スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逸翁SPコンサート・剣幸~100周年~

続かせていただきます。

~剣幸~

ワタクシの横を通り過ぎた方は
本物のウタコさんですよね?

偽者がおるんかい!というわけでなく、

あまりに華奢で、顔が小さくて目がでかくて
そして「美しくて」
(萌えですから!)

こんな小柄な方が、あの旧大劇場で
ビルやったり、光源氏やったり、
「南の哀愁」で「ナイヤ~」ってゆうてた方ですか!!
あの、あの「川霧の橋」の幸次郎さんですか?
「蛍、とって」あげてた方ですか?

「ル、ポアゾ~ン」歌いながらウタコさん登場。

いや、齢くって涙腺が弱ってるねんけど、
ウタコさんの生歌が余計に心にしみて。
あんだけCD(このCDは持ってました!)
聴いてた作品の歌を、実際きいたときの感激って!!

「ゆだねて悔いなく」
「哀愁」
「浜昼顔の花かんざし」
「ただひとりの人」
そして「ミー&マイガール」

2人のイキのあうこと!!
コンビが歌うというのは、
こーゆうコトですよというお手本のような
2人のデュエット!!

多分、男役のジェンヌさんは「自分が1番」の人はおいといても
こういう相手役が絶対欲しいと思うし、
コンビのイキのあった芝居が観られるから、
という理由で、昔はお客さまも通ったと思うんですよ。
特に「ミーマイ」は当時、
ウタコさんがビルで、サリーはミミちゃんでなければ
「いけなかった」ほどの作品だと思うのです。
(役変わりもありましたが)
結局、この2人のコンビに落ち着くという、他に類をみない例でしょう。

本当は劇団は第2の「ターコ・モック」でなく
「ウタコ・ミミ」を育てるべきでした。

この2人を観てたら本当にそう思います。
常にコンビの基準を、ターコさんという稀有な役者と
モックさんという、これまた芯から役者の2人にあてはめようとして、
「第2」として組まされて成功したコンビをワタシは知りません。

むしろ、ウタコさんのような「老若男女」問わず好かれる
男役トップが、本来の宝塚が作ってきた男役のイメージであり
一三翁の理念を体現されてたと思います。
ミミちゃんは、先にも書いたとおり「努力」でトップになった娘役さん。
これまた、タカラジェンヌにあるべき姿を、
実力で示したと思うのです。

劇団は、第2のウタコミミを育てるべきですよ~

さて。
その一三翁が目指した男役像の1人。それがウタコさん。
(もちろん賛否はあると思います)
「ベルばら」4強が卒業されたあと、
長期かと思っていた真央さんの早い退団。
トップになるも、涼風、天海と、
真央さんの系統を引き継ぐかのような
タレント性の強いジェンヌさんが
ウタコさんのモトに集まりました。

あの頃の月組は、すごかったと思いますよ。
まとめるのも大変そうだと感じます。

ただ、ウタコさんを囲むジェンヌさんも素晴らしかった。
「ミナトボシトリオ」

こんな芸達者なジェンヌさんがいた月組。
その時代に、頂点に立ちながらも、
決しておごることなく、
「舞台」以外では、すべてに優しかったというウタコさん。

ワタシはこの方に出会えて本当に幸せだと思います!
(なんか結婚式に読むような手紙みたいですんません・恥)

次は、その出会えた「奇跡」を語ります。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。