スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ナポレオン」を考えた。

「ナポレオン」
もう、帰りの阪急電車で、悶々としながら
「何故なぜこんな気持ち悪さを感じるんだろう」
本気で考えた。

答えがでた。

結果は「佳作」
何がといえば、
星組子がいちがんとなって作品を盛り上げてたこと。

専科生の演技が良かったこと。

この2つです。

あとは、思ったことを書きます。

イケコの最近のオリジナルは「銀英伝」的作りだと思う。
つまりは、作品自体、劇団が作家に発注するような今(例「shall Weダンス?」)
イケコ自身がプログラムで「候補のなかから、ナポレオンを選んだ」とあり、
別に、レオン君ありきで書いたわけではないということ。
「銀英伝」でテルが原作さながらのラインハルトでお披露目したとき。
ビジュアルアピールは成功したけど、
話に内容はほとんどなかった、おそまつなモンだったことを思い出す。
今回のナポレオンは、ビジュアルすら、レオン君にかわいそうな選択。
では誰が得した、つまり劇団推しだったかというと、
ねね様である。

そう、今回はねね様が「トップ」の作品だと思うと、
非常に腑に落ちた。
劇団は、彼女を専科にでも入れて、
本当にトップ・オブ・トップにしたいんじゃないかと思う。

お話自体も、非常にわかりやすい「ナポレオン」の生涯。
内容なんかない。

豪華なセット。
見せ場にしたかった「戴冠式」
その主役はジョセフィーヌである。

2幕。
跡継ぎを欲しがり、離婚してから、
2人は芝居では絡まない。
別々に演出がつけられている。
レオン君が、島流しのシーンはわかるけど、
その前に、ジョセフィーヌに、きちんと「死ぬ場面」が
作られていて、両トップに見せ場がある作りとなっていた。
こういう作りの作品、他組では観てない。
観たとすれば、昔の宝塚。
それこそ大物娘役といわれる人が存在した時代。
ねね様は、ワタシは大物娘役にしては
全然実力がない、と思うけど、
1部の人からは支持されてるんで、
劇団は本気だしたんじゃないかと思った。

作品の感想ですが、
内容が「ナポレオンの生涯」を紹介する話なんで、
個人的に興味がないうえに、あまり面白い生涯に描かれてなかったので
つまらなかったです。
イケコ、本当につまらない人になったなあと思う。

さらに輪をかけて、その作品をつぶしたのが
「音楽」だ。


「ロミジュリ」と同じ人?ホンマに?
なんかメチャ退屈な音やった。
座談会でレオン君が
「単調なので逆に歌うのが難しい」といってましたが、
譜面すら読めないワタシも、聴いてて盛り上がりとか、
ほとんどないリズムにのせて歌うので、
よほどの歌い手でないと辛い!!

だからこその、ヒロさん、ジュンコさん、圭子さん、みっちゃん総出演やったんでしょう。
それでも、きつかった。

ねね様なんか、ほとんどの音階が破壊してた。
マカゼ君も頑張ってたけどしんどい。
レオン君も頑張ってたけど辛い。
ベニには2番手でいいんスか?状態。

本気で、1幕後半寝た。
単調すぎて。すまん。

ジェラールさんとやら。
初日にこないのもわかるさ。
来たくなかったんじゃないの?
これ、イケコと本当に意思の疎通ができてた?
イケコの台本読んできちんと作ったの?
イケコ自身、本気で「OK?」
これは歌劇団の作曲家ではダメだったの?
怪しい外人に金払うなら、
自分たちの劇団で作るほうがよほど良心的です。

いかに作品とあってない音楽かは、みていただければ
わかっていただけると思います。
例えれば「別れのシーン」で「陽気なポップス」を流すようなモン。
本当にシーンとあってない曲が多すぎ。

1番まともだったのは、
2幕の島流しのシーン。
音楽なりません。
台詞のみ。
いいところで、ジャーンとオケの音。

これでええやん。

このシーンが1番安心して観れた。

あと、もう1点。
「下品な恋愛シーン」の演出。

もうさ、座付き作家は柴田作品を1作も観てないのかと
本気でムカつきました。
全然色気がないんですよ!!

ナポレオンとジョセフィーヌ。
レオン君こだわりのラブシーンが全然ドキドキしない。

イケコよ、お前もか!

前回の花組「愛と革命~」で「くりえいたあケイコ」が
舞台のド真ん中にラブホテルでも置いてないような
恥ずかしいベッドをだしてきて、
幼稚園児にラブシーンさせて、非常に「下品」だなあと思ったのですが。
「くりえいたあ」の恋愛観がやすっぽいから、
と、納得させてました。

そしたら、今回、師匠であるイケコが
やっちゃいましたよ!!
舞台の真ん中にベッド!!!
あれ、はっきり書くよ。

「下品極まりない演出です」

タカラジェンヌが演じるラブシーンの、
どこが素敵なのかって、
言葉で語らず、少しの仕草や表情がかもしだすエロさなんですよ。
そこへ、柴田先生しかり、大関先生しかり、
先輩の作家先生が、どれだけ「見せず」に恋愛を「演出」するか?を
今まで築いてきたわけで。

それを100年の今、まさに活躍すべき作家が
そろって「恋愛シーン」が下品な演出って、
あんまりじゃないですか?


ベッド真ん中は禁止してくれ。
まだ「今宵一夜」のほうが色気がある。

このように、100周年の記念作が
ワタシにとって思い切り大ハズレ。

前向きに観た感想は「ドンブラコ」より豪華。
としかいいようがありません。
これでは一三翁も、タカラジェンヌも本当に気の毒です。

何のための100年間だったのでしょうか?
本気で「ナポレオン」を世界発信する気でしょうか?
ジェラール氏が姿を現したときが、世界進出するときなんでしょうね。
フランス人、本拠地のムラをなナメてると思うから。

でも、星組は「これから」が楽しみ!!!
それだけが今回の収穫でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

さすが!なむたんさんです!みてないですが
なぜかスッキリ納得です(笑 

でも、ほんとうにわかることが

「少しの仕草や表情がかもしだすエロさなんですよ。」

そう!これ、一番です。

ジェンヌさんのそういう顔みるだけで心ときめくし、素敵で色っぽくてドキドキ!

たとえば、極端ですがエロビデオみても、女性のわたしにはピンとこないです。
それは、女性がいかに、ばん!!!とみせられるかより
ひとつの表情、言葉がなくても、それだけで、いかに想像でかきたてられる性質なのかということかと(笑
エロはエロだぞと見せるものではない。
で、美しさも絶対条件で、汚い(下品)は嫌です(笑
とか、書いてるわたしも下品ですみません(汗

品がありなおかつ妖艶で美しいのが宝塚の世界なので
それは壊さないでほしい=。

しかし、柴田さんの作品は「仮面のロマネスク」やら「うたかたの恋」やら「あかねさす紫のはな」はどれも宝塚の代表作といっていいほど素敵でしたね。とくに、ラブシーンの演出はすてきです!
うたかたの恋はニコ動画ではじめて紫苑ゆう&白城あやかさんバージョンをすこしだけみましたが、演出?ダンスが今とでは少し?違う気がします。ちゃんとはみてませんが、この作品の演出、が好きかも。
それになんといっても、この役者の2人がまさにマリーとルドルフで、紫苑ゆうさんが今まで見た、ルドルフ(全編では春野寿美礼さんおうきかなめさん)中でいちばん好きです!動画で、ほかに、真琴さん、和央さもみましたが、やっぱり紫苑ゆうのあの包容力や情感豊かさ、柔らかさ、マリーを可愛がって愛してる表現はほかより抜いてるとおもいます。

たしか、なむたんさんの記事に、紫苑ゆうさんとあやかさんのマリーが一番好きだという記事がどこかに書かれてた気がしたので
それを思い出し、かきました。わたしも、この2人のうたかたは最高だととても共感します。

もし、そういう記事書いたことなく間違っていたらすみません((´ε`;)

星組がんばれ



No title

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
今年も楽しみに読ませていただきます。
よろしくお願いいたします。

さて、星組公演を初日から何回か観劇しました。
今回、トップさんも、二番手三番手の方も印象に残らなくて、これはトップ娘役さんのためのお芝居かな~と思っていました。私の先入観かと思っていましたが、見方は間違ってはいなかったのだとほっと(?)しました。
観劇して眠たくなったのことのない私が、第1幕でびっくりするような睡魔に襲われたのもショックでした。
初日のバタバタ感こそなくなり、少しずつ変化はしているようですが、周りの友人にはお勧めしにくい作品です。
この舞台は専科の方々、天寿さん、礼さんの好演がなければ成り立たなかったと思います。

「うたかたの恋」

熱いコメントありがとうございます。
「うたかたの恋」の初演は
雪組の麻実れいさんと遥くららさんでした。
シメあやかコンビは、シメさんがアキレス腱を切り、
大劇場公演を休演。
2番手だった、麻路さきさんが代役。
シメさんが東京公演で奇跡の復活をとげた作品でした。

ワタシの好きななのは麻路さんが急遽演じられた「うたかたの恋」ですが
初演をみてたら、ターコさんが1番でしたでしょうね。

tonaさま

こちらこそ宜しくお願いいたします。

何回か観劇されたのですね。
うらやましいです(^^)

ジョセフィーヌがメインというのは
あくまでワタシの感想なんで、
あまり気になさらないでくださいませ。

みっきーと真琴ちゃん、本当に良かったです。

前途多難ではあるけれど…

夜遅くに失礼します。
私も10日に観劇してきました。
ナムタンさんの仰る通り、佳作と言う言葉がピッタリな作品でした。
星組の為に作られた演目ではない。と…
専科の無駄遣いな気もします。

ですが、ちえちゃんをはじめ、専科さんも星組さんも全員が全力を尽くしている事は伝わってきました。
歌の弱い星組なのには変わりませんが、まだまだ良くなる!と思たのが救いでした。

音楽についてですが、ナムタンさんは普段ゲームとかはなさいますか?
私は大学で専攻している学部的にゲームや漫画に触れる機会が多く、今回の公演の音楽はどこかゲームのBGMを彷彿とさせる物を感じました。
確かに綺麗ではありますが、盛り上がりに欠け単調で、他の動きの邪魔にならないような旋律がゲームのBGMらしいなと思いました。
そしてねねちゃんのように歌の苦手な方に、単調な歌を歌わせるのはあまりにも酷すぎます。

本当にジェラールさんに全て音楽を任せる必要があったのでしょうか?
簡単な音でも綺麗な旋律を作ることは出来ます。
重要で聞かせたいナンバーだけジェラールさんにお任せし、後は劇団の作家さんが生徒さんの個性、レベルに合った曲を作った方が舞台の質が上がると思います。

そして、もう一つ気になるのが終わり方でした。
フランスを去るナポレオンの場面をクライマックスに持ってきた方が、個人的にはよかったと思います。
去った後のナポレオンが没落していくのは目に見えてます。
それを観てる側に想像させる終わりかたの方が素敵だと思います。
観劇の際にまだ続くの!?と思いました。
私個人の考えですが、劇団の作家さんには一度黒澤明先生の作品を見てほしいと思いました。

問題のラブシーンはケイコ先生よりかはマシ。な印象です。
ベッドが小さかったことと、盆を回してたこと、その場面が物語に置いて必要な場面だったという点のみです。

と演劇には携わったことのない者が生意気にも語ってしまいました…。
不愉快に思われましたら、遠慮なく仰って欲しいと思います。
本当にナムタンさんの書かれる記事には、色々と考えさせられ、演劇そのものの見方や捉え方の勉強になります!
いつも楽しみにしています!

それでは失礼致します。


ちょんたさま

学生さんでいらっしゃったんですか!
読んでいただいてありがとうございます(^^)
宝塚を、若い方が、こんなキチンと観ておられるコトが
本当に嬉しいです!!まだ大丈夫ですね、宝塚!!

そうでね、音楽は確かにゲーム音というのは当たってると
思います。「ロミジュリ」のほうがゲーム的ではありましたが、
抑揚もあり、聴いてても楽しかったです。
今回は、あの台本で、何故単調な曲にしたのか?
が、疑問です。台本を理解してない、というのが
ワタシの推察です。ジェラールさんは「宝塚」自体、
理解できてないんじゃないかと思います。

ラストに関しては、この作品に限らず、
とにかく作り手は、過去の名作をすべて観るくらいの
勉強は確かに必要です。
でも小池先生は、他の演出家さんよりは
勉強されてると思います。
初期の作品は本当に感動作が多かったので。

書かれておられるように、これからよくなる可能性のある
星組ですから、もう1度観てみたいです。
不愉快なんて、とんでもないです!
こちらこそ、ありがとうございました。

ねね様

思わず、初めてコメントさせていただきます!
楽しみにしていたナポレオンを昨日ダブル観劇してきました。

初見、一幕の眠くなる感じは全然なかったです。
むしろテンポよく進み、あっという間に休憩になってしまったように感じました。

2幕の方が、意味不明というか、凋落前後に無理やり感があり、
タレーランの使い方をもっと工夫すれば面白くなるように感じました。

観終えた一番の感想は、ねね様の悪目立ちでした。
一人だけ浮いてた印象です。
宝塚らしくない!って思いました。
ほんとに、退団でもするの?専科にでも行くの?と感じたほど。

トップであるちえさんを差し置いて、
あんなに美味しい場面を作ってもらえるねね様ってなんなんでしょうか?

それと、やはり感じたことは、宝塚やちえさんのために書いた作品じゃないってことでした。

ジョセフィーヌの描き方など、普通のミュージカルを凄く意識して書き込んでる印象がしました。



楽曲に関しても、制作発表で聴いたとき、私もえっ?ロミジュリの方の曲?って思いました。
でも、今回やけに露出が多く、何度も聴いていたおかげ(?)で初見時に違和感が全くなかったんです。

最後に、柴田先生の和物が好きです。
わたし、ヅカヲタ歴短いのですが!好物の和物作品”の脚本家を調べると大体柴田先生だったんです。
一昨日もきりやんの”紫子”見入っちゃいました。





あっちっち さま

コメントありがとうございます。
熱いハンドルネームですね!
熱く星組をごらんになりましたか!!

私の記憶からは、もう消えかけてました(苦笑)
もの忘れがいいんです!!

で、ナポレオンですが、
私は踊るレオンが好きなんで、
この作品が1本モノだというのに、
耐えられませんでした。

脚本の構造は、トップコンビに見せ場があります。
最近のヅカでは珍しい作りですね。
きっと、ねね様の芝居がもう少し上手いと、
面白かったかなあ~と思うのですが、
そこは、ねね様なんで、残念でしたね。
次の星組に期待してます。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。