スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宙組の話。

こちらも、ザーと観た。

「ベルばら」
れーれ、卒業。
この人が好きだった理由。
役に一所懸命。
「翼ある人々」で最初に老婆となって、語るれーれですが、
本当に、上手くなったなあと思ったんですね。
映像でのル・ルーも、楽しそうにやってたし。
(姉妹でル・ルーでいいと思う)
「自分を知ってる」という意味で、好感が持てました。

ちー。
この人は、すごく印象的だったのは、
前回の花組公演で、自分と席が近くて、見えないようにしてても
見えてしまう位置で観劇してたんですね(現役生徒は後ろで見て欲しい)
姿勢正しく、特にショーの時に蘭寿さんが踊ってるときなどは、
本当にガン見してはって。
ああ、宙組で一緒やったし。
色々思うのかな~と。
まさか、この人が卒業を考えてるとは思ってなかったんですが、
観劇時の真剣さが、印象に残りました。
「ベルばら」では、悔いなくやれたんでしょうか?
ちーの前途が幸せでありますように。

ほかにも愛花さんらが、卒業されます。
新体制へ移行するなかで、
「次」の人生への決断を下すジェンヌさん。
厳しい現実に負けないで欲しいです。

そして、テル退団発表

今更なんですけど。
そうか~
よくもったなあと思いました。

ビジュアルばかり騒がれがちですが、
ワタシは「シルバーローズクロニクル」の彼女が好きでした。
アレをみて、コメディセンス、あると思ったんです。
ほら、真面目な顔して云うヒトコトが面白い人。
ユミコの役に対して、良い味出してたなあと。
バンパイアであれ、なんであれ、テルは、合う役がくれば
きちんと「やる」人なんです。

でも、なんでしょうか。
劇団のやり方が悪いのが大きかったと思います。
トップにするには、足りないもの。
「押し」
彼女は押しが弱い。
ゆえに、みりおんが、寄り添うように見えず、
ギクシャクコンビになってしまいました。
これも、ダレも得しなかったなあと思います。
また、こーゆうタイプをトップにしたなら、
きちんと2番手をおいて支えるべきなのに、
それもしなかった。
まあ君をきちんと決めておくのかと思いきや、
キタロウにしたり、ともちんをおいてみたり、
まあ、落ち着きの無いコトで。
可哀想でした。

「風・共」のバトラーを改めて観ました。
観劇は1回だけだったんですが、
今まで観たことない、優男なバトラーでしたが、
テルは、役作りは必死だったと思います。
ワタシは努力してはる人が好き。
そこは、きちんと書かないとアカンと思うんで、書きますと、
見間違いかなあと、思ってたんですが、
彼女がきちんとあごに線を書いてたこと。
「割れたあご」にして、
ごつさを出そうとしてたんですね。

最初、プログラムの写真みて、
「いや、影かもしれない」と思ってたんですけど。
今日、映像みたら、きちんとあごに線を書いてたんで、
「ああ、この子にはこの子のバトラー像があったんや」と。
芝居心があると、書き続けた自分は間違った評価はしてなかったと安心。
確かに、男らしくみせたければ、
宝塚なら肉襦袢もあったと思うのですが、
あえてスタイルはいじらず、顔面をいじるところに
「キレイなだけではない」と抵抗し続けてたテルの意思を感じました。
それが、正しいかどうかは別としても、
自分なりに「男らしくみせる」ことへの結論が、
顔をいじることであったのなら、
劇団は、トップとして彼女を扱うなら、
やはり、その意見を尊重してあげるべきだったと思います。
オスカルもこだわってました。
役に入り込んで、泣けるという感想が、あの学年になるまで
体験したことなかったことに、ワタシは驚いてたんですけど
(普通、役者は入り込むので、稽古中、泣くのは当たり前)
そこらは、今の宝塚の稽古は甘いのかなあと思うんですが。

こだわることはいいことなんで、卒業公演では、
テルのいいところがでて、
きちんとみりおんとも、絡んだ、
そんな芝居が観られたらいいなあと。
いや、みりおんをまあ君の相手役にしてもいいから、
きちんとトップ扱いしてあげて欲しい。
テルの相手役はキタロウということで。

良い舞台を観ることが自分の楽しみなんです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめまして。
ナムタンさんのブログの更新を楽しみにしています、マチコと言います。
今回はじめて、ナムタンさんにコメントを書かせてもらいます。
失礼な点がありましたら、ご指摘頂けるとありがたいです。

本題に入りまして、本日更新されていたブログにれーれは、自分を知っていると書かれていました。

もしもの話はお嫌いかもしれませんが、敢えて質問させて頂きます。

もしも、れーれがトップ娘役になれていたとしても、れーれのことがお好きなままでしたか?
トップ娘役でなかく、自分のことを分かっているから、お好きだったのでしょうか?

ナムタンさんの好き嫌いが分かれるのはやはり、舞台に対する姿勢、取り組み方ですか??


私もれーれの演技が好きで、歌も努力してると思えた、努力の人だと思えました。
双子なので同じ顔だと思うのですが、れーれは蘭乃はなさんよりも何故か愛嬌を感じるのです。
やはり、中から溢れ出る何かってあるのでしょうか?


私は、れーれに是非ともトップ娘役になってもらいたかったと思っていたのでこのような質問をさせて頂きました。


突然の質問失礼致しました。

マチコさま

コメントありがとうございます。

書かれるとおり、そしてブログにも書いてるとおり、
「もしも」などの話は苦手なんですが、
丁寧に書いていただいたので、
ワタシもできる範囲で書かせていただきます。

ワタシは、ランノ、れーれ、共にトップ娘役のニンではないと思ってます。
容姿、技量、歌。
どれをとっても「普通なら」ありえません。
ですが「大人の事情」で、ランノさんはトップになり、
力量以上の要求に答えることのできないまま、
苦悩してますよね。

先にも書きましたが、「ワタシは」れーれは、トップの器じゃないと思ってるんで、
彼女がトップなら、好きか?という質問にはお答えできません。
ただ、ワタシが「この人いいな」と思うのは、
やはり芝居への取り組みが大きいです。
努力してる人はすごいと思います。
その点においては、れーれは「記者と皇帝」が、
ワタシは初めて意識した舞台でしたが、
あの頃より成長したな、と思います。
だから、好きです。

書かれてるとおり「中からあふれるもの」はあります。
タカラジェンヌに限らず、
職場でも、良い人は良い人オーラみたいなもの、
キツイ人は、それとわかる感じがしませんか?

れーれに関してはトップにはなれませんでしたが、
印象に残る娘役として、ワタシの中では残っております。
卒業後の幸せをお祈りしております(^^)

No title

ナムタンさん、こんにちは。一度コメントさせて頂きました。
今日は私の好きな凰稀かなめさんのことが書かれていたので、ちょこっとお邪魔します。 立派なトップさんは今まで何人も見て来ましたが、私にとって「心ときめく人」は少なくとも10年以上いなかったのですが、雪組の4番手くらいの時に見た「マリーポーサの花」で目をひいたのが彼女でした。それからずっと応援してきました。 仰るように雪で彼女の芝居心は育ったのかと思います。 本当に緻密な取り組みをする人です。 宙組でトップとなって1作ごとに成長してやっとトップらしい風格もでてきたところで退団です。。。風共では特に酔いつぶれるシーンは秀逸でした。 モンテクリスト伯も七変化を魅せてくれましたし、父子が対決するシーンの年を重ねて苦悩する役柄もステキでした。 オスカルはこれから見るのですが、評判も上々なので楽しみです。 
まだまだ良い意味で発展途上の人なので、今までに無い男役の魅力をもっと見たかったというのが本音です。 ただ退団に向けて更に輝きを増していくと聞き、それを楽しみに最後まで応援していこうと思っています。 勝手なファン心理を書き連ねましたがお許しを!
今後もブログを楽しみにしています。

ブルーベルさま

コメントありがとございます。

テルさんで観たかったなあと思うような、
コメディタッチのもの。
宝塚では難しいんでしょうかね~

魅力あるかたなので、むしろ、
卒業されてからのほうが、
良い感じになるんじゃないかなあと
個人的に思っています。

卒業公演も楽しみです。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。