スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさーレットは何故面白い?

もう「奇跡の作品」だと思ったから
仕事早く引いて観にいった。
まさおに、こんな情熱かたむけることも、
もうないかもしれないから、
観れるとき観たかった!!

そんな2回目。

笑った。

何?
彼女は何故にそんなコメディにはしろうとするんだろう?
いや、真面目にやってて、
笑わせる才能があるんだろうか?

もう台詞まわしなんか、
ここまでやってきて、直らないなら、
絶対直らないだろうから、あきらめたとして。

どうしたら、あんなに愉快な動きになるんだろう?

こーゆう時こそ稽古場風景が観たい!!
スカステでチラ見せでなく、
まさおがスカーレットを演じるさまを
1日おいかけて欲しい。

すごく観たい!!

2回目の時はさらにバージョンアップしてて、
またもアドリブ的なこと、まさーレットやってたけど。
彼女が入れたアドリブで、「ミーマイ」はグダグダやったけど、
今回裏目にでなかったのは、
ひとえにイシちゃんバトラーが、
そのアドリブを受ける度量があったから!

と腑に落ちた。

帽子をもらってルンルンしてるまさーレットを
そっとのぞいて、後ろで一緒にルンルンしてあげる
イシちゃんバトラー!!
可愛い。客席も大喜び。

こうゆうのがアドリブなんですよ~
役者が「役のうえで」自然に出る言葉や、動き。
台本にはとうぜん書かれてないけど、
ソレをやっても、問題ない!
それが「アドリブ」の本質。

前回はまさおの自由な行動を受ける相手がいなかった。
コマも実は不器用で「脚本」から作るタイプだから、
いきなり、違うことをふられると、
自分の芝居がおろそかになる。

越乃さんも実質2番手みたいに支えてはいたけど
ダンサーで、芝居がそれほど得意でなかったから、
とめられる技量がなかった。

そういう意味では月組は実に芝居をきちんと作り上げる組
なんである。(他の組も作り方はあるけど)

でも、まさおはあくまで「月組」トップだ。
彼女の重きは、組全体でまとまることより、
いかに自分が楽しむか、のほうが大事なんだと思う。

そしていままでは「遊べない」役で、
遊んでしまい、アラだけが目立ったけど、
「やりたい役」かつ「自分にあった役」をやると
本当に魅力ある存在になる、稀有なトップさんなんだと思う。

でも、どうしてあんなにスカーレットを
「面白く」演じることができるのかが、
理論的に理解できない!!
きっと本能のおもむくままやから!?

まさおの本能やね?

だとしたら、やはりオモシロジェンヌやわ~

でもこのスカーレットは、本当に良かったです。
いや、オモシロかった。
いいもの観ました、ありがとうまさお!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

直情的

龍さんの印象です。
溜めたり、含んだりさせると…ドクドクと音をたてて煮えたぎるように感じます。
含みきれずくさくなりすぎたりしなければ…魅力的なのですが、感情がコントロールしきれない面があり…それが魅力に繋がる今回のような役ならば…吉でしょうね。

クロさま

そうですね。
今日、友人とお話していて思ったのですが、
龍真咲さんは、アングラ芝居の女優なら、
すぐ主役をハレると思うんですよ。
ヅカのフィルターをとおすから、
アレコレいいたくなるんですが、
いち女優としてみたら、
60年代~70年代の、それこそ「ドクドクと音をたてて煮えたぎるように感じ」は
ぴったりです。
ワタシは彼女の「少女仮面」が観たいと思いました。
きっとおもしろい演技をみせてくれるでしょう。
結構本気で思ってます。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。