スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「近松心中物語」

その昔。
「近松心中物語」というお芝居がございまして。
演出、蜷川幸雄。
彼の商業演劇進出の第1作です。

忠兵衛に平幹二朗。
梅川に太地喜和子。

とにかく、
「恋」に落ちる瞬間が神のように美しかったんですよ。

ほんの少しスレ違い、
ほんの少し目があっただけなのに。

「この人たち、恋しましたね」
って、当時の中学生にもわかりました。

そこから、心中にむかってまっしぐらなんですが。

「一緒に死ぬのは、舞台だからこそ美しい」

のちのインタビューで、
喜和子さんが言ってました。

「梅川をやるのに、歌舞伎の女形(確か玉三郎さんだった気がする)
アドバイスをもらいにいった。
アドバイスどおりにしてみたら、相手役の平さんが、
勉強したのね、と褒めてくれた」と。

何をしたかというと、心中道行きの出番前に、
氷水に手をつけて、冷やすんですね。
めちゃくちゃ冷たくしてから舞台にでる。

吹雪の中、梅川の手をとる忠兵衛は思うわけです。
「なんて冷たい手え、してるんや」と。
そこでさらに愛おしさがまして、
手を温める「演技」に嘘がなくなるんです。

もう、昔の役者さんのお話なんで、
ここまでする方がおられるのか、
今はわかりません。

が、あゆっちの梅川に。
出番前には、手を冷やして、
出るくらいのコトをして欲しいなと、思いました。
たぶん、もっと演技が良くなると思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も近松心中物語拝見しています
当時帝劇は学生は半額というとんでもない割引がありましたので、よく観ましたね。

平さんの客席からの登場シーンの見事さ、登場してくるそれだけで帝国劇場の空間を完全に制していました。
滑るように舞台に向かう忠兵衛
あの感動は他の忠兵衛では全く味わうことができず、これが芸なのだと感じました。
他のお役ではよかったなと思う方もいらっしゃるのですが、忠兵衛は私には平さんです。

梅川との出会いのシーンあの視線の恋に落ちた瞬間
いまだに脳裏に焼きついています。

この近松心中物語では雪に埋もれて死んでいきますが、元は捕えられてしまう二人。秋元松代氏はこの雪の中で心中していくという結末は「自分のオリジナル」としてテレビドラマ化されたときかなりもめましたね。
宝塚版は眼中なかったのか、ほぼ同時期だったから気にされなかったのか・・・

 大地さんが後に
「オカマの友達にきくといいのよ、よくわかっているのよ。近松の心中の場面で、衣装の下に下着着けてもいいのか聞いてみたのよ、そしたらね、あんた何があるかわかんないじゃないの、万が一はだけちゃった時に下着見えたら、どうすんのよって言われて、それで下着つけていないの」と話していらして・・・真剣演じていらしてるんだなと思いました。
 和服の下着は嘘つきという上下別れたものが舞台では多いそうなんです。朝丘雪路さんが「舞台では早替えがあるから嘘つきは崩れにくくて、踊りの時はいいの」と話していらしたんですが、嘘つきは確かに直しやすいんですね。
 でも私がうまいと思う着付けの先生が、私が嘘つきを着ていたら、オカマの人と同じことをおっしゃるんですよ「どこで何があるかわからないからそう思って着なくてはダメよ」
 色っぽい言葉ですよね(笑)

 演じる側がそういう深いことまで考えて演じていたんだなと思います。


 確か蜷川さんの商業ベースの初演出は、日生劇場の「ロミオとジュリエット」でロミオは東宝の市川染五郎(当時)ジュリエットは中野良子だったと思います。
 私が日比谷をうろちょろし始めたころより少し前のことだったと記憶しています。

えむさま

詳しいお話、ありがとうございます!

蜷川さんにとって「大成功した1作」というコトでしょうか。

秋元先生は非常に気性の激しい方で、
「蜷川さんに」台本を投げつけた、とか(笑)

秋元先生は。
ヅカ版と秋元版は全然違いますし、
他の作家さんの書くものより、
ご自分の作品がきちんと上演されることに
重きをおかれる作家さんなので気にされなかったように
思います。

喜和子さんのお話、うれしいです。
あまりに早く亡くなられてしまいましたが
今おられたら、第2の杉村春子でしたよね。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。