スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小池作品「エリザベート」

ラインナップの「小池祭り」
生徒さんの待遇批判に気をとられて、
作品論を忘れておりました。

「エリザベート」
以前にも書きましたが、
宙組のズンコトート以降、
歌より、ビジュアルでごまかし、
基本である「表現」をおろそかにしてる感じがあり、
できれば、今度再演するときは、
「歌で勝負できるスター」がでてきた時に、
と個人的には願っていました。
ファンの方ならご存知でしょうが、
ずっと歌で繋がれていく「ミュージカル」なんです。
1人でも音程がおかしいと、それだけで作品は
台無しになるんです。

アサコシシィとサエコトートの
互いに違う方向をむいていた「エリザ」
みんなの息があわず、カラオケ狂態。
アサコトートにいたっては
1人、まぎれたカチャシシィのみ、
ワタシは逆に「浮いてるお姫様」の状況と合っていて、
あとは、新公でも辛いレベルでした。
オサトートは歌いあげるのはいいのですが、
カラダが締まらず終始くねっていて落ち着かず、
水トートは歌がイケてないので、
途中であきてしまいました。
ルキーニのキムは良かったですが。

このように、ざっと思い出だしても、
いかに難しい作品かと思うのです。

ゆいいつ「ガラコン」で初演メンバーがやった
「再演」が素晴らしかった。

小池氏は海外作品を宝塚風にアレンジする力に長けた
「演出家」だと思っておりますが、
劇団の意向にそってるのか、
先にあげた、いけてない「エリザ」の上演ばかりです。
特に素人のシシィを指導する大変さ、
心中、お察しします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。