スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次回花組「エリザベート」が難しい理由。

蘭とむが無事ムラを「卒業」したんで、
書かせていただきます。

演目発表のさい、
「みり蘭でエリザ」と喜んでた方には申し訳ないながら、
きっと作品をみたことないんだろうなあと思ってました。
そうでないと喜べないからです。

まず「エリザベート」は、タイトルどおり
エリザ(シシィ)が主役です。

イケコ先生が宝塚らしくトートとの「恋愛モノ」に
アレンジしましたが、
実際、トートと恋に落ちようとも、
シシィの本当の相手役は「フランツ」です。
そして、物語の狂言回しがルキーニです。

配役を考える場合、

トートは、おいといて、
シシィは当然、歌えなければなりません。
全編をとおして、でずっぱりで、
それに対して、観賞に耐えうる歌唱力の持ち主でなければ
まず「失敗」です。

みつる氏フランツはキツかったでしょう。
彼女は歌が下手だからです。
シシィ蘭乃の相手役となるには、あまりに辛いです。

狂言回しは「芝居」ができる人でないといけません。
その点では、だいもんしか、現花組では考えられません。
かつ、彼女は歌えます。

ルドルフはダンスが見せ場ですから、
本来は踊れる人をキャスティングします。
歴代でもダンスが上手い人が多かったと思います。
(少なくとも宙組ズンコまでは)

で、1番ワタシが関心をよせるのは、
シシィの実質の相手役はフランツなので、
この2人の配役です。

今回のキャスティングに限ると、
みっちゃん、かなり頑張ると思います。
毎回音程がはずれ、声の裏返るシシィを相手にしないと
いけないからです。

と、いうことは、
やはり蘭乃さんは最後まで「相手役の足をひっぱる」
それでも「エリザ」をやりたくて粘るという卑しい根性に
ワタシは嫌悪を感じるのです。

シシィが歌えなければならないという理由。
それは「主役」だから。
かつ魅力的な女性でなければ説得力がない。
だから、安易な再演を繰り返されるのは、
勘弁して欲しかったんですよ。

トートは、本当にうまくアレンジされてるので、
基本おいしいトコにしか出ません。

ですから、多少踊れなくても、
歌えるならば、ワタシはいいと思います。
その点では、みりお氏は努力の人だと思うので、
「歌える」トートを披露してくれると思ってます。
だいもんルキーニも何の心配もありません。
むしろどこまで、狂気をみせてくれるか、楽しみです。
キキちゃん、カレーのルドルフも見ものですね。

ネックはシシィです。
本当に、この人だけなんです。
この人がなにかしら魅力があるとか、歌がメチャウマなら。

嫌いだから、だけでなく、
何故、彼女で「エリザ」がダメなのか、ご理解いただけたらと思います。
自分も鬼じゃないんで、むやみに悪く書いてるんじゃないんです。

まず「作品」を理解して、
その上でアレコレと評論すべきじゃないかと思うので。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
いきなり私事で恐縮ですが、よりによって、私の誕生日に退団の記者会見はやめて…と言いたいです。
どうせなら、プレゼント代わりに、やっぱり、エリザベートをやるのはやめますくらい言ってくれないかなぁと、本気で思うんです。

シシィを観たくないエリザベートって、何なんでしょうか。
歌がヘタなシシィなんて…。
そして、私も彼女が演じるシシィには説得力がないと思うんです。
トートやフランツがシシィに一目惚れするという件、納得できないです。

あまり容姿のことを言いたくはないんですけど、それを補って余りある何か…もないだけに、言わずにはいられないです。

北翔さんとだいもんを観たいので、チケットを買えたらいいな…とは思うのですが、複雑です…
イヤだから観に行かない、とも言えないのが、もどかしいです…

グチになってしまい、すみません…

不安なエリザ

ナムタンさん、こんばんは。
久しぶりに書き込みさせていただきます。

蘭寿さんの、熱い心温まるすばらしい大劇場サヨナラの余韻の中での退団報道、興ざめでした。

そして、エリザベート!
エリザは、シシィの一代記ですよね。
キラキラの少女時代から皇后となり、苦悩し乗り越えていくという。。。

シシィに魅力がないと、まわりがどうがんばっても、物語がウソになってしまいます。

ルキーニ、フランツが期待大なだけに、なんともやりきれない思いです。

はじめまして。いつも宝塚ファンとして率直な意見を書かれているので毎回読ませて頂いています。
初めてコメント失礼します。

私もエリザの再演は正直腹が立ちました。
仰る通り、この主人公はシシィなんですよね。
ですから私もシシィの配役が一番重要だと思っています。
残念ながら蘭乃さんにはシシィを出来る要素が一つもない…ですね。
何か一つでもあればまた違ったのですが…

みっちゃんやだいもんなど見たい方は居るのですが
蘭乃さんのシシィではエリベート自体観る気が起きなく悔しいです。

雑な文章で申し訳ないですがつい言いたくなってしまったので。。。
またブログ覗かせて頂きます!

いつもつまらん書き込みにもお返事までくださり、本当にありがとうございます♪

蘭はながトップに居座ること、あの実力でエリザをやろうとすることなど、苦々しく感じる方々が多いのは至極当然やと思います。

でも私が一番腹立つのは、歌劇団がエリザベートという素晴らしい作品をリスペクトしていないことです。
版権買ってるからといって、好き放題してもいいわけやない!と思うんです!!!

ウィーン発信で、世界中で上演されている素晴らしい作品なのに、平気で歌えないエリザを主役に据える劇団のあざとさが、どうしても許せない(劇団的には、蘭はなさんちのお金が目当てなんでしょうが…)。

いくら版権料を払っているからと、作られたクンツェさんやリーヴァイさんという方々に敬意を表していない宝塚歌劇団は、やはりダメな企業やと思います。。。



あいこさま

お誕生日でしたか!
おめでとうございます。

せっかくこの世に誕生された、めでたい日なんですから、
先のことは忘れて、楽しくいきましょう(^^)

ワタシはみっちゃん、だいもんを楽しみにしてます♪

やまばばさま

コメントありがとうございます。

(蘭乃さん以外は)いい作品にしようと頑張ると思います!!
ワタシは花組を応援しますよ(^^)

みよ さま

コメントありがとうございます。

ホンマ、ストレートすぎてすいません(汗;
読んでいただくだけで恐縮です。

まだみてない公演でありながら、
こんなに話題になるなんて、
ある意味すごいんじゃないかと思えてきました(苦笑)

いつでも覗きにいらしてください。

ぶぶるさま

熱いコメント、ありがとうございます。

要点だけピックアップさせていただきますね。

確かに最初の頃の「エリザ」は名作でした。
しかしあまりに成功したため、
ヅカの宝、東宝の宝になり、
大きな作品になってしまい「利害関係」が
絡むようになりました。「ベルばら」だと思えばいいです。

しがらみがふえて、純粋に上演できなくなった。
無理なキャストにせざるをえなくなった。
要はそれだけのことですが、

辛いですね。

No title

エリザベートのらんはなさんについて
なんだかな、、、らんはなさん以外は観たいですが、
らんはなさんのエリザなら観たくないけど、
他の方々は観たい 特にだいもん!
と、ふつふつしてたので、
鬼じゃないって
クスりと笑えました
笑えました!
ありがとうございます(^^)
もう、ふつふつは嫌ですわ?

以前の記事に恐縮です

こんにちは。
蘭はなの件で一言残したくなったので失礼します。
魅力的でないシシイが配役されるなんて今さらです。
凪七を忘れましたか?ぴったりな彩乃を追い出しての凪七。

それに比べれば娘役トップがやるだけマシです
嫌いなら投書して一度も観ずに抗議行動しましょう。
わたしは蘭はな歌えないですが観ます。
花總だってあさこだって歌えませんでしたがそこそこでしたから。
それにクリスティーヌ、ひどかったですが見れました。目にも耳にも入れずに。
嫌いなものばかりに目を光らしているとストレスたまりますよ。
お金はらってストレスためるなんて(笑)
楽しみましょう

文章はきちんと読みましょう。

ワタシは、自分のお金でアレコレ観ています。
そして、他人に指図されるのが大嫌いです(^^)
またストレスもためてません。

そして、それ以前に、「花娘1」はもう終わりと書きました。
「よ、め、ま、せ、ん」でしたか?

あと、他の生徒さんをひきあいに出すのはやめてくださいね(^^)

「文責のとる気ないくせに、人のブログに書き逃げしないでください」

No title

宝塚大劇場でエリザベートを観た者です。
DVDも買いました。
みりお、北翔さん、だいもん、このお三方は他の方が言っている通り私も大絶賛でした。
とくにみりおトートは2009年の新公とは比べ物にならないくらい歌、そして色気が素晴らしかったです。私もあのビジュアルは歴代トートで最高だと思います。本当にこの人は、公演ごとに成長した姿がはっきりと分かるぐらい努力家だと思います。

そして問題の蘭乃シシィですが、初めの《パパみたいに》は今までの歴代シシィの中で上位に食い込んで来るほど好きでした。子供っぽさを出すのが上手(?)かったと思いました。だから私の中では、出だしは最高だったのです。
しかしそこからはボロボロと崩れていき、最終的にはまぁこんなもんか、と思いました。
元々私は蘭ちゃんのビジュアルとダンスは好きだったのですが(しかしビジュアルに関して綺麗な時と不細工な時がはっきりある方だと思います)、やはり歌ウマ娘役さんが一番好きなので、《私だけに》で既に聞いていてキツかったです。

(一番好きなシシィは遠野あすかさんです)

蘭ちゃんが退団したとしても次のトップ娘役には期待してはいませんが(笑)

柚香光ルドルフもキツかったです。ビジュアルは凄く綺麗、だけど歌が下手過ぎて《闇が広がる》ではみりお氏が必死にカバーしているように見えました。

辛口ですが、花組エリザベートは半分成功、半分失敗で終わったと思います。
やはり宝塚の醍醐味は"歌"なので、歌が下手な人はたとえお芝居が良くてもダンスが良くても、観ようとも応援しようとも思えません。
しかし歌というのは元々の性質で決まってしまい、歌が下手であると努力したところで成長の見込みは0に近いです。
今回に限らずですが歌下手な役者さんほど見苦しいものはありません。

きささま

はじめまして。
コメントありがとうございます。

全然辛口でなく、本当のことだと思いますよ。

歌劇で歌えないのは恥ずかしいことですね。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。