スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ショート・ショート・ショー~ポップ・ニュース~」

100周年を個人的に祝う、その記念に
「鴨川清作」の本を書く(もちろん個人的です)

というわけで、LP集めに必死。
でも、いざ入手しましたら、
その期待を裏切らない素晴らしさに、
本当に感激しております。

今回は、1972年花組公演
「ポップ・ニュース」を少しご紹介したいと思います。

振り付けにあのストーン氏が参加されています。

愛の歌手 真帆志ぶき
歌う男  甲にしき
青年 レディ 薫 邦子
男の子 水 はやみ
バーテン 麻月鞠緒
女の子 八汐みちる
少女 有花みゆ紀
歌手 瀬戸内美八

というメンバーです(プログラムがないのでWIKIより拝借しました)

いきなり「愛!」で始まります。

スータンさんの「愛!」
ワタシはカナメさんが歌ったので、この歌を知ったのですが、
なにより歌詞にある
「愛は狂って 麻薬のように美しい」は最高だと思ってます。

次に、ストライキに関するジェンヌの小芝居があるんですが、
台詞がおよそ宝塚的でなく、
なんか別役さんのシュールな台詞みたいでツボにはまりました。

「ワタシ、信じられません
夫も子供も世の中も。どうすればいいでしょう?」
「そうでしょう、そうでしょう、私自身もワタシが信じられないんです


「ストライキはちょっとした夫婦喧嘩みたいなもんですね」
「なるほど。喧嘩してる当人はスカッとさわやか。
 隣近所は大迷惑と、そうですか」


シャレがきいてて、おもしろいなあと。
こういう台詞の書ける方とは新しい発見でした!

次に「グローリー・ハレルヤ」
今、東京で雪組(えりたん)が歌ってます。

そこからミュージカル「オリバー」の曲が延々と歌われていきます。
調べたらイギリスの作品で、
ライオネル・バートがディケンズの小説をミュージカル化したもの、
だそうです。
映画は未見なんですが、これをどのように宝塚で
鴨川先生は「料理」したのか、すごく観たいです。

訳詩がおもろいんです。

「空の青さが目にしみる
海の青さが目にしみる
贅沢いうな 光化学スモッグが目にしみる」

「工場の社長さま 目薬めぐんでよ
どうぞ目薬 社長さま」


原曲は「ウン・パッパ」


A面は「オリバー」でしめられ、
B面は青きドナウ(ベルばらではありません)で始まります。

歌のタイトルをみてると
カントリーな場面なのかなあと想像。

ここでも鴨川先生の訳詩のセンスがいかしてます。
「ビッグ ボート アップ ザ リバー」

汚れた手を汗で洗い、
汚れた夢をふりすて、
白い炎を逃れて、
新しい未来を追って、
(略)

涙の唇で口笛を吹き、
逆巻く波をけたてて、
自然におのれにかえるんだ
花咲く緑のアフリカへ
ジャングルの歌うアフリカへ


「ノバボサノバ」の余韻が残っているんでしょうか。
でもいい訳詩だと思います。

そして再び「愛!」が歌われます。

ショースター、スータンさんをいかに格好良くみせるか?
甲にしきさんもまた、なんでもできる方。
見ごたえあったであろうこの作品におもいをはせつつ、
本日は終わります。

もし、当時をご存知の方、間違いや、
こういう舞台でしたという思い出など
お聞かせいただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も、このレコードを聴いて
鴨川先生は本当に素晴らしいクリエーターだ!
と思いました。
当時の修行中の全ての座付きの先生方に
大きな影響を与えていらっしゃいますよ、鴨川先生は。
白井先生を尊敬しつつも
独自の世界観で宝塚歌劇に君臨されたんですよね。

特に、スータンさんとはガップリ組んだ公演が多かったことは
幸運だったというか、必然だったというか、
この先生のフィーリングを掴める生徒さんが
この時代にいた!
というのは凄いことだと思います。

才能のある方々は、若くしてお亡くなりになるのが世の常なのでしょうか…。

私は安奈淳さま主演の『ノバボサノバ』しか鴨川作品をナマで観られなかったけれど
一作でも観れたことを有り難く思っています。



私も、当時この舞台をご覧になった方々の感想を
お聞かせいただきたいと思っている一人です。

懐かしいです

このショーは、色々な意味でメモリアルな作品になったショーでした。
シャンゴ・愛のコンチェルトと、黄金コンビを組んだ、鴨川精作氏とパディ・ストーン氏の最後の作品でした。どの場面も、真帆しぶきをメインに当時としては、他のショーでは観れない場面の連続でした。
ポップニュースと言えば、メインテーマ曲の”愛”が有名ですが、パディ・ストーンの斬新な振り付けのダンスは素晴らしいショーでした。
そしてこの作品では、当時の花組二番手の薫 邦子さんと、花組のみならず当時の宝塚の男役の代表的な歌い手の水 はやみさん、そしてトップスター甲 にしきの相手役だった、竹生さゆりさんの三人の退団でした。
トップの相手娘役・二番手男役、そしてメイン歌い手が、一度に退団をするなんて、やはりファンとしてはショックな、忘れられない公演でした。

ブラック・ジョーク

・・・の効いたショーだったようですね。
私の記事にもありますが、鴨川先生、真帆さんでコメディが描きたかったようです。
そんな流れの延長線上の「ポップ・ニュース」なんでしょうね。
同じように鴨川作品を懐かしんでくださる方がいてうれしいです。

千露さま

コメントありがとうございます。
いや、この記事を書けたのも、
千露さんがブログで書いてらしたからです(^^)

実際にLPを聴いてみても、
「時代」は感じますが「古い」とは思いません。
スータンさんと甲にしきさんの声しか、
今はわからないんですが、ちょっとした台詞まわしとか
上手い方もおられて、頭の中で舞台がひろがってます(笑)

劇団に、こういう映像を、もっと公開して欲しいと
思っているんですが……

ゆうちゃんさま

そうなんですか!!

ごらんになられたんですね!!!
なんてジェラシーな(笑)

スータンさんは、ダンスもお得意だったんですよね?
どんな感じでしたか?
またお聞かせくださいませ。

「メモリアル」な作品。
心にいつまでも残るものがあるのは素晴らしいと思います。

クロさま

懐かしいとはいえないんです(涙)
鴨川先生の作品がさかんに上演されてた頃は、
まだこの世におりません。
初演雪組の「ノバボサ」で産声をあげております。

ですから常に鴨川作品は「新しい」んですよ~
しかもとびきり「上質」です!!

色々教えてくださいませ。

長くてスミマセン

初めてお邪魔します。
今の宝塚は全くわからないのですが昨年剣さんお目当てで「ドリドリ」を見て以来「ポップ・ニュース」はとても素敵なショーだったなといろいろ思いめぐらしていたのでこちらの記事に飛びついてしまいました。
全体的に世間への風刺がきいていて(不発場面もありましたが)当時の芸能人の簡単な離婚を皮肉るコメントもさりげなくはいっていたり。
オリンピックの競技(ハンマー投げがインドのダンスになったり、いたるところに真帆さんの競歩歩きがでたり)や、気取った男女3人(真帆、甲、薫)がだんだん酔っぱらっていくダンスなど客席大爆笑の一方で戦争に出向く弟(甲)への兄(真帆)の悲しい思いが込められた場面があったり…。
私的には「ドリドリ」で歌われていた「愛!」よりも真帆さんが銀橋で歌われた外国の曲(題名不明。ユリがどうのこうのという歌詞)が素敵でした。
フィナーレも斬新でしたよ。
(あ、水さん退団はもう少し後ではなかったかと…)

「ベルばら」以前の宝塚には「宝塚らしさからの脱却」を試みる上質な作品が散見されたように感じます。
中でも鴨川作品大好きでしたのでまた取り上げて下さることを楽しみにしています。

やなかねこさま

コメントありがとうございます。

記事に飛びついていただいて嬉しいです!
鴨川作品をごらんになられたのですね!
ジェラシーです!!(苦笑)

ハンマー投げがインドのダンス?
なんかシュールな世界ですね。
大好きです。
本当にうらやましい。

LPの辛いのは「想像」でしかわからない、ということです。
それでも音源があるだけでも、幸福です。
これから、できる限りとりあげますので、
作品をごらんになっておられましたら、
またコメントをくださいませ。
宜しくお願いします(^^)

はじめまして

はじめまして(^^)


私は、宝塚、黄金期に思春期を過ごしたモノです。

オトミさんのオスカルもノバも堪能した身です。

長く、宝塚を離れていましたが、
久しぶりに訪れる機会があり、
子育ても終わり時間ができたことを幸いに、
「宝塚再燃」を試しています。

正に「試す」で、最近の作品や生徒さんの事はわかりません。
先日、スカイステージを申し込み、これから猛勉強の予定です。

ナムタンさんのこのブログ。
とても参考になり、喜んでいます。

宝塚の現状。作品。生徒さんのこと。
参考にさせていただいています。
特に、オトミさんの近況や、
あの頃の生徒さんへの真っ直ぐな意見。
うれしく頷いています。

ベルばら、も、全盛期でしたが、
私にとってはノバが一番印象の深い作品です。
後追いで鴨川先生の作品資料がひとつ手元にあります。
よろしければ一度メール下さい。


nozomi さま

コメントありがとうございます。

鴨川先生がお仕事されていた時代に
非常に魅力を感じています。

メールをお送りしたいのですが、
アドレスがわかりません。

申し訳ありませんが、
コメント欄に書いていただけますでしょうか?
折り返し、お返事書かせていただきます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

nozomi さま

こちらこそ
お手数おかけしてすいません。

コメント欄の「本文」のところに
そのままアドレスを書いていただけますでしょうか?

宜しくお願いします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

nozomi さま

お手数おかけしてすいません。
確認できました(^^)

改めてメールを送らせていただきます。
宜しくお願いします。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。