スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脇を固める花男たち~ノクターン雑感~

いや~
ヒロインはいけてないけど、
脇は上手かった。

マイティ!
黒マイティもいいですね。
今回、軍服でユズカレーを「世間知らずのお坊ちゃん」と
あざ笑うお役でございますが、
歌がまず、良くなってる!
そしてダンス。
この人はゆっくり大成するタイプなんだろう。
先が楽しみです。

あきら君。
色悪おやじ。
「エロ気」出てます。
また、一花嬢との冷めた夫婦間の演技。
或いは息子にナイフで切られながらも、
垣間見せる父性。

ああ、この話、カレーとあきらのスピンオフを
作ってくれないだろーか?
滅多に「萌え」を感じない自分でも、観たい!と思ってしまった。
フィナーレで、きらりちゃんをめぐって
ユズカレーと踊るシーンは素敵でした、エロくて。
でも、基本が優しい人なのか、時々その「優しさ」がみえて、
こーゆう敵役が来たときは、ちょっと「優しさ」が邪魔になるときもあると思う。
みーちゃんから託された「エロ気」男子として頑張っていただきたいです。

和海くん。
歌、聞かせます!!
今回、取り巻きの1人ですが、
芝居の間がうまく取れてる!
成長してはります。

タソ!
お、恐ろしい子だわ!!
この人は舞台ごとにいつも自分に挑戦している。
だから目が離せない。
オペラいらず、と語ってましたが
ホンマにいりません。
第二部は特にタソに釘付けでした!!
花組の宝です。

あとちょっとした台詞の言い方がうまかったのが
春花きららちゃん。
鞠花ゆめちゃん。
歌が上手い男役さんを見つけたんですが、
どなたかがわかりません。
使用人の1人です。
この人は、どんどん歌わせてあげて欲しいです。

そう!
まりんさんが出てるの、気づきませんでした。
最後まで、あの執事?の人、上手いよなあ~
でも、まゆみさん以外専科って出てたかな?
と、パンフ確認。

「まりんさんやん!!」

もう!さすがヒゲ部。
ものすごい化けっぷりと、
声のトーンまで落として演じてたので
ホンマに気づきませんでした。
この方も貴重な方です!!
専科でも、得がたい存在になると思います。

フィナーレの黒燕尾は健在です!!
見とれてしまいました。

新体制の花組も私は楽しみです。

蘭寿さんは大好きですが、
宝塚は、トップ制度を作ってからは、
新陳代謝を繰り返して、歴史を刻んできました。
みりお氏率いる花組も、しっかり観たいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

きらりちゃん、脇でちょこちょこお芝居しているだけだと、あまり気にならないのですが、姫花ちゃんとのダブルヒロインだったバウヒロでも「真ん中でお芝居できるほどの、芝居心はないな…」と感じましたが、今の学年でもですか…。
私は今回遠征できないので、実際に観て言えないのですが、今回のバウヒロ抜擢されたのかは始めから???でした(^^;)
確かに、男性を魅了するように魅惑的な役柄なら一花ちゃんが適任だと思いましたし。
おそらく、次期娘1を配慮して若手にヒロインさせたくなかったのかな?と勝手に深読みもしてしまいます。

ユリさま

コメントありがとうございます。

そうですね~
「蒼いくちづけ」は初演のシギちゃんが良かった。
比べてしまうのも何ですが「下手」でした。
そして、それから何年か立っても変わらないので
たぶん「演技」の本質が理解できてない人だと思います。
でも群衆の中で芝居するのは上手い方だと思います。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。