スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田作品の何がいいのだろうか?

本日岡田先生とジュンコさんのトークショーということで、
心はずませて、文化創造館へいってきました!!

お話も素敵でしたが、岡田先生が良い!!!
ワタシ、岡田先生を作風から、

「ロマンティックな紳士」を想像してたんですが、

おもろいおっちゃんやん!!!

歌劇団の過激派。

101年以降、岡田作品が必ず観られると信じてます!

今、帰り道で口ずさめる、歌、あります?

「ナポレオン」はワタクシには難しくて、口ずさめませんでした。
「ムゲン」は「灼熱の太陽」のフレーズだけ(笑)

まだ去年は「ミスタースウィング」とか
かろうじて歌えたんですけど。

岡田先生の「ロマンティックシリーズ」が
ざっと紹介されたのですが、

「ジュテーム」
「アンドロジェニー」
「ラ・ノスタルジー」
「ラ・パッション」
「ル・ポアゾン」
「夢・フラグランス」
「ラ・カンカータ」
「ダンディズム」
「シトラスの風」

これだけ、歌えました。
今でもテンションあげるときの歌に

「ル・ポアゾン」歌います。

元気でるんですわ~

ウタコさんの「ハイッ!!」という掛け声が好き。

こんな風に、思いだせるシーンのある「レビュー」が
今、全然みられないのは、
哀しいことだということに

歌劇団は気づいて欲しいです!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めてコメントさせていただきます。

すっごい同感です!
私はラ・カンタータが好きでした。
組にもトップさんにもあったショーだったし、主題歌も耳なじみが良くて、見終わってもなんとな~く残ってる・・・
最近はショー自体が少なくなってしまった上に曲も残らず、寂しいです。

宝塚ならでは、宝塚らしさを、100周年の今こそ思い出して、是非原点回帰して欲しいです!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ホットフラッシュさま

ありがとうございます。

温かい言葉、感謝です(^^)

沙羅さま

はじめまして!!

「ラ・カンカータ」良かったですよね~
シメさんのサヨナラでしたっけ。
「愛」にあふれた素敵なレビューでした。

今、足りないのは「愛情」かなあと思うのですが…。
本当に寂しいです。

私は

この中で
ジュテーム
ラ・ノスタルジー
ラ・パッション
魅惑Ⅱ
ダンデイズム
が好きですね~

トップが就任して間もない時期・・・
この子の魅力はこれだよ!
って・・・ヴィジュアル化するのがお好きなのでは?
と感じる次第です。

男気の方だな~と感じました。
カッコイイオッチャンでしたね!

クロさま

なるほど!!

そうか~
さすがクロさん。

持ってない映像もあるんで、
動画で岡田作品を見直したのですが、
ミキちゃんのお披露目「ダンディズム」を
思うと、すごく納得しました!!
今でもミキちゃんのキザッた歌い方がツボです(笑)

「カッコイイオッチャン」て失礼ですよね(自分でかいといて)
「粋なオッチャン」にします(おいおい)
また、濃いトークをしたいです(笑)

No title

妹の最大のご贔屓様はなんと岡田レビューに出演しています(笑)
妹は「なんて宝塚」とブッ飛んだそうです
リアル男子があの衣装でガンガンです
スタッフは引越ししたようにヅカでした。
(もうしばらく宝塚は観ないと落ち込んでいますが、三連発では凹むのも理解します)

私は岡田先生のショーって好きです。
直球に宝塚ですし、慣れ親しんできたというのがあると思うんですけれどね
特にどうこうっていうのではなくて、穏やかに遊園地気分で楽しめるからいいんだと思っています。

えむさま

こんばんわ~

そうですよね。
安心して観られるといいますか。
まさに「夢の世界」ですよね。
そこにたどりつくまで、
サイケな作品も作られてましたが(笑)

ところで、妹さんのご贔屓さんて、
どなたですか?(すいません)

No title

こんばんは!
私は「ラ・ノスタルジー」が大好きですね〜。
全て観ているわけではありませんが、私の中で、これを越えるショーはまだありません。
以前、ショーの選曲の大切さについてお答えいただいたことがありますよね。やっとわかりました!サイトーさんはアニメソングや歌謡曲を使う。。。ですよね!「魂のルフラン」ってアニソンなんですね(知りませんでした。エヴァは全く見てないので)それで今回の花のショーも、構成といい選曲といい、よく似てますね、ミスティーステーションと。
それを思うと、岡田先生のショーは、いい曲いっぱいでした♡学生だった私は、宝塚のショーで名曲と出会ったものです。それはクラッシックだったり、ジャズだったり、ラテンだったり、ビートルズだったり、ミュージカル曲だったり。そのアレンジの巧みなこと!
あ〜、ノスタルジー、再演を、いやとりあえず放送を切に望みます!
長々とすみませんでした(>_<)

うーりさま

コメントありがとうございます。

書かれてるとおり、
以前は新しい音楽、聴いたことない音楽を、
宝塚のレビューから教えてもらってました。

今のショー作家の方は、こんなに便利に音楽が
聴ける環境に恵まれながら、「本当に似合う曲」を探してない気がします。
あるいは、センスが悪いかでしょうね。
今回の花組の黒燕尾も選曲は大嫌いです。
「ドスコイ」じゃないんですから(苦笑)
そこは非常に残念です。

「ラ・ノスタルジー」、素敵ですよね~(^^)
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。