スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「狂ったか!?」の後は笑うのみ~「あかねさす紫の花」初演~

こーゆう話でしたか。

すんません。

なんか初めて観たのは雪組のイチロお花ちゃん。
役代わりで、ユキちゃんイシちゃん。
その後、スカステでくどいくらいアサコバージョン。
オサアサ、アサキリ、アサユウ(何のことやら)
1番面白く観たのはオサアサだったんです。
中大兄皇子はオサが迫力が1番あったから。
でも、違った。
本当に怖いのは大海人ですね。

榛名さんは、威厳もあり、そのくせ人間臭さもあり、
非常に近しい感じの役作りでした。
そして対する安奈さんは、初めから怖かった。
なんか知らん、怖い。
そんな感じ。
これが、柴田先生が物書きの目線でみた、
2人の人間像だったんだろうか?

だからラスト、玉座に槍を突き立てる大海人は、
一言も台詞は吐かなかった。

アサコの時は「ええ、狂いました」ってゆうた気がする。
(覚えてなくてすんません)

でもホンマは言葉なんかいらない。

狂ったと思うなら思え。と。

なんとカッコ良く、そして哀しいドラマなんだろう。

最初、安奈さんの男役自体、想像がつかなかったが、
観て納得しました、はい。

あと、歌。

もうね、歌いませんか、生徒さん!!
生まれつきの音痴は仕方ないとしても、
なおる音痴は治しましょうよ!!
やっぱり歌が良くないと、どんな作品も
良さが半減すると思う。
痛感した。

今日はざっと感想。
いつか詳しく書きたいです。

あ、ぶちさんの声、すごくいいです!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

聞きたい!

頭に残ってる映像と台本死ぬほど読みましたから何となく解ってます。私が言いたいのは1つ。中大兄と大海人は同等に描かれていたという事。なのに大海人優先になると比重が違ってくる、中大兄が作為的になる。確かにそうではあるけどあれは同等なんです。だから初めの方で恋人鏡女王とデュエットしてます。人を恋うる歌。ええ歌だったのに。つまり中大兄も恋をし甘い時はあった。だが額田が大きくなるにつれ横恋慕の気持ちが強くなる。弟は堪えた。だが額田だけは愛していたから兄が許せなかった。宴の途中でだいぶ酔って出てくる。舞を舞う。よろけている。だが舞が誰に向けられているかが解ってくる。額田は察して止めに入る。玉座に槍をぶっさし大海人は大笑いする。狂ったか大海人!少しやりとりがあるが弟の恨みを込めた笑いで終わる。あれは同等だから恐ろしい芝居なんです。解って頂けて嬉しいです。あれ東京に行かなかったんですよ。あんないい芝居だったのに。上原まりさんが、東京に行ったらあれで退団してた、と言ったのを読んだ記憶があります。

言葉は要りません

大好きな作品です。
一路さん主演版が初見でハマりました。
天智役が高嶺さん轟さんで役替わり
毎日のように観に行きました。

その後博多座(春野さん天智主演)
中日(瀬奈さん大海人主演)と観ましたが
一路さん主演版が一番好きです。

雪組の時は幕切れ、余計な言葉がありません。
一路さん大海人が玉座に槍を突き刺し高笑い
花吹雪が舞い、余韻を残して終わります。

この終わり方、私は好きですが
「えーーこれで終わり?終わったの?」
という声が聞こえてくることもありました。

そのせいでしょうか花組、月組のときは
「狂いました 額田を返してください」
等、台詞が追加になり
私は興醒めというか、がっかりしました。

初演の安奈さんくらい存在感があれば
説明台詞がなくても、余韻でお客様を
納得させられたのかもしれません。
観られた方のご感想を聞いてみたいです。

まめぶさま

そうなんですか!!
いつもながら、詳しいお話、ありがとうございます。

同等。
ともすれば大海人のほうが、優れてるかもしれない。
そんな可能性もありながら、
ひたすら兄を慕う弟。
しかし、同じ女性を愛することで狂っていく運命。
本当に、面白い話でした。
映像で観た大海人の狂気はゾクゾクします。
怖かった。
そして、そんな中、権力志向の強かった額田を
演じた上原まりさんも素敵でしたね。
あれは、強い女役さんでしか難しいなと思いました。

めいさま

コメント、ありがとうございます。
イチロ版のときは、観てたにも関わらず、
「なんかすごい話やなあ~」で、終わっておりました。
お恥ずかしいです。

今、榛名・安奈バージョンを観ると、
非常に奥深い作品だと思います。

初演を観られた方のお話に、興味があります。
あの幕切れは宝塚的には「物足りない」声があったんじゃないでしょうか?

No title

私は春野さん主演のと瀬奈さん主演で霧矢さん、大空さんがそれぞれ中大兄皇子を演じられた2パターン見ましたが、やはり中大兄皇子を主演にした春野(中大兄皇子)瀬奈(大海人皇子)バージョンが良かったと思いました。
やはり中大兄皇子のほうが兄なので、力関係(学年や諸々)が上の方が演じたほうがしっくりくるのだと単純に思いました。
ナムタン様がおっしゃるように瀬奈バージョンでは「狂いました!」と叫んでいましたね。私はあのセリフが鳥肌が立つ位好きだったのですが、初演はその台詞はなかったのですね。
スカステでいつか再放送があったら見てみたいです。

No title

この映像が欲しくてスカイステージに加入しました。
初演のノイズだらけの映像・・・
剣を持って舞うところも、スッポンで上がって歌うところも
贔屓目抜きでここまであてがきの妙を感じる、劇場全体を制する空気感はその後はございません。

初演以外は男二人の緊張感が何もありません
このお話は
「人の心のままならなさ」のドラマが面白いのであって
権力に引き裂かれた哀れな夫婦の話ではいけないのです

 それはそれぞれご贔屓様が一番いいと思いたいのだろうなと
この話をブログでふったところ、ほとんどの方がご贔屓関係なく私の意見に賛同してくださいました。
汀ファンも瀬奈ファンも
「まったくその通り」と。

 子までなした心優しい夫がいながら、悪い男と知りつつ惹かれていく女心のままならなさ。心の中の操を守りたいと思いながらもなついてしまう女、そしてその女を崇めた青年は女が聖なる存在ではなく「女」であったことに壊れてしまう。
 再演では情けないくらい額田の女が描かれていません。

 大海人偏重演出なんてただの序列優先のアホ演出です。
 じゅんこさんが主演した時からこうなってしまい、その後も続いています。要するに初演以外だめだめなんです

 目立たせなくてもどんと目立つのがトップスターのはずなのに
 正直あさちゃんはそんなことで飾らなくても存在感出ましたよ
 つーかなぜあさこに中大兄やらせないのか
 劇団バカなんでしょうか

 唯一中大兄をまともに扱っていた博多座公演
 「額田を私にお返しください」と聞いたとき脱力しました。(それでもこの時のが再演の中で一番ましですけれども)

 単にトップを持ち上げなければならない事情での改悪。

 初演はただ役者の力でみせたのです。

 儚さを感じさせるトップスターなら大海人、色悪を魅力的に演じられる(本人がやる気まんまんなら)トップスターなら中大兄を演じていただきたい
 しかしそれに対峙する二番手が強力に存在感がないと難しい作品です。
 それだけにトップスターとしての本物の存在感が試されるお役です
 ヒロインは運命の女。簡単にできるお役ではございません

 まともな演出で観たいと思うのですが、それだけ魅力ある役者が思い当たりません。

 今の布陣なら二番手の実力十分でトップが男らしいお役を好んでいるため、花組が一番良いと思いますが、相手役次第でしょうね

紫乃さま

コメントありがとうございます。

オサアサバージョンのようになったのは、
雪組で続演されてからだそうです。
大海人が汀さん。
中大兄が麻実さん。

初演と違い、番手がはっきりしていたので、
「力関係」を書かざるえなかったようです。

ラストの台詞はないほうが断然すごかったです。
スカステさんに放送、お願いしたいですね!

えむさま

いつもながらの詳しいコメント、有難うございます。

このごろ思うのです。
名作は本気で再演してくれなくていい、と(苦笑)

ですから、今は花組さんでも、ワタシは観なくていいです。
美しいトートで十分なんじゃないですか?
ライトなファンには(笑)
それに、できない娘役に芝居を壊されたくないんです(泣)
誰がやれるか、想像もつきません。

やっぱり!

こんばんわ。

連休に録画したスカステをポチリポチリと視てます。
花組の春野・瀬奈さんのものをみて、
ラストが腑に落ちずネット検索。
また、ここに来てしましました(笑)

初演観てます。汀さんのものも観てます。
いずれも大海人の高笑いで終わった記憶があります。
そして、だからこその圧巻。
中学生の私になんかそりゃもう口を出せる世界ではありませんでした。

榛名由梨の
炎に似た激しくさと、
スケールちがいの器の大きさ。
安奈淳の
いずれその炎をかき消し飲み込んでしまう
水にも似た静かな怖さ、確かさ。

どっちもイイ!
これは仕方ない。

そして、あの頃の夢見る少女は、
めちゃくちゃな恋愛話にもかかわらず大きくOK!
大好きな作品として胸に刻みました。

今回の花組。
主役二人の好演があるにもかかわらず、
幕切れの違和感とともに、「嫌な話」とカンジました。
「仕方ない」とは思えなかった。

単に私が年食って素直じゃなくなっただけではなさそうですね(笑)
皆様のコメントを読ませていただいて了解しました。









nozomi さま

すいません!!!

連休どころか梅雨に入ってしまいました。
コメントありがとうございます。

「あかねさす紫の花」

この作品ほど、
柴田作品の中でも
初演と以降の話が
本来の意味とズレたのはないんじゃないか?
と思うほど、
初演の映像をみたときに
ショックを受けたんですよ。

大海人、怖い!!

こう思わせないと、
この後に起こる歴史上の事件を連想できないわけで。
単なる三角関係の物語に終わってしまってる現在が
本当に残念です。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。