スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「悔いは残る」~最後の大君・初日~

なんとなく。
「ラスト・タイクーン」より、
蘭とむっぽい気がして。「最後の大君」さま。

絶滅危惧種の男役のサヨナラ公演初日。

絶滅危惧種を観るために大勢の観客がつめかける。

本当に。大勢いた。ファンの欲目でなく。

そんな中、開演。
「花組の蘭寿とむです」のアナウンスに拍手がおこる。

幕があがる。
いよいよ、ラストステージが始まった。

と、格好良く書いてみた。
これが「絶賛」にあたいする舞台なら最後まで、
ノンフィクションのごとく書いていたのだが、
そういう作品ではなかったので、
普通の文章にもどします。

生田センセは「頑張った」と思います。
初めての大劇場公演が、
蘭とむのサヨナラですから、
まともな座付きであれば、緊張して当然だと思います。

ワタシは、生田センセは非常に物語を書くのがうまい作家だと
思います。欠点は登場人物の心情が書けないことです。
だから、役者の技量が非常に必要です。
物語の設定は細かいけど、
そこにでてくる人物がどういう人間で、
何を思ってるかが、いまいち伝わりにくいという、
発展途上の作家さん。
加えて、今回、非常に間延びした構成で、
ところどころ退屈でした。
これは「どこを削るかわからない状態」
つまり、台本はできたけど、
「削るのが惜しい」ので、全部盛り込みました、という感じ。

もう少し、いる、いらないという、
「編集作業」をしたら観やすい「面白い」作品でしたが、
今の状態では「話のお団子」で、

かんじんの蘭とむがみえないのよ!!

お客さまは蘭とむを観に来てる人が多いんだから、

そこを考えようよ!!

やはり「サヨナラ公演の書き方」くらいは先輩作家にきいても
良かったんじゃないでしょうか?
生田センセ、魅せ方も下手です。

でも、蘭とむと花組子の頑張りが、それをふきとばしていました!!

初見。印象に残ったこと。

みりお氏が蘭とむを追い落とす、悪人です。
原作では「暗殺」の仕掛け人みたいなことになってました。
娘がべーちゃんです!みりお氏パパなんです。
それなりに役作りをしていて、
気合いが感じられました。
ただ次期トップにしては、あまりに群衆に埋もれてる。
「押しのなさ」が非常に残念です。

一花ちゃん。
じゅりあちゃんが長い休演。
そのぶんまで頑張るかのように、今回は蘭とむの秘書役で、
一緒の出番が多い(涙)
最後はやはり気心もしれた、芝居の上手い娘役さんが
そばにいてくれて安心しました。

なにより、なんとなく「重く感じた」空気をふきとばしたのは
だいもんでした。

この人、本当に化けたと思います。
まさかみりお氏の同期支えなんかで終わりませんよね?
そんなことしたら、バチあたりますよ、と言うくらい、
場の空気を変える力をつけていました。

なにより、今回蘭乃の恋人役がだいもんだったのが良かった。
芝居がうまいので、どんな下手でもカバーするんです。
蘭乃の存在をあまり意識することがなく、観ることができたのも大きいです。

では蘭乃はどうか、といいますと。
第3場まで、ミナとの出会いから、ミナ・デービスの映画をスクリーンで
上映するまで延々とあるんですね。
ワタシ、このシーンだけなら

「失敗した!!」「生田のバカ!!」と本気で思いました。
スクリーンに退団しない娘役の映画のシーンが延々写るんですよ。
拷問かと思いました。
あまりに気になったんで、帰りに原作かって、
電車で一気読みしました(速読なんで)

「そんなシーンないから!!」


それで思いました。
ミナが死んで以降、一応2役の蘭乃はまた出てきます。
が、彼女だけの見せ場はありません。

「ワタシの出番がないですよね」
と、言ったとしましょう。プロデューサーあたりに。
それで「生田くん、シーンをつけたそうか?」になり、
付け足しやすい、最初か最後なら、
最初のシーンに、ミナ・デービスの映画シーンを入れた、と。
そう考えないと、何故あの不要なシーンがあるのか、
構成を大事にする生田センセがやるとは思えないんですよ。
まあ、想像ですし、ミナの相手役でタソちゃんが頑張ってたので。
ゆいいつのみどころは「タソ」です!!

蘭乃に関しては本当に嫌いなんで、もう書きたくないんですが、
一つだけ。
幕空きから、ショーの最後まで「音程」はずしてました。
これは観た方が1番ご存知だと思います。


トップになって何年目でしょうか?
いい加減にしなさい!!
こいつには、それしかいえません。
もう蘭とむもかばってはダメ。
こいつは自分で「残る」と意思を表示したんですから、
トップ娘役の責任を果たさせてください。
他の方も甘い顔してつけあがらせないで。
もう、第2の蘭とむを作ってはいけません。
お願いします。

そして、その蘭とむ。
「ラスト・タイクーン」というには、
はじめに大物感が伝わらず、
みりお氏と喧嘩してるスーツのイケメンでしたが、
話がすすみ、生田センセの描こうとしてる世界感が見えたとき、
「ああ、この人、最後の映画界の大物だったのね」と思いました。
そこに行くまでが、なんか長くて(苦笑)
で、彼が死んで、回想します。
台詞は初見なんできちんと覚えてません。
ただ人生(宝塚)を振り返り言います。
「悔いは残ってる」と。

ここをカットしなかった生田センセはえらい!!
もしも
「後悔のない人生だった」なんていったら
「嘘やん!」と突っ込んでました。
ありがとう、この台詞を書いてくれて。

「ラスト・タイクーン」じたいは「面白い!」と素直にはいえませんが、
生田センセの台詞のチョイスと、それぞれに絡ませる相手を
考えて書いてくださったのは、1ファンとして良かったです。

花組は、楽日にかけて、どんどん良くなる組なので、
進化した舞台が楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

有り難うごさいます(__)

ナムタンさん、こんにちは(^.^)

お久しぶりです!

明日日曜日に娘が蘭とむさんのさよなら公演を観に行きます。今就活中で何の楽しみも無い中で唯一楽しみにしてました。娘は昨年の雪組ベルばらが宝塚デビューでまだ日が浅く良くわからないまま何組かの公演を観ました。でも上手い下手は分かる様で最終的に蘭とむさんに落ち着いたのに今回で最後となります。

ナムタンさんの初見をふまえて数少ない見せ場★をしっかり観るように言いました。忙しい中で2回も観に行く時間が無いので…。ナムタンが必ず初見を書いて下さると思いお待ちしてました。大変助かりました。有り難うごさいますm(__)m

ちなみに私はしつこいですが安奈さん一筋なもので安奈さんお茶会に行ってきまーす(*^^*)

お久しぶりです。

こんにちは、お久しぶりです。
初日を観劇なさったんですね!
アナウンスだけで拍手が起こるなんて…
さすがまゆさん…!
本当に多くの方に愛されていらっしゃるのが分かります。

生田先生ですが個人的に今一番応援している演出家の先生なので、今回の大劇場デビュー作の出来が非常に気になってそわそわしていました。
そんな中、しっかりと作品の評価が出来るナムタンさんが感想を書いていらっしゃるではありませんか…!
早速拝見させて頂き、私も早く観たい!!と思いました。

こちらも個人的になりますが、生田先生の台詞の掛け合いと主人公とライバル、ヒロインの見せ場のバランスがとても好きです。
まだ宙のWMWとランスロット(スカステ録画)しかまともに見てませんが…
生徒さんの個性に合わせてお話や役を作ることも出来ると感じてもいます。
なので、ナムタンさんの感想に台詞のチョイスがいい事、配役も考えてあったとあり嬉しい思いで沢山です!
生田先生もまだお若い方なので、これからもっとたくさんの経験を積んで頂き、いつでも安心して観れる座付き作家さんに成長してもらいたいです。

今の花組は5組の中で一番組織としての纏まり、連帯感、まゆさんと組子の信頼関係があると思います。
そのお陰か、脚本が余程でない限り不安要素がありませんので、(唯一の不安要素がこの後の演目ですが…)まゆさんがご卒業なさるその日まで、私も目一杯応援していきたいと思います!

それでは失礼します。

かしげくんさま

コメントありがとうございます。
お嬢さん、見る目がありますね!!
きっと就活もうまくいくと思います(^^)

騎士姿の蘭寿さんは本当に美しいので
是非みてください!!

ところで、安奈さんのお茶会ですか!!
いつでしょうか???

ちょんたさま

読んでいただいてありがとうございます。

生田先生は、ワタシも好きな先生です。
慣れというのがあると思いますので、
これから大劇場で、バンバン書いていただきたいです。
「ランスロット」も「春の雪」も好きな作品なので、
この花組公演はだんだんと良くなると思います。

ぜひ蘭寿さんを応援いたしましょう!!

ごめんなさい(__)

ナムタンさん、おはようごさいますm(__)m

ごめんなさい(__)安奈さんのお茶会の日時ここで書けません(>_<)

周りの安奈さんのファンの方に詳しい事はお聞き下さいませ。

ナムタンさんも安奈さんのファンの会にお入りになりませんか?
お元気になられたら色々お知らせが届くと思いますので…。是非お入り下さいませ。ご一緒に安奈さんを応援したいです(*^^*)

かしげくんさま

いえいえいえ!
公衆の面前で、質問したようなモンで、
こちらがお恥ずかしい限りです。
すいませんでした!!

こりずに安奈さんのお話、また聞かせてくださいね(^^)

はじめまして、ナムタンさま

ナムタンさん、はじめまして。
いつも陰ながら、楽しみに拝読させていただいております。有り難うございます。
まみぞうと申します。
何卒宜しくお願い申し上げます。

私は、とむさんの存在を知り、二十数年ぶりに宝塚を観るようになりました。
私の中でのザ・男役ナンバーワンは、麻実れいさまで、あれだけの大人の男役を演じられる方はいないであろうと思っていた時に北川景子さんがとむさんのファンというのを知り、伝統的な男役を継承している方だという噂を小耳にはさみ、知れば知るほど、とむさんの魅力にはまり、今ではどっぷりととむさんづけです。
宝塚を知れば知るほど、??に思うことが多々あり、今回、この時期でのとむさんのご卒業も個人的に納得いきませんが、まぁ、私なりに精一杯応援させていただきたいと思います。
でも、劇団とファンとの想いの差を感じないではいられない.....
とむさん率いる花組が大好きです。
もっと花組に光りをあててほしい........
最後までコメントをお読みいただき有り難うございます。
つたない文章で失礼いたしました。
今後とも宜しくお願いいたします。<(_ _)>

まみぞうさま

はじめまして。
コメントをありがとうございます。
ターコさんにはじまり、蘭とむに落ちる。
同じですね。
影からでなく、どーぞ表から、
蘭とむ卒業を、明るく応援いたしましょう(^^)
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。