スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退団作品。

いつからでしょう?

トップの退団作品が
「その人のために書かれてるかしら?」
と、しなくていい心配をするようになったのは。

20年前はね。
きちんとね、
面白いかどうかは別として、
そのトップへの思いを、
座付きの先生が、芝居やショーに
さりげなく盛り込んでくださった。
だから、観てるほうも、
そのときは寂しくても
何年かしたら「いい公演でしたね」といえたのです。

いまだに覚えてるカリンチョさん、イチロくん、
カナメさん、ユリちゃん、シメさん、ヤンさん、
とにかく、すべての退団公演に「愛」がありました。

だから、今、生田センセやサイトーセンセに
不信感をもってる自分がいやなんです。
座付き作家を信用してない、できない現状が。

これが、柴田先生なら「卒業」だけに専念できたんですけど。

蘭とむが笑顔でいられますように。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

同感!

本当に座付き作家の、”愛”が、見えないというか、疑う自分が、さびしいです。。。

もふもふさま

こんばんわ。
ひとえに距離感だと、今回観て思いました。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。