スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清く正しく美しい娘役

花バウによせていただいた、
コメントを改めて読ませていただくに、
皆さん、本当に「いい娘役さん」を
キチンとわかっておられる。

やはり「役者」を1番観てるのは
お客さまなんだと実感しました。


それなのに、劇団はどうしても
違う方向に進もうとする。

いい役者を使えば、いい舞台が出来るという答えが
その先にあるにもかかわらず、しがらみなのか何なのか、
相変わらず「???」な人事で、観てるもののテンションを下げる
配役や、組替えを平気でやってしまう。

娘役を添え物、と思うのはメチャ違うと思うんです。
もう花娘1で、いやというほど味わいましたから。

娘役は大事です!!!

星組は、最初は抵抗ありましたが、
何のかんのいってもマーケティングしてると思いました。
計算して演じるタイプではないちえちゃんには、
計算で見せるねね様を相手役に選びました。
正反対だから、いいのかもしれないな、と。

宙組も、たとえが大阪的ですが、漫才コンビのようなもんで、
普段、仲が悪かろうが、舞台やとおもろい漫才ができるように、
舞台の上で、お互い芝居で、ぶつけ合う2人という感じで、
結局はいいコンビだと思っています。

雪は正統派。
えりたんが、あゆっちを「指導」してる姿が浮かびます。
えりたん相手になってから、あゆっちはずいぶん、舞台への
取り組み方が良くなったように感じます。

月……
ある意味娘役が必死でついていってる、というトコは
評価できると思います。個人的に好きなのでちゃぴには
頑張って欲しいです。

なんか、コンビの分析してしまいました。
いや、とにかく、誰と組むかはメチャ大事やん!
という話でした。

どうか、今、不当な人事で悩んでる娘役さんがいたら、
もう1度「宝塚に入団した頃」を思い出し、
腐らずに、イイトコを磨いてください。
舞台の神様は努力する役者を、見捨てることはしないですから。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大事です!!

立て続けのコメント失礼致します。
昔は某娘役さん(とっくにOG )を応援していた私はこの手の話につい反応してしまいます。

相手役はトップさんだけに限らず、2~3番手時代に組む娘役さんも重要だなと…
明日海さんは今回の花組公演で芝居もショーもほぼ娘トップさんとしか絡まれておらず、月組時代もあまりしっかりした女役さんと組まれてないイメージがあります。
同期のだいもんは割と満遍なくよい娘役さんと組んだりしていますが(今回の芝居も上級生が相手役)
華やキラキラは負けますが、男役としての色気や技術的なものの差を感じてしまうんですよね。

実力派が報われないのはどの組の娘役さんも同じなのかもしれませんが、花娘人事はちょっと異常ではないかなと思ってしまうのです…
New wave組の娘役さんには本当に腐らず頑張ってほしいです。

No title

本当にその通りです

地獄の沙汰も嫁次第、
主演は嬉しいけれどチケット売らなくちゃならないし、
評価は怖いし・・・悩みも大きい
ここぞという時に、いい相手役を引きあてるヒキの強さがあれば
少々「こいつ大丈夫か」な男役でも新人公演バウと成功してなんとかなっちやったりします

 宝塚のファンの中には「相手役が上手いと贔屓が引き立たない」と思っている本当のバカが結構な率で存在するのが信じられません。
 できる相手役の方が良いに決まっているではありませんか。
 寸胴だろうが、ちんちくりんでも、そんなとことが大問題だとは思いません。宝塚には世間的な美女はほとんどいませんし、(ファンは足が長くて骨顔なら美人と言い張る)仕事のできる相手役が男役本人の負担が少なくていいに決まっています。
 男役ってとても大変なんですから。
 下手な相手役はあなたの大切な贔屓の余計な練習量を増やしてさらにやつれさせて美貌を損なうだけです。

 それに観客にアレルギーのある雑音のある相手役は、私はあまり嬉しいものではありません。できればない方がいいに決まっています。

 男役本人の特性というものがあり、華奢な相手には華奢、美貌の方には美貌、歌が苦手な方にはそれなりに歌える方、踊れる方には踊れる方みたいな当然の気遣いより、関係ない事情が優先するのは当たり前みたいなのが憂鬱です。

 「どうせ長くないんだから」と、高卒や高学年のトップの相手役に、トップにしなければならない事情のあるどうでもいい相手役を突っ込まれるのも困りますし。

 好きな生徒を見ていればとにかく幸せというめでたい方以外は、やはり良い芝居を見られる、良い相手役と組んでいるある程度のレベルが保たれたコンビに足が向くのは仕方ないと思います。

 花組にはとても素敵な娘役ばかりなんですし、今後考慮して欲しいものです。

娘役あっての宝塚

こんにちは。
花バウ、本当に好評だったみたいですね!
私はチケットが当たらなくて結局行けず仕舞いでしたが…。

私も娘役は添え物じゃないという考えに激しく同意です!
疑問に思う人事が多くなってきているのに加え、最近では娘役さんの扱いも雑になってるように思います。(特にムック本、配役)
劇団は何を考えているのか…本当に理解に苦しみます。
もっと娘役を大事にしてほしいです。。。

五組のコンビ分析、なるほどと思いました。
ナムタンさんのブログにちえちゃんの名前があるとなんだか新鮮な感じがします。
すいません、ちえちゃん贔屓なものでつい反応しちゃいました…
ちえねねの相性の良さは正反対の性質なんですね!
納得してしまいました。

テルみりトップ就任時の対談で、テルがみりおんに「心を大切にしようね」的なことを言っていたのを思い出しました。
きっとお二人はその言葉通りに、舞台では心を大切にしているんだろうなぁと思います。
容姿や性格…色々合わないと言われていますが、私は個人的にテルとみりおんの並びは嫌いじゃないのでこれからも頑張ってほしいです。

えりたんと組んでから、あゆっちの目がいきいきしているように感じます。
ちゃぴも毎公演ごとにものすごい勢いで成長しているのが分かります。
是非まさおにもその流れに乗ってさらなる高みを目指してほしいです!

なんだかんだで今の五組のコンビは嫌いじゃないです。
花娘1は続投で嫌いじゃない人からも顰蹙買っちゃいましたが…
理不尽な人事は劇団の上が変わらない限り終わらないと思いますが、ちゃんとお客は努力している人を見ています。
本当に腐らずに頑張ってほしいです。

長文になってしまいましたが失礼します。

りっち~さま

ホンマですよね!
花娘をなんと思ってるんでしょうね。
そして、みりお氏。
あんまり興味なくて(スイマセン)気にしませんでしたが
蘭乃以外、きちんと組んでないですね。
劇団押しのスターなのに珍しい。
これ、考察させていただきます!

どちらにせよ、花娘をますます応援せずには
いられない私です。

えむさま

考慮しませんね。

最近宝塚の歴史のような本を読んでますが、
以前は、特に「コンビ」という概念はなかったそうですね。
きっと、ターコモックみたいなゴールデンコンビを
どうにか狙ってるのでしょうが、
いまや、選ぶほうは個人的理由優先、
選ばれたご贔屓ファンも結局は叩くだけの
争いのもとになるだけのような気がするので、
一度コンビは解消すればいいのに、と思います。
ストレスフリー。
せっかくトップになっても、
相手役に足をひっぱられては可哀想です!!
そして素人のまま勘違いし続けてる人も哀れです。
そんな宝塚はご勘弁でございます。

ちょんたさま

長文大歓迎です!
ありがとうございます。

お客様は観てますよね(^^)
頑張ってる舞台からは、熱気が伝わるし、
努力してるジェンヌさんの芝居は、
観るといいように変わっているので、
「ああ、頑張ってるな」と思えます。

本当に、花組さんに限らず、若手はどの組も良い子がいるし、
娘役さんでも、小さな役でも、表情や仕草を工夫して、
舞台の端にいながら「きちんと」芝居してる子もいるんです。
(雪のあんりちゃんなんですけど・笑)
どんなコトでもいい。
舞台にかけた努力を、ワタシは応援しますし、
そういうジェンヌさんのほうが好きです。

No title

ナムタンさま

 昔は相手役固定されていなくて、トップさんのいろんな個性を見られて、我が家でも「それでいいじゃん」という話によくなりますが(トップすら単独固定ではなかったような感じでしたし)
 それですと、最近のファンはいろいろと騒がしい上に、組内の空気が悪くなるので(お金で役を買うとか買わないとか)固定の方が平和らしいのです。
 誰が好きとかそういうのがない場合は相手役が変わるのは楽しみでもありますが。

 華があるととかないとかは個人の感得の問題ですので、劇団に洗脳されたヅカファンとそうでない一般客には温度差あります。
 私の母なんて蘭乃さん「記憶にない」とか言います(笑)
 私の友人なんてタニのこと「記憶にない」とか言います。それも劇場のロビーで「何の役やってた?本当に出ていたの?」と大きい声で言う。非ヅカファンなんてそんなものです。
 実力のなさをそういう曖昧なことで置き換えて宣伝するのはどうかと思います。

人事はベルバラ以降コンビが定着さたように思います。又何だ?みたいな人事も黒木瞳さん以降出てきてますし、歌えず踊れずだが雰囲気と度胸だけで遥くららさんはトップになりました。ただ遥さんに関しては努力したのが解ります。何も出来なかったんですから。それが大大大スターの鳳蘭の相手役。本人が一番大変。娘役に転向したし。やっぱり宝塚は男役ありきです。話題性やチケットなど考慮しないといけない。私は娘役トップの基本はこだま愛さんなんです。つまり何でも出来て前に出ず、ウタコさんが何もしなくても全部自分で出来てウタコさんのフォローをする、ような人。(^^)もう無理かもですが、私はまだ希望を持ちたいです。桜咲彩花とか星乃あんりとか伶美うららなんかに期待してます。

えむさま

返信が遅くてすいません。

固定したほうが平和ですか~(苦笑)
それでも火のないところは、で、
結局お金の話はでてきますし、
男役ファンの方は、
あの人が、相手役なんて!となることもありますよね。

ようは合う人には合う人が、コンビになればいいだけなんですけど。
難しいんでしょうか?

まめぶさま

コメントが遅くなり、すいません!

そうなんですか~
モックさん、確かに歌で「殺せる」方でしたが、
最後はターコさん相手に、堂々と歌っておられましたよね!
ミミさんが素敵なのもわかります。
最近「納得」できるトップ娘役さんて、
本当にいないんですよ!!

べーちゃん、あんりちゃん、うららちゃん、
たくさんいるすみれの花が、もっと咲きますように。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。