スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「すみれの花咲く頃」~旧東宝劇場②~

アデューシリーズ②を書くまでに、
こんなに間があくなんて!!
コメントいただいた方々には、
お待ちいただき、お礼申し上げます。
ひとえに「時間」と「体力」がありませんでした。
必ず、返信はいたしますので、
気長にコメントを寄せていただけたら嬉しいです。

さてさて、アデュー東宝劇場の第二部。
司会はツレちゃん。

とにかく明るいなあ~

そして、出て来られたジェンヌさんも自分が知る方が多い!!

まず滅多にお目にかかれなかったミッキーさん。
見た目は女優なのに歌声はカールやん!!
素敵でした~

温かなウタコさんの「ミーマイ」では
ミミさんだけでなく、ユリよしこのコンビが!!!
4人で「ミーマイ」なんてすっごい贅沢!!


ユリちゃん。
最近の現役ジェンヌさんが尊敬する先輩で、名前をあげる人の1人になってますが、
そういう風なジェンヌさんになってるとは、20年前は思いませんでした。
ナチュラルといえば聞こえはいいけど、
つまりは「男役」からもっとも遠いスタイルを貫いてたジェンヌさんで、
しかも「未完」のまま退団してしまい、ワタシの中では
「もったいなくて残念」やったけど本人は限界やったのかも、
と思います。だからあんまりOGのイベントには出ないのかなあと
邪推してたんですが、ウタコさんに手をひかれて出てきたときは
「下級生の顔」でした!!この人もタカラジェンヌなんだわ!
と嬉しくなった次第。ツレちゃんのインタビューでも
「ウタコさんをそでからずっと見てました」と語ってたのが、
あの伝説の新公がいかにプレッシャーだったか、と
今では理解できます。色々しんどかったやろね、ユリちゃん。
そして、そのときのトップがウタコさんだったことは
本当に良かったと思います。

またルミさんが「小さな花がひらいた~もう涙とはおさらばさ~」を
歌われたとき、星組OGが、一緒にコーラスしてたトコは、
涙がでてしまいました!!
さすが宝塚。すぐその時代に戻れるとこがジェンヌさんのすごいトコです!
ルミさんの「小さな花が開いた」も実は「素晴らしかった」としか知らず、
歌のみで想像してただけなんですが、あの団結力をみれば、
良い舞台だったんやろうという想像はつきます。

髪の毛を切ったなつめさん。新鮮でした。

ヤンさんが当時まだ現役だったミキちゃんと一緒にでたのも
面白かったなあ。みはるちゃんが、そのあとに1人で出てきたのも、
現役時代の3人の変わらない関係性がでていて、
みはるちゃんが、あのときの花組トップ娘役で良かったんだ、
と思うようになりました。

ターコさま。
ああ、すいません。
最近「ターコ戻り」しました。
ええ、初恋?のタカラジェンヌがターコさんなんですが、
最近、やたらお写真や当時のLPが聴けるようになりますと、
もうだめですね。この「初めて憧れたジェンヌさん」は永遠ですわ。
ツレちゃんとのトークは、いつもはみられないターコさんが出てる気がします。

さらに「丘の上のジョニー」を歌うジュンコさん。
カメラ目線が1コマ1コマ決まってて、
本当にいつまでも「妖精」みたいな方だと感心しました。
ツレちゃんと同期なんですね!覚えました!

そして「愛の宝石」のイントロが流れ、
安奈さん登場。

珍しく歌詞を間違えたかな、と思ったんですが、
あとでツレちゃんに「目がうるんでる」みたいなことを言われ、
「この劇場には思い出があって」と語る安奈さん。
きっとたくさん、思い出されたのでしょうね。
ただ大阪弁で話すのをあまり聴いたことなくて、
これまた新鮮でした。

ショーちゃんの「愛あればこそ」
確かにこの方がいなければ、オスカルはいなかったでしょうね。
本当に飾らない人柄の方だと改めて思いました。

カンさまとツレちゃんのトーク。
まいりました。
電話のむこうで「ワタクシ、今、お庭できゅうりを植えておりますの」
なんてカンさまに言われたら、「申し訳ありません」とか言ってしまいそう。
いちいちツボにはまる方です。好きやわ~

そのカンさまに紹介されて、ツレちゃんの「セ・マニフィーク」!!
かっこええわ。

そうして、タカラジェンヌさんが旧東宝劇場にサヨナラをしたわけですが。
役者にとって、劇場は大切ですし、
宝塚は、西も東も設備の整った劇場を持つ、
ホンマに恵まれた劇団です。

年末に東宝劇場を見てきましたが、
この劇場でも、これから101年目の歴史が
作られていくんですよね。
あまり足を運ぶことはないと思いますが、
東宝劇場でも素晴らしい舞台が上演されますよう、
祈らずにいられない「アデュー」シリーズでした!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます♪

アデュー東宝、記事に書いてくださってありがとうございました!

旧東宝は私のある意味全てといってもいいくらい(ちょっと大げさかもですが(^^ゞ)思い出ある場所でした。

幸運にもこのアデューイベントの客席に座ることができまして・・懐かしく嬉しく記事を拝見しました(*^_^*)

前半は初演べるばら以前のスターさんたちで歌劇などで語られるお名前しか知らなかったので、目の前で話したり歌ったりする姿に圧倒されたり感動したり・・。

それもスターさんの時代が前に行けばいくほど声が上まで届くことにも驚きました(深緑夏代さんの声は三階席までビンビン届いていました)ジェンヌさんたちの憧れだったというのが納得の那智わたるさんや、上月さんの立ち姿にもオーラを感じました。スター力というのでしょうか。これが大劇場の空間をひとりで掴む、場を持たせる力なのかなあと・・。

後半はミッキーさんやジュンコさん、ウタコさん・・熱中していた時代のスターさんが目白押しでまさに夢の祭典でした(笑)

最後に全員が一階から三階までを見上げていた光景はいまでも忘れられません。どのスターさんにもそれぞれも思い出と惜別の表情があって・・特にペイさんとなつめさんが手をつないで三階を見ながら涙ぐんでいた姿は今でも脳裏に焼き付いています。

建物はなくなってもそこにいた人たちの想いはきっと永遠に残っていくのでしょうね。

ひととき夢の時間を思い出しました。ありがとうございました(*^_^*)

baronさま

ワタシ、このイベントに関しては、東京がうらやましかったです!!
それに、自分が関東圏に生まれていれば、
こちらの劇場が当然メインでしたでしょうから、
お礼なんてとんでもございませんです!!

それより生で観劇されたとは、まあなんてジェラシイな!(笑)
画面でみても素敵なOGさん。
本当に歌声は素晴らしかったのでしょうね。
こちらこそ思い出を書いていただき、
ありがとうございました!!
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。