スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個々に際立つ~パルムの僧院~

今回、上手いなあと思ったのは、
朝風れい・ジレッティ。
ムチさばきに「をを!」
「ララ・ファンタシーク」でツレちゃんがムチをふるって歌う姿以降、
ムチを使う人は、観てないので新鮮でした。
いや、あの野生的なダメ男を、しかも殺されてしまうお役を
印象深い演技でみせてくれました。

そのジレッティの恋人で、ファブリスと恋に落ちる
マリエッタ・桃花ひな。
この人、いい女役さんになってきましたね!!
マリエッタ以外でも、群衆シーンのダンスなど
ところどころで、目につく人でした。
ますます楽しみです。

ほたて・ラッシ。
ヒロさん演じる大公にゴマすりすりの、
小悪人。上手い。
この人、本当にいい芝居します。

「は・は・は・は~」という笑い方が素敵でした。
最後まで小悪人。
この人は次は何を演じてくれるのか?
すごく楽しみです。

大公・ヒロさん。
この人のおかげで1幕は何とか観られたと思う。
何がほかと違うかって、歌の上手さはおいといても、
台詞の抑揚のつけ方。
観客をひきつけるような台詞まわし。
こういう上手い方をそばでみて盗んで欲しいです。

にわにわ・ファビオ。
この人は台詞のリズムの取り方が絶妙に上手い。
なのに、あまりに出番が少なくて残念!!
もっと上手い人は出さないと!!!

がおり・モスカ伯爵。
渋いおやじになってきました。
この人もガンガン歌えるんですよね。
モスカも、なんか難しい役だったと思います。
自分でファブリスを貶めておきながら、
牢獄から助ける手助けをしてるんですから。
もっと、キチンとした役でみてみたいです。

ブルノ・久城あす。
3枚目の演技が光ってました。

クレサンジ・ひとこ。
こちらもニコニコ癒し系ぼっちゃん。
クレリアとひっついて良かったね、と思わせる好青年でした。

「大義のために死ねる」
byフェランテ・れいこ。

この人、何処にいてもわかるようになりました。
キレイです。
しかも上手い。
かつ、声が男役。
本当に目立つんですよ。
天性のもんなんでしょうね。
この人のファブリスもみたかったなあと思います。

クレリア・あんりちゃん。
あの、失礼ながら、お歌が向上してました!!
あんりちゃんは、顔のわりに声が低いと思ってましたが、
今回は、正統派ヒロインらしく、声もきれい。
敬虔な信者であるクレリアは、
神にそむいた自分への罰に
「ファブリスの顔をみない」と誓うのですが、
牢獄を抜けだし、会いにきたファブリスの顔を、
本当にみないようにします。
門の柵越しに、顔をそむけながら会話する
ファブリスとクレリア。
このシーンがきれいだったので、
もう、ここで幕にしてもらっていれば、
本当に「良作」になったのに!!と残念です。

でも、あんりちゃんは、良くなってます。

ファブリス・咲ちゃん。
先にも書きましたが、脚本があまり出来てないので、
難しかったかなあと思う半面、
こういうノー天気なお役より、
違う役をしたほうが、咲ちゃんに合ったのにと思います。
「BJ」の足の悪い青年を演じたとき、いいなあと思ったので。
この人は少し屈折してる役が合うように思います。
天性のプレイボーイタイプでないコトは確かです。

ほかにも、牢獄の番人の背むし男を演じた方(名前わからず・すいません)
「愛の罪」のシーン全部。
愛すみれさんの歌など、
このメンツならではの見所もたくさんありました。

いいカンパニーなだけに、
作品をもう少し練った形で観たかったと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。