スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「釈迦に説法する気かね?」~雪組ベルばら~

台詞は、舞台の命だと思う。

もう、言い尽くされてるけど、
「ベルばら」の改稿はやめてくれ。

「オタク」呼び禁止。


アランはアンドレにむかって「イケメンさんよ~」とか
「オタクだな」とか

絶対言わないデス!!

ブイエ将軍はオスカルにむかって

「釈迦に説法する気かね?」とは
絶対言わないし!!

「ベルばら」は宝塚の財産だと思う。
今日の梅芸も満席やったし、
来てる人すべてが台詞を聞いてるとは限らない。

スターさん目当ての方は、台詞なんてどーでもいいかもしれない。

でも!!

3階席のワタシには、その3階から一所懸命みてる
小学生くらいの女の子をみて、

「この子に、間違えた日本語を使った台詞を使う作品で、
宝塚を好きになって欲しくない」と、強く思った。

自分があれくらいの頃に、観てたからわかる。

もしも「釈迦に説法って、何?」と子供に聞かれ、
「年上にむかって、ものを教えようとしてる
愚かな行為の例えよ」
「オスカルは愚かなの?」
「将軍からすれば、腹が立つわね」
「じゃあ、フランスに釈迦がいたの?」
「……植田先生の頭の中の歴史ではそうなってるのよ」
「ふ~ん。お母さん、適当にゆうたね?」
「おとなしく観てなさい!!」

なんて答えたら、親としてなんか負けた気がする。
つうか、ワタクシに子供はいないけど、例えです例え。

良かったのは、ラストに馬車が出てこないコト。
結構すっきりしてるなあ、と改めて思った。

ともあれ、相変わらず、
頓珍漢なコトバで、台詞を書いてる植田ジイさんには、
そろそろ引退をおススメしたい。

生徒の肩をたたくなら、
植田の肩も叩け。

なんて、強く思った。
でも、辞めないやろうけど。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

えええーっ!

>釈迦に説法

植田センセイ、またしてもそのようなヘンテコな言葉を
18世紀フランスで言わせはったんですか・・・。


1989年の雪組再演の時、
アンドレに(ベルナールに向かって)
「盗人にも5分の理」
って言わせちゃって
ゲンナリしたことを思い出してしまいました(沈)。


そんな台詞、原作の劇画には、あらへんわ!
私は原作のファンでもありますので
こういった、現在のヅカファンの方々にとってどうでもいい台詞でも
ガマンできないのです。

当初は観にいくつもりだったこの梅芸、
ナムタンさんの記事を読んで、
やっぱり、観に行かないことにして正解だ
と思いました orz...

釈迦に説法

ナムタンさん、こんにちは!
やはり出ましたか『釈迦に説法』
フランスが舞台のストーリーで、お釈迦様(泣)
2013年月組ベルばらから宝塚を観だした愚息が、私に訊いてきました「釈迦に説法」とは。
うちの場合は、慣用句の勉強にはなりましたが(笑)
唯それだけです…


今回はセリフや演出に少し改善が見られたようですね。それでもツッコミ所は満載!?
「少しも早く」引退してほしいものです(-_-;

千露さま

コメントありがとうございます!!

言わせてましたよ~(苦笑)

おっしゃるとおり、そのスターさんが好きな人は
どーでもいいんでしょうが、
作品を観てる観客にとっては、
「もう勘弁してくれ」(涙)でした。
私は逆に気にならない人が不思議です。

観なくても全然宝塚生活に支障ないですよ!(苦笑)

瑞垣 さま

お久しぶりです(^^)

息子さんがごらんになったんですか?
あの月バージョン。
いや、勉強になったら良かったですね(笑)
でもヅカファンにはならなかったですか?(苦笑)
残念、植田シンジ、ですね。

YU!K さま

どうもお久しぶりです(^^)

か、改善されたんですか!!!
ど、どこが???(笑)

すいません、びっくりしました(笑)
本気で驚いてます、すいません!!!
お気を悪くされたらごめんなさい!!!

大進歩です(笑)

私観てないんで、聞く所によると、
オスカルの、アンドレやフェルゼンに対する呼び方が「お前」「君」に統一された、とか
ジェロがオスカルの頬をひっぱたくのがない、とか
ロザリーや市民たちに散々説得されて革命に参加したみたいだった(笑)のがそうじゃなくなってる、とか。

今まではヤンさんのオスカルだけが「あなた」→「お前」、「妻と呼ばれたいのです」→「呼ばれたいのだ」と言い方を変えていたのですが(これだけでも結構な話題になったけれど)他の方は植爺の言いなりでした。

それが今更こんなに(笑)変わるなんて!
本公演以外のベルばらは何がなんでも絶対観ない私は、歴史的瞬間を見逃したとちょっと後悔したのでした(笑)

YU!Kさま

YU!Kさまのコメントのおかげで記事がかけました。

ありがとうございます。

ただ歴史的瞬間なことは全然なかったんで、
安心してください(苦笑)

あの当時、ヤンカルが「オスカルはこんなこといわない」と
台詞を変えたことは「歴史的瞬間」だったと思います。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。