スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出に風が歌い。

今年も宜しくお願いします。

はい。
「ワタシ的宝塚音楽祭」
ただいま小休止。

もう耳福でございます。

「愛の宝石」

それまで色々なジェンヌさんのバージョンを聴きました、が、
安奈バージョンを拝聴いたしました日にゃ、
ははあ。と頭をたれた次第です。

「愛の宝石」の歌詞、ワタシはタイトルにある1節が好きなのです。

「思い出に風が歌い」
はあああああ。
宝塚ならではの表現だと思うのですよ!!
風が愛を語る(違うかな?)
雲も時も流れるけど、
あの海のように君への愛は深いんだ、と
勝手に解釈しております。

宝塚100周年。
どうぞ、
歌い継がれる歌が誕生しますように。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あけましておめでとうございます

ナムタンさん、あけましておめでとうございます。

辛口だけど宝塚への愛に満ちたナムタンさんのブログ、いつも楽しみにしています。

今年もどうぞよろしくお願いします。

No title

今年も宜しくお願いします!

鴨川先生の作詞って

おとめ

だなぁ・・・って思うんですよ。

詩人というより、おとめ。

歌詞だけ読んでいても、うっとりします。

鴨川先生がこの世を去ってこれだけの年月が流れているのに

歌は決して色あせることはないですね。

No title

明けましておめでとうございます(__)

今年も色々宝塚のお話を楽しみにしております♪

安奈さんが歌われる「愛の宝石」もう最高ですよねー!

高らかに歌い甘くそして叙情的に時に哀しげに…

安奈さんが歌われると奥が深いです。

今日初詣でさっそく安奈さんのご快復をお祈りしてきました♪

おめでとうございます

昨日変な連絡をしてしまい大変失礼いたしました。今年も宝塚を見守りたいです。宜しくお願いします。(^^)

ゆららさま

今年も宜しくお願いします。

愛をなくすと、ただの辛口になるんで、
気をつけます(苦笑)
読んでいただき、ありがとうございます(^^)

千露さま

昨年中は大変お世話になりました。

鴨川先生もそうですが、
初期の先生方の歌詞は、
ロマンティックだなあと、
レコードを聴きながら思ったしだいです。

ヅカの作家には「おとめの感性」が
絶対必要だと思います!!

かしげくんさま

こちらこそ、宜しくお願いします。

安奈さんのためにおまいりをされたのですね!

ワタシも微力ながら「念」を送ります。

人の思いは必ずかなう、と思ってるので、

今年は必ず安奈さんの「愛の宝石」を

きけると思ってます!!

まめぶさま

コメントありがとうございます。

ワタシは、今年だけは「見守る」のでなく
せめていきたいと思います。
100年て、1回しかないので
楽しまないとソンだと思うからです。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。