スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪組子の結束力~「心中・恋の大和路」~

再演は、できるメンバーがいるときにすればいい。

この作品で再確認した。

(ちなみに、自分は確か汐風幸のバージョンを観てるはずなんですが、
ホンマに記憶になくて。もしかして、まぼろし?)

1回目に見て、もう腰抜かして席から立てず、
「どえらいもん観たなあ」と思った。

帰宅してDVDを探して、以前スカステで放送された
星組ルミさんバージョン、新ためて雪組バージョンを観る。

そそそ、肝心の!!ウタミミのバージョンがなくって(泣)
「名作の館」でやった、一部の映像でしか観られず。
残念。

しかし。

その時々のスターが作りあげた作品に負けてなかった、壮バージョン。
いや、壮さんと今の雪組の「底力」がすごかった!

この話は、自分は「忠&八」の友情物語と思ってるし、
実際、今回は遊郭のアレコレより、
「その時代」を生きる人間に焦点をあてていて、
そこがすごく良かったんである。

「あさり~しじみ~」
この声が良かった蜆売りの真條まから君。
決して芝居の進行の邪魔になってない、美しい動き。

おまん(天舞音さら)の台詞のカンの良さ。
村娘(愛すみれ)の美しい歌声。

飴屋をやった久城あす君、
傀儡子師の透真かずき君、
古手買のがおり。

彼女らの芝居の呼吸の「間」が、
本当に素晴らしい。

まだまだ書いてないけど、
中堅から、若手の学年にいたるまで、
歌にしろ、所作にしろ、
なにより「和物の雪組」という、
自分のみてた時代に、きちんと戻してくれたことが

1番嬉しかったかもしれない。

みんな、機会がないだけで、
歌える子や、踊れる子に、活かせる場がなかっただけで、
雪組子は、きちんと成長してはるし、

とにかく「歌える」のが本当に良かった!!

今回与平だった、かなと君。
「ちゃんと聴かせてくれた」

番頭のほたて。
この人を大事にしないと、本当にもったいないと思う。

かもん太夫のせしる。
梅川のあゆっち。

そして「ヘタレ」が似合う男、えりたん!!
この人、小心モノがすごくニンにあってると思った。

「ドS」キャラではあるけれど、
ドSというのは、実はドMでもあるわけで。

そのドMぶりが、八右衛門まっつとのコンビネーションの良さを
引き立てていたと思う。
だって、八右衛門がこの物語を回してるわけで。
彼の言動で、忠兵衛は、封印を切るわけですし。
最後の道行きにも、八右衛門が彼らを
「自然のままに裁かせてやってくれ」と追っ手を払うわけで。

八右衛門が上手い人で、かつ、忠兵衛とイキがあってなければ、
この物語は「失敗」してしまう作りになっている(と、ワタシは思った)

かくして今回は、
えりたん、まっつという2人のコンビが見事に活かされた作品であり、
だからこそ、今までは与平が歌っていた
「この世にただひとつ」を八右衛門が歌ったのは正解だった。

この采配をした、演出の谷センセに今回は敬意を払います。

次は、作品の「台詞の美しさ」を書きます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おじゃまします

初めまして。
いつもブログは興味深く拝見させてもらっています。
私は宝塚初心者で男性です。歳は・・・息子はすでに働いて独立し娘は今大学生。の年齢です。
「心中・恋の大和路」、本当に素晴らしかったですね。
私も観終わったあとは、しばらく席を立てずその時の感想としては「凄いものを観た」しか出てこなかったのです。
特に、まっつの雪山での絶唱は圧巻でした。ラストはまっつの歌も含めてまさに一つの「絵」を観ているような感覚にさせられました。
壮さん、あゆっち、まっつだけでなく、最下級生にいたるまで歌、芝居が上手くて違和感を感じることなく観劇できたのも良かったです。
脚本・演出・演者・音楽・歌・ダンス・照明等そのどれをとっても大きく破綻したところは無く、またそれら一つひとつが優れていても、有機的につながっていなければ舞台は失敗となりますが、今回はそれらがぴったりと重なりあって本当に良い舞台でした。まさに舞台は総合芸術ということを実感した思いです。

また、今回の雪組の全ツとDC・青年館の役者(生徒?)の振り分けも絶妙です。
大和路グループは壮さん、まっつ。あとは若手が多いけど、数少ない中堅に演技の上手い人と歌唱力のある娘役さんを配置したのも良かったと思います。

以上長々と書きましたが、これからもナムタンさんのブログ楽しみにしています。
おじゃましました。

素晴らしかった

1度観て、涙で顔がぐしゃぐしゃになって、私にしては珍しく「また観たい!」ってなって、当日サバキでチケットとって、また観ました

初演も再演も観ましたが、今回の雪組さんも素晴らしい舞台でした

何気に「あさり~しじみ」という売り子さんが好きなんです
物語の邪魔にならないように、それでいて印象に残る…なんて難しい役なんだ!と(^O^)

すべてが心に残る素晴らしい舞台でした

DVDでたら買っちゃいそうです

アムアム さま

コメントありがとうございます。

DVDは出るそうですよ!!

再演モノだけに賛否あるらしいですが、

ワタシはこの作品が観られて本当に幸せでした!!

村野 さま

どうもはじめまして。
丁寧なコメントありがとうございます。

そうですか~男性の方にも
「素晴らしい」といわしめた舞台でしたか!嬉しいです!!

女性だけで演じてるにも関わらず、
男女の情愛、男同士の友情が表現できるのは、
本当に稀有な劇団だと思っております。

今回の雪組に限らず、宝塚には色々な生徒さんがおられます。

どうか「宝塚」を楽しんでくださいませ。
ありがとうございました。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。