スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおまかに感想~「白夜の誓い」~

なんか色々と考えながら観劇できた。

つまり話の内容がスカスカなんで、
脳内でアレコレ補正しながら観たという意味。

「ノクターン」に続きハズレでした、原田センセ。

1番耳につくのは「説明台詞」

驚かされる唐突な展開。
伏線がきちんとはれてない。
見せ場のポイントを1つに絞ればいいだけの話。

ど~して書けなかったのか、アレコレ想像。

これ、宙組の裏ストーリーか!と思うと納得。

みりおん演じる正妻を受け入れられない
グスタフかなめ。
本当に絡みが少なく、
「陛下は王妃さまに心を開いておられないのです」
そして、やっと最後のほうで
「気持ちに気づいてやれずすまなかった」

私、このシーンで泣けてしまった。

リアル・トップコンビの台詞やん!!

まあ、こんな感じで裏ストーリーを考えつつ観てました。

話を表ストーリーに戻すと、
とにかく説明、謎の人物、鍵が都合よくでてくる、
唐突な展開などなど、
突っ込みながら観れば飽きるコトはありません。

キタロウが最後にグスタフを暗殺します。
が、
キチンとみてないとすっごく唐突です。

キタロウが上手いのは、
場面場面で少しずつ、グスタフと距離をとるようにして
舞台をはけいく。
2人が口論になる前の場では
はっきり敵意の顔になってて、
すごく丁寧に芝居を作っていました。

こーゆう少しずつの努力が
宙組子さんにはキチンと観られる。
だから、先にも書きましたが、
決して層が薄いわけではない。
キチンとした作品が来れば個々が光るわけです。

そーゆう意味では安易に泣きの展開に
もっていった原田センセには、もっと台詞をねってほしい。

「ル・サンク」を読むと、
実際の台本どおりかはわかりませんが、
たぶん、センセの頭の中では人物がはっきりしてて、
そこに生徒をあてはめてる感じがする。

逆やん!!

頭の中の人物に、
思うとおりに舞台で動いて欲しいと思って書いてるのは
ただの「箱書き」
生きた生徒に対して、台詞をつけてこそ、
芝居が動くんである。

セリの指定まで書かれてるので
緻密な作家さんだと思うけど、
1度、生徒さんとキチンと向き合って
「台詞を練る」ことをおススメします。

続きはまた!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。