スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ベルばら」改善~遠い目~

コメントいただいたんで(ありがとうございました)
ほかの方の感想を読ませていただいて、
あ~なるほどなあ、と思いつつ。

でも、それは「小さな幸せみいつけた!」
みたいなことで、根本の解決には
なってないですよね~


と思うワタクシ。

「ベルばら」は色々な方が思いいれもあり、
語っておられるんで、
あくまで、こーゆうファンもいる、という意見ですが。

「ベルばら」は築40年以上の古い家です。
あちこちボロがでてきて、
壁を塗りなおしたり、リフォームしたりして、
「住人」はなんとか住んでる状態。
住人イコール「タカラジェンヌ」です。
で、この古い家を「バラ屋敷」とかいいながら、
たずねてくるのはご近所のお客さんで、
「そろそろ立て替えればいいのに」
「いや~予算の関係で、今はムリなんですよ~」
なんて感じで、住人は、お手入れを必死でしてる。
でも、家の根元は、結構シロアリに食われたりしてて、
ヤバイんですよ、状態。

これが植田版「ベルばら」の現状だと思ってます。

「外伝」などは、増築みたいなもんで、
余計なモン立てたなあという感じ。

結論は

「古い家は壊して立て直せ」

いくら、オスカルや、その他の人物の台詞の
言い方が統一されてても、
根幹が腐ってれば意味がないんです。

改善というのは、誰がみても「良い」と思われて。
初めて「改善」された、といえると思います。

住人たちが、懸命にお掃除しても、
いつか「家」は壊れるでしょう。

だったら

新しい座付きが書けばいい。

宝塚の「ベルばら」の植田バージョン。
それはそれ。
そろそろ若手が書いてもいいんじゃないの?
久美子先生のバージョン、猛烈に観たい。

だって、
柴田先生をみてください!!

「紅はこべ」を書かれてますけど、
イケコ氏は「スカピン」を上演しました。
もとは同じ原作。
(そのイケコ氏も生田氏も同じ原作「ラストタイクーン」で
台本書いてるし)

今度の「パルムの僧院」も「情熱のバルセロナ」で
いままで再演もされてますが、今度は野口先生の台本で上演。

1つの原作を独占してるの、植田のジイさんだけやん。

そろそろ道を譲りましょうよ。

本気の改善とは、
古い家を思い切って1度壊し、
新しく立て替えることだとワタシは思います。


そうしない限り「ベルばら」をみては「小さな幸福」をみつけて喜ぶだけの
お客さんになってしまいます。
お金払ってるのに、そんなつまらんことには
素直に喜べません。
住人たちが「頑張れる!!」ような台本を
書いてあげて欲しいんです。

雪組以降も「ベルばら」は続きますが、
立て直さない限りは、
何1つかわらないと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

書かせていただけるならタダで書きます(笑)
衣装デザインもします。装置の下絵も書きます
いや冗談ですよ。

一部抜粋ならネット上でもこんなふうにするっていうのは読むことがありますが、それはほとんど舞台機構は無視しています。
転換や箱のことも考慮しなければならないですが、原作ファンはそんなこと考えないでしょう。

私は植田先生への尊敬の念も踏まえて再構築
もしくは昔の本で上演すればいいと思っています。昭和の本はまともですよ
なぜ植田先生への尊敬って
原作者が植田先生を「戦友」とおっしゃっています。
又一朗氏制作したアニメの方は「そりゃないぜ」と続編書いてしまった理代子先生が、「戦友」と認めていらっしゃる限りはしょうがないです。
貴婦人たちの他の出演者の着替え時間稼ぎなアホトークも(原作ファンは着替え所要時間なんて考えません)フェルゼンの馬車シーンも理代子先生が大好きな場面なんですよ。
外伝は個人的にはつまんないと思っていますが、理代子先生が原案出してOKしているのでしょうがないかなと。
アランが片腕になっている件も理代子先生の希望ですし。
ナポレオンは続編で観たかったくらいイタイ私なので。

脚本を洗い直すなら、現在名場面として残っているところはうまく残さないと、植田先生の恐怖のオスカル編と同じようなことになる恐れもあります。

とにかく演出は原作をよく読んで欲しいです。
原作にはこの場面こそ見たいと思うような良いところが沢山あります

ちなみに柴田紅はこべは紅はこべですが
スカピンは紅はこべではないです。
原作とは別のものです。
あれでは早期クローズも納得です。日本と韓国以外では相手にされていません。
宝塚の力技でなんとかなっただけで作品としては駄作だと思います。特に原作ファンにとっては。

今年は情熱のバルセロナも焼き直されてしまいます。

ベルばらに関しては王妃様の出てこないベルばらはいけないのだと、植田先生に理解してもらいたいです。
このことは耐えられないくらい嫌です。

今回の全ツは、皆さんの感想見て皆よく褒めているなあと感心したり(笑)
あの本でよくなっているって思うのですからね。
王妃様出てこなくてもいい脚本だ私は原作ファンだけれど今回は良かったって言う人もいます。原作じゃなくてアニメファンでしょう。アニメはオスアン偏重ですから

私の記事読んで、きっと皆私のことひどいやつだと思っているだろうなあと思いつつ
友人たちからの嵐のような公演に対する苦情読んで、コアに生徒を応援している人でない場合はきついなと思いました。

とにかく歌が下手過ぎます。

えむさま

熱い語りと豊富な知識をありがとうございます。

ポイントでお返事させていただくと、
要は歌が下手ということ、

「ベルばら」植田脚本は、本人がいなくならなければ
脚本も変わらない、というコトでしょうか。

応援するのも大変ですね。

プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。