スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ベルばら」の永遠感をおもふ。

お邪魔してるサイトさんで「ベルばら30」の動画を観ました。

そんな熱い「ベルばら」ファンでなく
ヅカ版「お笑い・ベルばら」としか観てない私が思いました。

初演の人は偉い!!
だって「見本」がないから。
劇画と少しでも同じにしようと
カツラから、メイクから「絵」をみてやったんでしょ?
そっくりでないと、脅迫状やかみそりがくるんでしょ?

そんなん、ありえへん!!

近所で「目から星とばして歩く人」
観たことありますか?

おったら怖いわ!!

なんか、要求されてるコトが「普通」じゃないと思ったんですよ。
実際、漫画から抜けでたような人なんて
おらへん、おらへん。

それを、カツラ、メイク、そして、あのきらきらしい「衣装」
ガラスの馬車などが、フォローしたと思うのですね。

今頃「ベルばら」を語るのもお恥ずかしいのですが。
「漫画読み」の自分は「漫画と舞台は別」と思うんです。
つまり漫画は漫画でしか描けない世界があり
舞台には舞台しかだせない力がある、ということ。

でも宝塚は夢を売っています。
漫画の世界観を壊さなかった意味では
当時の宝塚の舞台スタッフさんの
レベルが高かったと思います。

「ベルばら30」で笑ったのは
ショーちゃんさんが「目から星を飛ばせ言われた」
安奈さん「ガンと殴ったら目から星とぶやん」
ツレちゃん「上級生がゆうてはるねんから、はいと言いなさい」
安奈さん「はい」(うつむいて笑ってる)

いや~その「殴って星が飛ぶのも漫画の発想ですよ~」と
思わず安奈さんに突っ込んだトークショーでした。

ニーズはあるとは思いますが
上演してから40年!!
まだ「ベルばら」とトークをこの4人(たまにふえるけど)に語らせるのも
もう、しんどいんじゃないでしょうか~

私は、4人のほかの作品のお話も聴きたいです、はい。
たぶん「ベルばら」ファンの方はトークのネタも熟知してると思うんですね。
話すほうのことも考えたら、いくら仕事でも
もうええやん!!と、言いたいんじゃないかなと思いました。

過去と現在。
その繰り返しですね。

常に思考は現在でありたいもの。
自分は、次回の宙組の「ベルばら」(全ツ)を観たい!
観れたらいいな、と思っています。
歌えるアントワネット様は久しぶりな気がするんで
楽しみです~(^^)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

三度目のコメントのかおりですm(__)mみっきーさんの舞台を観たことがないなぁと思いながら、突然思い出した事があります。

幼い頃昔昔、8チャンネルで宝塚のテレビ番組があって、司会?をされていた水代玉藻さんというかたを私、大好きでした!母に「この人いい!」と言っていたみたいです。連れていってもらって舞台も観た事があると思いますが、全く思い出せません。幼稚園に行っていた頃です。きびきびしてらして知的で好きな印象が残っています!
失礼致しました。突然思い出した記憶です!!

No title

ナムタンさんこんにちは。いつも楽しくブログを読ませて頂いてます。

ナムタンさんは現在公演中の宙組オスカル編をご覧になりましたか?
東宝で一度だけ観劇しましたが、カツラや化粧・等身までもマンガから飛び出してきたような完成度でした。
凰稀さんは歴代オスカルを全くみずに、自分なりのオスカルを作るためマンガを読み込んだそうです。
先人の作った「宝塚のオスカル」を無碍にするのはどうかと思いますが…。
今回の宙公演は自然でリアルな「ベルばら」でした。
今こうしたオスカルがみられるのも、初演メンバーの力があったからなのだと、宝塚100周年の歴史を感じます。

べるばら 初め

こんにちはナムタンさん お久しぶりです。
安奈淳さんファンのよこはまくりすです。

初風さま・ミッキーさんと素敵なジェンヌさんのお話有難うございます。ミッキーは皆様のおっしゃるようにラモン最高だった!です!(でも蘭寿さんのラモンもカッコ良かったです)

それから ベルばら初演でフェルゼンを演じた大滝子さんもハスキーな歌声のくさい男役さんで忘れられません。
(母が大ファンでした)
「ラムール・ア・パリ」では初風カンさまの歌声の迫力と共に宝塚の方ってなんて歌がお上手なんだろう!とコドモながらにびっくりしました。100周年なのにお名前を聞きませんね・・・・
柴田作品「赤と黒」恋こそわが命 にも主演されました。

ベルばら以外にも名作が数々ある宝塚。沢山のエピソードを聞いてみたいです。

かおりさま

コメントありがとうございます。
遅い返信ですいません。

水代玉藻さん!!

私も現役舞台は存知ません(涙)
しかし、高木先生の著書で文章を書かれております。
岸 香織さんとは、また違う、味のある文体。
宝塚愛に満ちていて大好きです。
お名前を出していただいて有難うございました!!

江のこ さま

こちらこそ初めまして。
コメントを有難うございます。

宙組「ベルばら」はチケットが結局とれず断念しました。
観た方の意見が賛否両論で、うわ!見逃した、と思っています(涙)
役を作りこむ姿勢は素晴らしいと思いますし、
その姿を下級生がみて、学んでいくと宙組の歴史が
作られているなあと感じます(^^)

よこはまくりす さま

おひさしぶりでございます。
コメント、ありがとうございます。
安奈さん、姫路のパリ祭にも出演されたとか。
お元気になられて、本当に良かったですね(^^)

宝塚には「隠れた名作」があるんですよね~
再演まではいわないから、当時の映像があれば
それ放送していただきたいんです(涙)
100周年ですから、
過去の名作も、バンバンみたいですよね~
「歌」に迫力や魅力がある人には、しばらくお目にかかってません(苦笑)

また、遊びにいらしてくださいませ!!

水代玉藻さん!

コメントされた方のお話に出てきたので飛びつきました。私、拝見しております。古くは初演・命ある限り、で鳳蘭演じる新次郎の父帯刀役から虞美人の呂妃、初演・バレンシアではレオン将軍、そうそ!初演・ノバボサノバでは色っぽいシスターマーマを演じています。ノバボサノバはもっと色濃くもっとエロチックだったんですよ。(笑)確か財閥のお嬢さんだったと思います。体が弱い方でよく休演されてましたっけ。どうされてるか現在をずっと知りたいと思っているお1人です。失礼いたしました。m(__)m

Re: 水代玉藻さん!→そうです!!

まめぶさま。
私、水代さんの声が好きなんですよ~
初演の音声で安奈・ルーア神父が可愛く
「シスターマーマ!あれは何でしょう?」
「神父さま、あれぞ恋!ですわ~」(で、語尾がのびるとか)
とか、えっと(すいません暑さボケです)
なんか「ムーチョ~ムーチョ~」と歌いながら
(すいません、近くに資料がないんです・涙)
「ちゅ」の時の声の「少し」エロイとこが(笑)
ホンマ、いいですわ~

ナムタン様、今割と直線的なセリフを言う方多いですが、水代さんは違いました。声に特色がある方で、膨らみがありました。ですから女をやると色っぽくなり男をやると艶が出たんです。あとちょっとしたコメディが巧くて、美吉組長と2人、厚い唇の女をやらせて当時トップだった鳳蘭に迫りまくる、なんてのを鴨川先生がお好きでよくやってはりました。(笑)藤山寛美さんと友達で、ハゲ役ばかりくるから腐って水代さんが愚痴ると藤山さんが、「そんなら下手にやったらええねん。二度とやらんで済むわ」と言ったので単純にそうするわ、と言ったら寛美さんが「あんたが恥じをかくだけやけどな」と言われハッとした、というエピソードを記事で読みました。S30頃。ちょっとした芸談ですよね。(笑)

まめぶ さま

良いお話をありがとうございます。
寛美さんのお話も、それを聞くに価する人も
少なくなりましたね~
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。