんじゃないかな。
大人数を使える先生は貴重なので、
次回を期待します。

そう。
「ルパン3世」は、個人のセンスが要求される
役者には難しい台本になってて、
その構造だけ読み取ると、
きちんと演じてた人は結構少ないんですね。
もちろん、生徒さんは頑張ってます!!
あくまでセンスの問題なんです。

再度観たら、感想も変わるかと思います。

「ファンシーガイ」

三木先生は、鴨川先生の3番目のお弟子さんです。
なんつうか、大介氏みたいにもろにパクらないとこが
自分は好感がもてるんですね。
昔、月組でやった「ミリオンドリームス」が好きで。
特に仮面のシーン。
ユリちゃんの中世的な容姿が似合ってた。
ユリちゃんのショー作品で1番好きかなあ。

三木先生の倒錯シーンはワタシ的にツボ。
今回も「誘い受け」のちぎちゃんに似合ったシーンが
作られていて楽しめました。

あと印象に残るのは
「愛の讃歌」を歌うだいもん。
スタンダードナンバーですが
演奏がマイナーコード。
リズムとるのが難しい。
それでも外さないで歌えるのがすごかった!!
これは是非聴いて欲しいです。
宝塚に、これくらい歌える人がいる!!
正月から耳福でした。

というわけで。
本日はこれにて失礼します。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

あけまして、おめでとうこざいます。

今年も楽しみにしています

私も早速三が日の間に観てきましたよ~
非ファンを伴ってで最初「あーやっちまったかな」(後で文句を言われるかな?と思って)と思っていたけど最後は話がまとまって良かったと思いました

慶次の時もですが今回男性の方が多くて驚きました
男子トイレの行列見たの初めてです(笑)
休憩中観察すると、みんな奥様・娘さん同伴でお正月だから?

非ファンは、みんな「ルパンを知ってるから面白かった~!」でした
私は正解じゃない気がするのですが知らない人の入口って意味で正解なのかな??

ルパンは、ともみんさんの銭形がなければ成立しなかったと思うし
ショーでも不可欠でした…本当に残念

今回は翔さんが気になる存在になりました。

ぶぶるさま

今年もよろしくお願いします。

読んでいただきありがとうございます。

コメント、少し悩みましたが今回はふせておきますね(苦笑)

でも、お気持は同じです。わかります!!
長年の体質は簡単に変わらないと思います。

よもぎさま

今年も宜しくおねがいします。

読んでいただきありがとうございます。

ともみん、すごかったですよね!!
「熱演」状態!!

彼女の熱い芝居が好きだったので
卒業はショックです。

非ファンの方も、この作品は誘いやすいと思います(^^)
入り口から出口に行くかどうかは
その先にすすんでからですね(笑)
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。