スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傾 奇 者~「前田慶次」~

そうですね~

こんなにオモロイ人物を舞台で「活かさない」のはもったいない話。
まだえりたんにテレが見える。
おいしいお役なのに、もったいないです。

秀吉の前に髷をわざとヨコに結って出てくるシーン。

あれは「反抗」ともとれるけど、
実は他の大名にも挨拶してるように見せてる。
その意味を感じ取った秀吉は
「面白いやつだ」と、慶次をほめる。
そういうシーン。
けど、なんか伝わりにくいんですよね~

あと、おサルの物まね。
あそこで、着物をまくって、ケツを出す勢いでやる、
くらいの勢いじゃないと、観てるほうがテレるんですね。

かっこよさも大事ですけど、
あえて「こーゆうコトもやるのは慶次だからだ!!」
と自分に思い込ませて、演じて欲しいなあ、と。

最初の水風呂も。
これは、大野先生の、慶次の人物造詣が浅いからなんですが、
慶次はプライドが高く、ゆえに説教してくるおじがうっとおしいから、
わざと水風呂に入れたわけで。
「プライドが高い」という点がわからないので、
単なる「お笑いエピソード」になってるのはもったいない。
「オレを誰だと思っている」と、
ひとこと書くだけで、慶次が全然違ってくると思います。

「人を上からみる人間だった」というのも、書かないといけません。
だからこそ、「足を切る」というエピソードがでてくるわけです。
それは、原作やら、慶次に関するものを読んでるといくらでもでてきます。

要は「前田慶次」を大野先生は、どう書きたいのか、
全然わからん、ゆうことです。
だから、役者も「どう演じていいかわからん」のだと思います。

「何故、慶次はこんなことをするんだろう?」
と、一つ一つ、エピソードを考え、調べ、
理解していくのを、役作りといいます。

次に観たとき、えりたんが「傾奇者」に近づいてくれてることを望みます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上から目線

壮さんの持ち味を計算して
わざと描かなかったのかもしれませんね・・・
・・・というか、
言葉にして描くと
聞く人によっては「嫌な奴」と誤解する面もあるでしょうから。

慶次は織田信長の鶴の一声で・・・
父の代に、前田家の総領の座を追われ、
本来なら今前田家の領主であるはずだったと彼の立場を説明した上で・・・
本編の慶次の武者としての才覚と
彼が叔父を「ただの叔父さん」と冒頭で評している事の意味を関連づけ
・・・今の立場であることの不条理から、
彼が傾いている事を
彼周辺の人間と
そして、天下人豊臣秀吉もが、
その生き方を認めた
というのが、描きたいドラマの重要部分と感じているのですが
如何でしょう?(わざと間接的に描いたと感じたのです)

秀吉に傾いて見せるシーンも
男性ならそこまでできるでしょうが・・・
すみれコード的処理で、大きな盃で赤い尻を表現した分
間接的に感じられたのかもしれませんね。
そこは、宝塚の限界であるかもしれません。



Re: 上から目線にみえましたか?

あちゃ!
すんません。
思うままに書いてるんで(汗)
えらそうに感じましたか?

また、帰宅したら推敲します。
ご指摘、ありがとございます。

壮ファンの皆様、ワタシは壮さん、好きなんです~
それはご理解ください!!!

私が書いたのは・・・

ナムタンさんが本文中で書かれた
慶次の「俺を誰だとおもっている」という表現についてです。
誤解があるようですので
訂正しておきます。

なるほど!

どうもすいません。

なるほど。

「ド・ブロイ」が「ドブロク」に
見えるほど、頭が「モウロク」してるので、
またクリアになったときに、
改めて観劇します。
たぶん、えりたんは上手くなってると思うんです。

No title

原作も、大ヒットした漫画も持ってるし読んでた者です。今回、この作品を壮さんが演じるにあたり、本当にうれしく思ってます。宝塚ならでは【まさか原作のままではだめでしょ?】の演出でよかったのではないかと。
原作を読んだ後、漫画を読まれるといいかも。(おサルの物まねシーンは笑えますけど、宝塚では無理)
そのあとに観劇してたらまた違って見えたかな?です。
もしよければ原作だけでなく漫画読んでみてください。
壮さんのイメージそのものです!

原作者の隆先生がただ一人認めた漫画家さんが作品をかいているんですよ。😊

どら さま

はい、ありがとございます。
ワタシ、漫画マニアですので、
ジャンプ掲載の時代から読んでます。
ちなみに、出版社も色々かわって、
徳間やら、新潮からもでてますが、
まずはジャンプコミックから読むのがいいですね。
新潮は、スピンオフですから。
あ、話題がそれました(汗;
イメージは別として、非常に面白いですよね。
ありがとうございました。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。