スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軍服で卒業~おめでとうテル~

卒業おめでとうございます。

最初の頃は文句書いてた私ですが、
最後のグスタフは良かったと思いますし、
映像でみる、星組時代の役の数々は
レオン君と似合っていて好きでした。

ただ。

軍服卒業はちょっと違うと思います。

なんつうか
みんな制服きた卒業式に
1人だけワッカのドレス着て出席して
「みんな驚いた?」って言われても、
「はい(いろんな意味で)驚きました」

と、答えてしまうと思います。

「ベルばら」のオスカル、見られませんでしたが、
映像でみた(たぶん)オスカルのままで黒燕尾のダンス。
「こだわり」だと思うのですが
きっとこだわる「ポイント」が、
自分にはない感性なんだと思います(棒読み)

思い出の舞台の感想書きたいなあと思ってましたが
最後の軍服で、
何故彼女にモヤモヤしてたか、わかったのでやめときます。

東京公演も頑張ってください。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

私も、テルにはモヤモヤを感じてました。結局話したことないままクラス替えになるクラスメートっていうか(恐れ多い)、なんとなく心理的な壁があるっていうか。。。

軍服は北翔さんなら解るんですがね。みっちゃんなら、外に自衛隊音楽隊が待ってても驚かない(真顔

でも、テルの軍服?どこにそんな需要が?私の知らないグループでは、そんな盛り上がりあったんでしょうか?
日本の右傾化でこんな所にも軍靴の足音ガー(棒読み

軍服

軍服での卒業には色々なご意見があろうかと思いますが、ファンは喜んでいたように思いますし、それはそれで良いのでは?
オスカルのままでの黒燕尾は、凰稀さんのこだわりではなく植田先生のこだわりで、ご本人は黒燕尾は男役でやりたかったと語られていたということです。誤解なさっているようで、残念です。

白雪さま

ご指摘ありがとうございます。

オスカルの件は知りませんでした。
教えていただきまりがとうございました(^^)

もなかさま

コメントありがとうございます。

なんつうか、個人的には正装で凛々しく
卒業するテルがかっこいい気がしてたのですが
まさに話すことなく転校していく人(笑)
自分の中のイメージとかけ離れた人だったなあと。
リムジンのことも知り、
単に目立ちたかったのかと思いました。
(毒舌失礼しました)

退団続きの100周年最後の退団ということで、パターンも手詰まりになる中、自分らしさを出されたかったのでしょうか。
以前はその美しさにホォーッとなったものでしたが、私も何かモヤモヤを感じるようになり、宙はいつしか観劇しなくなりました。
だから、なんとなくナムタンさんのおっしゃる事が分かる気がします。

でも、ビジュアルと自分のイメージに力を入れたトップさんとして、やり切られた最後となったのかなと思います。それが好きなファンの方は嬉しかったでしょうね!

卒業は

かなめさんの軍服での卒業はとても喜ばしかったです!
もちろん、羽織袴もそれは格好よかったでしょうが…
かなめさんは宝塚の男役を受け継げなかった部分がある反面、古い柵をある程度崩すことが出来た人でもあったと思います。だからこそ、劇団も了承したのではないかと。
白いリムジンもトップスターらしくて素敵な退団でした。

そうですね 星組の二番手 時代 が 良かったですねー明るくのびのびしていて 爽やかで…トップに なって メイク かわりました?

素人が わからないのに…でも…くっきり 黒の アイラインが なんか 似合わないなあ…普段メイクの時も…そんなに かかなくても 良いのに…

宝塚メイクも なんだか 美しい お顔が マイナスに なってる…
ような…全てに センスが良かった 大地真央さん ちょっと 思いだしました…上から目線ですみません…ナムタンさん 記事で ちょっと 思いました…

ふじりんごさま

コメントありがとうございます。

メイクのこととかはあまり気にならなくて。
すいません。
ただ星組時代が好きだった、ということだけです(^^)

エマさま

コメントありがとうござます。

軍服については、あくまで自分の意見です。

ファンの方が喜ばれたのなら、それでいいと思います(^^)

HARUさま

コメントありがとうございます。

そう、ファンの方はいいんだと思います(^^)

わかっていただき、ありがとうございます(笑)

初めまして、宝塚ファン歴10年のスカーレットと申します。ナムタンさんの文章が好きで何度かお邪魔させて頂いてました。

新聞記事で読みましたが、てるさんの軍服での卒業は、私も違和感を感じました。

てるさんファン以外の人も見に来てるわけだし、卒業する生徒さんが他にもいるのに、「ファンもきっと喜んでくれるはずだから」という理由で軍服を着るのは、なんかちょっと違う気がしました。

スカーレットさま

コメントありがとうございます。

そうなんですよね、ちょっとなあ~
みたいな感じが(苦笑)

良い悪いの問題じゃないので結論はありませんが、
個人的には袴姿で卒業するテルがみたかったです。









はじめまして。

テルさんについて、ナムタンさんは「お金があればなんでもできる」という書き方をよくしていらっしゃいますが、お金で好き放題したというより、宝塚をよく知らずに誘われるままに入ってしまい、戸惑ったままにトップになってしまった人、という印象を持っています。

だからこそ、彼女なりにファンの希望を考えて、元来の宝塚ファンなら考えもつかないような軍服での階段おりにもなったのだろうなあ、と。

戸惑ったままという印象が特に若い頃には強かったですが、トップになってからは宝塚を愛し誠実に成長なさった方だと、個人的には評価をしています。
もう少し残って頑張れば、もう少し高評価も残せたのかなあ、なんて残念な気も。

いろんな意味で稀有なスターさんだったな、といまは少し淋しい気持ちです。
長々失礼いたしました。





チョコラさま

コメントありがとうございます。

テルは最初は良いイメージではありませんでしたが、
作品ごとにトップとして結果を出してきたスターさんだと
私は書いてきたつもりです。
こないだのタカスペでは、本当にキレイでしたし、
彼女のコメディセンスを活かした舞台が観たかったと、
今でも思っています。
稀有な生徒さんの1人だと思いますよ。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。