スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「TAKARAZUKA夢眩」~初見~

どうして、サイトー氏にショーを作らせたのかしら?

この人、芝居でしょ?
「カラマーゾフの兄弟」は最高でした。
「仁」も良作でした。

でもきりやんの「ミスティステーション」は怒りました。
ファンの方はがっかりしてました。
そんな人に何故また、サヨナラショーをつくらせるかなあ?

内容は初日挨拶での蘭とむと同じ意見です。
(スカステでやったら聞いてください)

「サイトー先生らしい内容で」(客席失笑)
「でも後半の剣のシーン、羽山先生の黒燕尾は素敵です」(みたいな感じ)

事実、本気でKENTO・MORIまではダメでした。
踊る「蘭とむ」がみたいんです。

わやわや組子さんがでてくるんですが。
「適材適所」が全然いかされてなくて。
ただたくさん舞台にあげてあげるのもいいけど、
これは、サヨナラなんだ、と思うと、
少し人員整理して欲しいなと思いました。

また、そのKENTOさんですが、
マドンナのダンスはヅカに合わない。
そう思います。

なんか、浮いてた。
やたら今年は「コラボ、コラボ」というけど、
本気のコラボというのは、呼ばれたゲストが、稽古時間中、ずーとはりついて、
稽古をつけることですよ。「一緒に作品を作るコト」をコラボっていうんですよね。
星組は、音楽提供しただけで、姿をあらわさないし。
KENTOさんは後ろで観てたけど、「ミスマッチ」は感じたと思います。

だから、8ステージ目(もう終わりです・苦笑)
蘭とむが騎士の姿で現れたときの「美しさ」に胸熱!!
マントをひるがえし、笑顔で舞台にたつ、その姿が「絵」になってる。

「これが絶滅危惧種の男役の姿です!!」

きっとKENTO氏も、この衣装姿を観たら、宝塚への
振り付けも変わってたかもしれないなと思います。
とにかく、少年が成長し、立派な騎士となり大階段を
のぼっていく姿には、泣かずにいられませんでした。

そして。
黒燕尾です。
「ザ・男役」です。
もう何もいいません。

観てください。
とにかく観てください。
一切ムダのない動き、キレのよさを。
そして、これまた屈指のダンサー、よっちと絡むシーンは
本当に素晴らしいです。

最後に。
岡田先生は著書で1つの作品に200曲は使用するための音楽をきくそうです。
サイトー氏は何曲聴いたのかなあと思います。
なぜなら、自分も知る音楽ばかりだからです。
「サルでもわかる名曲集」です。
こんな人はショーを作るべきでない、というか、
ムリだと思います。
特にサヨナラであるにも関わらず、
曲のセンスの悪さや、構成力のなさは致命的です。

この「騎士」のシーンと黒燕尾がなければ、
みてられなかったです。

こちらも「花組子」の力で、楽日には素晴らしくなってるでしょうが、
こんなに生徒におんぶするのを、恥ずかしいと思ってください。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今、羽田空港のホテルでようやくナムタンさんのブログ拝見してます。アメーバのメッセージ、見れなかったとか?残念。携帯電話いれたんです(笑)会いたくて。雪で飛行機が欠航になり蘭とむさんを泣く泣く諦めて東京いりしました。明日もどうなるやらです。

えすぺさま

大丈夫ですか?

お話だけでもしたかったなあ。

よろしければ、ブログ左下の「メールフォーム」に
連絡先をかいて送信してもらえますか?
たぶん届くはずです。

ご無事をお祈りしています!!

初めてコメントします

初めまして。ラスタタイクーンの感想を検索していたら、こちらのブログがヒットしたので訪問させていただきました。

記事を読んでスカッとしました。
私は初日と2日目を観劇したのですが、モヤモヤした気持ちをナムタンさんが代弁してくださいました。
(twitterなどは絶賛の嵐なので・・・)

愛革からファンになったので、まったくの初心者が言うのもなんですが、今回のショーは「なんだこれは!ニチアサか!」とツッコミを入れてしまいました。
Mr.Swingのオープニングのような男祭りを期待していましたが、正直・・・でした。

蘭乃さんの歌には正直ビックリです。誰も注意しないのでしょうか?
初日は(緊張してたのかしら?)と感じてましたが、2日目も幕開きからズレズレでした。会場は微妙な雰囲気になってました。

まだ始まったばかりなので、日を追うごとに良くなっている・・・と思いたいです。

長文にて失礼いたしました。

ザキヤマさま

はじめまして。
コメントありがとうございます!

最初に、蘭乃以外の花組は今までの公演を観てると
本当に良くなっていきます!
「愛革」という駄作(と私は思っています)も
最後には、蘭寿さんは自分のモノにしていました。
「これがトップなんだ!」と思った次第です。
だから、可能な限り観ていただけたら嬉しいです。

ショーもハッキリいって、サイトー氏の失敗作です。
でも、これも蘭寿さんが最後には「素晴らしく」してしまいます!!
それが「絶滅危惧主の男役」の意地です。
本当に素晴らしいスターなんです(すいません熱くて)

誰が絶賛してようとも、自分がつまらないとつまらないし、
自分が面白いと面白い、わがままなようですが、
お客というのは、そういうものではないでしょうか?

これからの花組公演を楽しんでくださいね!!

No title

同じ作品を見て この感想文の格差に 同じブログの住人として、恥じいっております。 

私は「感情の趣くまま 感じたことを少ない語彙で書くだけ」ですので、ナムタンの豊かなキャリアがベースにあり 書けることだと解ってますが、、、、、、。
機会があったら またご指導くださいね、v-16

No title

こんにちは。2度目のコメントです。
以前からよく訪問させていただいていたのですが、観ていた時代がよく似ておりまして(私はブランクがあるのですが)ヅカ世代は同じぐらいかと想像しております。
現在はみりおちゃんファンなのですが、長年の月ファンでもあります。とむさんの元、貴重な2番手としての最後の公演、なんとか観に行きたいのですが、子どもの受験、身内の入院などで、ほとんど諦めています。
受験が一区切りついた時に、1回だけ予定しているのを励みに、日々耐えております(笑)
ですから、ナムタンさんのキレのいい記事はとても楽しみです。サイトー氏、だめでしたか〜。カラマーゾフも仁も大好きですので期待していましたが、ケントモリさんとのコラボは、怪しいと思ってました(笑)
ところで、ミスティステーション、私は好きなのですが(今頃、繰り返し観てあの時代を懐かしんでいます)、「怒り」のポイントはどういうところか、お時間のある時にで結構ですのでお聞かせくださいませ!

今日見てきました。

ショー同感です。
蘭寿さんの持ち味に合わないし、彼女に絡ませる娘役さんとかも含めて辛かったです。最後なのに…
文句や不満を出されない蘭寿さん、初日挨拶にはせめてもの抵抗を感じました。

花組は公演を重ねる毎に進化しますが、相手役さんはムラの初日付近が一番出来ていて、公演を重ねる毎に不調or雑になるタイプです(ナムタン様も愛革初日付近で一度だけ褒められてましたね)
今公演見る限り、今後暫くだいもんを彼女の世話係にするのか?と微妙な気持ちに…

ごめんなさい、相手役さんの事は書かず蘭寿さんに集中するつもりでしたが、誰のためのショーなの?と腹が立ちましたので。
黒燕尾は最高でした。
ただクラシックのアレンジが微妙…

ローズモンドさま

何をおっしゃいますやら。
ワタクシのような書きなぐりもあれば、
ほのぼの宝塚、ラブラブ宝塚もあったり、
もう、それは観た方の数だけバリエーションが
あると思います。
「ローズモンド」さまの文体として
出来上がってるんで、素敵だと思いますよ。
なにしろワタクシにない「品」があるので
うらやましいです、はい。

うーりさま

コメントありがとうございます。
同世代なんですね?80周年あたり結構通いました?

ご質問なんですが、
もちろん「ミスティステーション」は
私はダメだったという前提できいてくださいね。
うーりさまのようにお好きな方もたくさんおられると思いますので。

ショーで大事なのは選曲だと思ってるんですが、
サイトー氏の選曲は、あまりにひねりがなく、
また、そのスターにあう曲ですらないこと。
きりやんサヨナラで、まさかの「エヴァ」の
「魂のルフラン」!!これが「残酷な天使のテーゼ」で、
天使たちがきりやんを囲み歌う構成ならまだしも、
みてて、きりやんの歌声のムダ使いだと思ったんですね。
特にサヨナラ公演なわけですから、
きちんと卒業していく生徒に配慮ある演出ができてこそ、
座付き作家だと思うのですが、
どうもサイトー氏からはそれが感じられない。
むしろ自分の楽しみが優先してる。
だから嫌いなんです。
でも「カラマーゾフの兄弟」は本当に面白かったので、
この文芸路線で書いて欲しいと思います。
以上が私のサイトー氏の感想です。

りっち~さま

ごらんになりましたか?

初日挨拶の意味、わかりますよね。
人間ですから、怒っていいのに!!
怒らないのが蘭寿さんの素晴らしいところですよね。

サイトー氏のショーはとにかく選曲がまずい。
この一言です。
もっと音楽を耳が腐るほど聴いて欲しいです!!

なるほど...たしかに!

ナムタンさま
回答ありがとうございました。
なるほど...選曲ですね。確かに聞いたことある曲が多いですよね。「魂のルフラン」については、聴き覚えがある?程度だったせいか、ぴったり!ではないけど受け付けない程でもなかったです。私がきりやん目線でなかったからかもしれませんね。きりやんパパに息子のまさみり、という構図が好きで観ていたので...でもきりやんの歌声のムダ遣いとなると、それはいかんです!もっと正当に有効に最高に使ってほしいですね。確かに、サヨナラショーのほうが泣けます、沁みます。。。
そうそう、スタジオ54もよかったんですがね〜。芝居のようにテーマがあるといいのでしょうかね?ともあれ、花組は1回しか観られないので、気合いいれて楽しみますね。楽近くだから、すばらしく進化していることでしょう!
ちなみに私が一番密に通ったのは、70周年終わってから9年ほど(85〜93年)です。だから10年毎に運動会があるっていうのも(80周年の頃はブランクで)長い間知りませんでした(笑)これからも時々お話せさせてくださいね。長々とすみませんでした。

うーりさま

いえいえ、なんか、お役にたたないコメントですいません。

これからも遊びにきていただければ嬉しいです。

日曜日に観に行きます

こんにちは。

日曜日に観劇+お茶会に行くので、予習のためにナムタンさんの感想を
読ませて頂きました。

そうかぁ、そうなんですね。
とむさんには、せめて最後はご自分が心の底から「好きだ」と
思えるような舞台に立たせてあげたかったです。

まだ観ていないのでこういうことを書くのは早いのかもしれませんが。

えりたんの退団も発表されて、いろいろ考えてしまいそうです。

また天気が悪いみたいなので、まずは宝塚に無事に
着けますように、と祈るばかりです。

あいこさま

こんばんわ。
コメントありがとうございます。

感性は人それぞれなので、
あいこさんのツボにハマるといいですね!
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。