スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジェンドの本気!スータン様は永遠に~「セレブレーション100」~

春日野先生がもしおられたら、100周年記念の公演内容も
少し変わってたかもしれません。

が、今「ザ・宝塚」の存在はスータンさんだと思います。
もちろん祭典にでられた寿美さんですとか、
一時代を築かれたジェンヌさんもおられますが、
ステージで、歌い、しかも「踊る」ことまでされるのは
初演「ベルばら」スター以前では、スータンさんだけですし、
(私の記憶違いならすいません)
それがきちんとサマになってしまうのが
「伝説」たるゆえんです。


ここで少し個人的な語りを。
初演「ノバ ボサ ノバ」(作・演出・鴨川清作)のソールをされたのは
真帆志ぶきさんです。
ラストの「アディウス・カルナバル」いわゆる「シナーマン」ですが、
「ドリーム ア ドリーム」(このタイトルも鴨川作品より使われたものです)
このとき、ツレちゃんさんの「シナーマン」で、腰ぬかしましたが、
本家はもっとすごかったです。はい。
音源をいただいて聴いたのですが、
歌詞の解釈がきちんとできてるんですね。
「ノバ ボサ ノバ」を書かれたさい、
鴨川先生はおっしゃったそうです。

「これな、電車に乗ってるときにできたんや」

電車に乗りながら思いついた作品を
大介先生が自分の作品かのようにおやりになりました。
(一応、星組さんでお墓参りにはいかれてますが)
が、違いますよ~若い方~鴨川先生の作品ですからね(^^)
しつこいけど「愛におののく花」も鴨川先生の歌ですからね(^^)
「アムール・ド・99」のシャンゴのシーンは「なんちゃってシャンゴですからね(^^)
(あまりに盗用がひどいので書いときます)
歴史は正しく伝えるべきです。


で、スータンさんです。
生きる伝説。
今回は鴨川先生の最後のお弟子さんでもあった三木先生が
構成・演出されたこともあり、パンフレットには貴重なお話も掲載されてます。

美しさの春日野先生とは対照的に、
「フィーリング」で観客を魅了したのがスータンさん。

その独特のリズム感、その時代の先端をいく音楽を
自ら収集し、吸収していった天才です。

「歌の宝塚」とはよくいったもんですが、
ダンスにおいても、あのストーン氏が唯一「OK」を出したスター。
(わからない方、おいてきぼりですんません)
それが、真帆志ぶきという天才です。

今回、3曲歌われましたが(「はじめてのくちづけ・愛!・アマール アマール)
「愛!」(「ポップニュース」より(鴨川清作・作・演出)
が最高でした。

今までもカリンチョさん、イチロくん、
また「ドリドリ」では歌い継ぎの形で披露されてきましたが、

……ホンマはこう歌うもんやったんかあああああ!!

聴いてるうちに涙がボロボロでてくるんです。
(たとえ2番の歌詞をすっとばしても)
それをおぎなってあまりある「表現力」。

私は現役時代に観客席でごらんになった方が本気でうらやましい。

スータンさんは歌の途中で
「愛はきっと 霧をはらしてくれる」
で、祈りのポーズをされたのですが、

ああ、そうか。
これは「愛を乞う」ている内容だったんだと。

「愛」を連呼してるお歌があまた「ベルばら」ソングにはございますが、
心に響く「愛」という言葉の歌い方は、難しい。
たった2文字なんですけど。

それを「物語」の世界にしてしまうスータンさんの舞台。

この方が「ベルサイユのばら」のブームと交代するように
「ベルばら」と同時演目「ザ・スター」で退団されたことは、
1つの時代の終わりと大きな世代の交代でもありました。

スータンさんの歌を1度本気で聴いて欲しいです。

生きる伝説・真帆志ぶき。
この方のステージは「神」でした。

本当に生きてて良かったです。

次は特別ゲストだったジュンコさん(汀 夏子)みっきーさん(順 みつき)を
書きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

シナーマンもお歌いになったのですか!

それは羨ましい~。
往年の声量は望めませんでしたが、声色・・・音色の魅力に惚れました、「愛」と一言歌われるその音色の深さ・・・。
生観劇しなければ感じられなかったでしょう。
 パンフレットにも書かれていましたが、男役声を生み出すためチャレンジした世代の方だったんですね。
メゾからアルトへ、クラシックやシャンソンからジャズへ
音楽シーンの変化に敏感について行き・・・男役声での歌唱に昇華した結果生みだされた芸だったのでしょうね。

いまは音楽シーンそのものが分野ごとに極化し、一つのうねりのような流行はなくなりました。

時代の声に押され感性を磨けた・・・良い時代であったのかもしれません。(しかも、同じアンテナを持った者同志が宝塚に集結したという奇跡)

セクシィで幻惑的なだけでなく、ユーモラスでウイットに豊み、風刺精神に溢れ・・・根底に変わらない思いのようなものを感じるから鴨川作品にあこがれるのかも知れません。
アジテーションしないのに、心にくるのです。

それを見事に表現しえた真帆志ぶきというアクトレスのその片鱗でも知る事が出来て幸せでした。

歌ってないです(涙)すいません!!

クロさま、歌われたのは
「アモーレ・ミオ」(初めてのくちづけ)
「愛!」
「アマール アマール」です。

鴨川作品をつい熱く語ってしまい、
混同されたかと思います。
申し訳ありません。

重ねておわびいたします。

真帆しぶきさんの大フアンです

真帆しぶきさんの大ファンです。本当にスターの中のスターさんだと思います。
私が初めて真帆さんを知ったのは、幸せにもノバボサノバでした。何てすごいスターさんだろうと、いっぺんで大ファンになりました。安奈淳さんとご一緒の愛のコンチェルトも大好きでした。鴨川さんのショーはどれも素晴らしく、いつまでも心に残ります。詩はどれも難しくなく、でも大切なことを書いて下さっていて心に沁みて来ます。
そして真帆さんの歌が重なると、もっともっと素晴らしくなります!
言葉を無理に聞こうとしなくても自然と心に入ってきて響いて来て、
涙が出てしまうのです。
あんなに素晴らしいスターさんはいないと思います。
それから四十年以上心の支えでした。
「愛」大好きです。愛は愛されるより愛すること。素敵な言葉ですね。
YouTubeで花のオランダ坂も聞きましたが、加茂さくらとご一緒に歌われていて…情景が浮かぶようでした。
先日、真帆さんのザ、スターを龍さんが歌われると聞いて、『ドラゴンナイト』に急遽行ってきました。素晴らしい曲ですね。全てのスターさんの気持ちを表していますね。改めて鴨川さんの素晴らしさを感じました。真帆さんの歌を思い出し涙が溢れました。
真帆さんのビデオが有ったらテレビで流して欲しいといつも思います。
歌も踊りもお芝居も全部凄いですから。今の方達も努力なさっていて大好きですが、真帆さんほどの方は現れてないように思います。
心も偉ぶってなくてとても謙虚で優しい方と聞いています。
いつ迄も大フアンでいたいと思います。

マホタカサンさま

コメントありがとうございます!!

スータンさんをレコードでしか知らない世代ですが
本当に、素敵ですよね!!
舞台のお話、聴かせてくださりありがとうございます。
特に「愛のコンチェルト」は再演不可能なだけに、
どんな作品だったかすごく知りたいです。

真帆しぶきさん

失礼します。100周年の、出待ちで、鳳欄さん、と、真帆しぶきさんだけ、出待ち出口より、出てこられたときは、寒いなか何時間まった、かいが、あり、大変嬉しいかったです。

真帆しぶきさんの、歌を、最高だと、思います。

No title

べるバラちょっと前に観劇をやめた者ですが、当時スータンさんに惹かれ続けておりました。宝塚に沢山の名花あれど、ここまで実力のある方は、今も見当たらないように思っております。(もっとも、私が知らないだけかもしれませんが)本日別のサイトで、偶然にもシナ―マンや回転木馬を見つけ、お聴きし、あらためて歌の上手さに感じ入りました。伝説化するにはあまりにももったいないお方です。これからも折あるごとにDVDの公開や後輩の指導など、お願いしたいものですね。

真帆しぶきさんのこと

書いていただきありがとう。
「花のオランダ坂」の歌を時々歌います。加茂さくらさんの声量に溶け込むようにスータンさんの声が耳に残ってます。
「港に浮いた青いトランク」で、汀夏子さん抜擢されたんではなかったかなと記憶してます。そのころ初舞台だった安奈淳さんから初めてのサインを私はいただきましたが、引っ越しに次ぐ引っ越しでなくしました。友達に誘われ雪組の「アンコールワット」でスータンさんに魅せられたのがフアンとしての塚通い始めでした。高校生だったころです。主に雪組のとき通いました。「ベルサイユのばら」初演のころは宝塚から遠ざかっていました。内重のぼる 麻鳥千穂 那智わたるの時代でした。フアンにとっていい時代だったかなと思います。
プロフィール

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。