スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OSK「春のおどり」~日舞とラインダンス~

念願のOSKを観ることができました!!

昔々はあやめ池にいって、遊園地で遊んで
そのときOSKも観たかも?しれないのですが、
覚えていません。
近鉄劇場で1回観てたのですが、
当時は小劇場に夢中で、やはり覚えていません。
存続の危機にあったころは芝居に興味をなくしてたので、
全く知りませんでした。

そんな自分ですが「タイミング」だったんでしょうか?
観れました!!

面白かった~

誰が誰だか、初心者なんでわかりません。
一緒にいっていただいた方に、あとでお聞きして、
「ほうほう」と知った次第。
桜花昇ぼるさんの退団公演という知識のみだったんですが、
一幕目が日本物。

日舞のレベルが高いと思いました。
特に舞扇の使い方。
あそこまで使えるようになるには、
そうとうお稽古がいります。
トップさん、上級生だけが上手いのでなく、
下級生(という呼び方でいいのかな?)
劇団の皆さんが最低限のレベル以上を踊りこなされていて、
胸熱。

「源氏物語」を題材にとった場面があったのですが、
その舞の美しさに涙が自然にでてきました。
日本舞踊からにじむ「情感」がきちんと伝わったからです。
特に日舞は表情がだせないこともあり、
踊りの「表現力」が高くなければならない、
すごく難しい分野なんですね(と、ワタシは思ってます)
それをキチンとみせてもらえるのは、すごいことです。

美しい場面があったかと思えば、
「ねずみ小僧」の場面もあり。
ベタベタの関西弁がとびかう
プチ芝居のはいった場面。
平次と小僧の追いかけあい、
長屋の前を坊主、小坊主がとおり、
役者と追っかけがとおり、
場面に飽きることがありません。

最後にはねずみ小僧が御用になるんですが、
このねずみ小僧の客いじりが、また面白かった。

客いじりは、難しいです。
たんに客席に降りて、拍手を促すのが役目ではありません。
お客さんと会話して、笑わせてナンボなんです。
それが天才的だったのが藤山寛美さん。
上手い役者は、客いじりも芸のうち。
OSKさんは、それが上手いのですごいなあと思いました。

2幕目は洋物。

構成がしっかりしていて好きでした。
特に、はだしで踊る場面。
久々にみました、はだしのダンス。
好きです。
土着的で、力強く、ダンスの根源の気がするからです。

タンゴの場面?も魅惑的でよかったなあ~
男役同士のキスシーン、ドキッとしました。

圧巻はラインダンス。
足の上がり方が素晴らしい!
皆さん高い!!
これがもともとのラインダンスなんです。
レビュウを作っておられる先生にお聞きしたのですが
パリのレビュウでは羽をつけて、ラインダンスを踊るそうです。
やるなあOSK。

伝統を守ってきたんだなあと思いました。

音楽はやはり退団とからまって「別れの曲」(ショパン)をアレンジして
使ってたのが印象的。
そして、歌う人はみなさん、きちんと聴かせて恥ずかしくないレベルで、
歌ってました。当たり前なんですけど、
最近、当たり前のものを観てなかったので、
ちょっと感動してしまいました。

歌えるっていいですね!!!

フィナーレではかさをファンの人も一緒になってクルクルしてて
可愛かったです。

楽しめました♪
観てよかったです!!

そして前の記事につながるんですが、
「関西の娯楽文化」は大事にして欲しい、と思った次第です。
OSKが観られて良かった。
ありがとう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ほんとに

関西は娯楽はもちろん文化の香り高いところです。
文楽もあるし、近松さんだって尼崎出身のはず。
関西大好きです。

OSK観られたんですね!
桜咲く国の傘回し、ファンの方もしてらしたんですか~
それは見たことないです。
煌みちるさん(桜花さんの前の前のトップさん)
大ファンの知り合いに連れられて退団の千秋楽に
近鉄劇場に行きました。
最後にファンの皆さんが客席から舞台上の煌さんに
ひとりひとり花束を手渡しして・・・・
団員さんとファンの距離が近いのも
OSKならではですね。

私はOSKだったら悠浦あやとさんが好きです。
歌える大和悠河さんと密かに思ってます。

めいさま

コメント、ありがとうございます。
OSK、楽しかったですよ~
特に日本物!
素頭?に着流しは、新鮮でした。
東京も、最新のお芝居が観られていいなあと思うのですが、
自分が生まれた土地で、こんなにいいもんをやってる、
というのがなんか嬉しいんです♪

OSKと日本物ショー

OSKの皆さんが、このブログを読むとどれぐらいに喜ぶだろかと思いました。OSKの人の踊る日舞は、宝塚の人の様な名取さんは居ませんが、宝塚歌劇団より遥かに多くの、日舞のショーを経験されているのが、この「春のおどり」を観劇されて、宝塚の生徒との違いに観えたのだろうと思いました。そしてもう一つの、OSKの方達が聞いたら喜ぶのが、客席いじりが上手いと言う件でした。さすがに、良い処へ目を付けらていると、感じいりました。OSKの、宝塚と違う一番の特色として、観光ホテルのステージショーの公演が有りました。数有るテーブルの間を、酔客の相手をしながら歌ったり話しをして行けば、本物の客席との掛け合いの芸の力は付いて行きますね。でも、OSKの舞台を観て頂いて嬉しいかったですよ。

ゆうちゃんさま

コメントありがとうございます。

過分なお言葉に恐縮でございます。

もう、ホンマに普通に観劇しました。
それでも、OSK日舞といわれてる、
その舞は、本当に良かったです。
見慣れた方の意見は、わかりませんが(苦笑)
ワタシは、自分の観たことが「感想」なんで(笑)
特に上級生の方は、舞扇の扱いが上手いですよね。
自分も必死でやるんですが、不器用なんでうらやましいです。

客席いじりは、本当に難しいですよね!!
あれをやってはるのはすごいですよ。
しかも若いのに!!
あれは、おっしゃるとおり、
かなり「感性」が磨かれると思います。
ぜひともなくさずに続けてほしいです「いじり」は!
本当に面白かったので、また観たいです(^^)

私もOSK観てきました

知り合いの方からご招待のお誘いをうけ、仕事がちょうど休みの日だったので、わくわくしながら行ってきました。

10年程前、あやめ池がなくなる時に1度行ったきりでしたが、とても迫力のある躍動感あふれるダンスだっだことを記憶しておりました。

本当に素晴らしい舞台でした!!!

10年前に見たのと同じ(それ以上かもしれません)素晴らしいダンス、そしてOSKの方々からの舞台が好きという気持ち、観に来てくださってありがとうと言う気持ち、トップの桜花さんに対する信頼と尊敬の気持ち、客席からの温かい気持ちetc・・・いろんなものが劇場中を包んでいるように感じました。
舞台と客席の一体感が新参者の私にも伝わってきました。

OSKの方々は解散の辛い目にも合われましたが、皆さんが一丸となって不屈の精神で、ずっと向上を続けられたのだろうなと感じました。どんな状態の時でもずっと実力を保ってこられるのは容易ではないと思います。

・・・今の宝塚は・・・   ・・・悲しい限りです。

昔は 『歌の宝塚』 『ダンスのOSK』 と言われたそうですね。

OSKの方々は変わらずダンス力を保たれ(和・洋共に) 歌も皆さん 『歌劇団』 という名を掲げるにふさわしい舞台でしたが、宝塚は・・・ 今は悲しいほどに 『音痴団』 と化しています。(泣)

OSKは研修所に入っても ≪必ずしも入団できるとは限らない≫ そうです。

宝塚の同じようにすれば今より実力は向上するのではないかと思いますが、「大人の事情の見える抜擢」 「大人の事情の見える人事」 「大人の事情の見える演目」 etc・・・ 今の状態ではそんなことはできないのでしょうね。

100年の間に有名になり、今や宝塚の舞台は見たことがなくても、宝塚がどんなものなのか名前も知らない人は少ないと思われます。

実力を保ちながら、時代の合わせて変化向上することが伝統を受け継ぐということだと私は思うのですが・・・

せめて宝塚の・組の・顔となる位置にいる生徒さんには 「品」を忘れないでいて欲しいです。 大好きな宝塚がずっと存続するために・・・

最後になりましたが、以前コメントさせていただきました時も早々のお返事ありがとうございました。

そして、以前と同じく長文で失礼致しました・・・

これからも、楽しみにしております!!












きんのすけ さま

コメントありがとうございます。

OSK、いいものを観させていただいました。
しばし、きちんとしたレビュウを観ていない気が、
もっと書くと、日本物を観ていなかったので、
本当に感動しました(^^)

大阪にOSKが残ってて良かったなあと思います。
宝塚も、残っては、欲しいんです(苦笑)
ただ、今のままだといつかは「トンデモ歌劇団」になると思いました。

コメントありがとうございました。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。