スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣幸「kohibumi」コンサート~「奇跡」で締めくくる100周年~

12月23日。

100周年の締めくくりは
この方で終わりました。

はい、剣幸さんです。
ウタコさんです。

「kohibumi」コンサート。
行ってきました。

今年1月に、
このマグノリアホールで拝見したときは
めちゃくちゃ暑苦しく語っていて、
本当に興奮してたな、自分と、
思い返しても恥ずかしいです。

で、昨日ですが。

曲目。

「クリスマス・イブ」
「美しい人よ」
「愛の賛歌」
「旅情」
「睡蓮の舟」
「奇跡」

「HAPPY TALK」
「あなたが好きで」
「田園」
「Born Again」

手紙が朗読され、曲へと流れていきます。

自分が今回心に残ったのは
高倉健さんのエピソード(「あなたに褒められたくて」より)
任侠映画のポスターで、刺青入れて、刀をもって。後ろ姿の健さん。
その健さんの、足のかかとのアカギレに貼った絆創膏。
「またアカギレ切らして」とお母さんだけが気づいたコト。
「あんたが可哀想」と心配されたお母さんの話。
母親にしかわからないエピソードをとリあげるトコが
ええなあ~と。
更にそこへ歌う曲が「愛の賛歌」なトコも
妙にはまってて、ええなあ~と思いました。

手紙と歌ですすむなか。
短歌の話になりました。
NHKの短歌の番組にゲストで出演されたそうで。

「短歌も手紙だと思う」

歌人・永田和宏さんと、
奥様で同じ歌人である河野裕子さんのお歌とともに。

「奇跡」

あの力強い歌いだし。
「どんなに切なくても 必ず明日は来る」

それは、当たり前であり当たり前ではないわけで。

明日がくることは
喜びである人もいれば
哀しみである人もいる。
楽しみかもしれないし、
憂鬱かもしれない。

必ず「その日」は来る。
でもあなたは1人ではない。

ウタコさんの「奇跡」には
「希望」がこめられてるなあと思います。
そういう歌を歌える人なんだなあと
納得させられます。

奇跡。
100周年宝塚が続いたことも。
この場所に自分がいられることも。
この会場でこういう時間を過ごしてることも。
当たり前のようで、
実は歯車が1つでも狂うと
実現しなかったかもしれない。
だから「今」が奇跡。

他にも素晴らしい曲を歌ってもらえましたが、
自分の中で1番の曲は、
ウタコさんが歌う「奇跡」です。


来年もこの歌声を聴きたいと思いました。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。