スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう1度観たかった「shall we ダンス?」

明日は1日だけのお休み!!
なので、温かい対策をして、
PCにむかっております。

スカステニュースで雪組千秋楽映像。

ああ、2回は観たかった!!
宝塚はリピしてこそファン!
リピするお客さまがいるから、
100周年も続いたんだと思います。

話はそれましたが、
やはり諸々の事情で、1度きりしか
観られない公演もあります。

その1度が、良かったか、悪かったかは、
芝居をみせる側には大きいと思います。
先の演出家プリズムでも上田久美子氏が、
1回観た人でも満足してもらえるように、
と語っておられましたが、まったくそのとおりです。
通ってくれる熱心なファンの方が支えてるのも事実ですが、
1度観て「また観よう!」と思わない限りは、
観客は増えません。

自分が観たとき、学生さんの団体がいました。
彼らは1度目の観劇が多いはず。
その中から「宝塚に入りたい!」と思う将来のジェンヌも
いるかもしれません。
反対に「もう2度と観たくない」と思う人もいるでしょう。

今回雪組は、まっつ休演という大きなアクシデントがありました。
どんなにショックでも、容赦なく幕は開きます。
1回1回の公演は、タカラジェンヌだけでなく、
観る側にも大事なんです。
はじめから何度も観る予定の方は別として、
その日しか観られない人もいるんです。

前フリが長くなりましたが、
「シャル ウィ~」はもう1度も観たい!と思わせる
良作でした。
正直えりたんは「豪快」なイメージがあったので、
サラリーマンはどうやろう?と思ってたのですが
普通のパパで、だんなさんで、サラリーマンでした。
普通に芝居ができるのはすごいと思います。
案外「普通の人」の演技が1番難しいんです。

それが、自然に見せられるのは、
えりたんに実力があるから。
本当に格好良かった。

あゆっちの奥さん。
あんな主婦が普通におるんやろうな、
よくわからんけど(苦笑)
この人、上手い下手でなく、なんか観せるのが上手い人だと
思います。その魅力が何なのかが、今ははっきりわからんのですが。

そして美しいちぎちゃん!!
「普通」の中で唯一違和感を感じさせないといけない、
難しい役だったと思いますが、ほんまに良かった!!
この人は芝居が上手いので、私は好きなんです。
男役女役何の役にしろ、彼女がいう台詞は心に響きます。

改めてホタテくん!
物語の進行役をなんなくこなしてて、
この子ええなあ~もっと観たい!と思わせられました。

あんりちゃん。
ひたすら可愛い!!
こういう可愛い雰囲気の娘役さんは、今の劇団には貴重なので、
どうか大切にして欲しい!!!
たとえ組替えで、誰がきたとしても
私は「伝統的可愛らしさ」を持つ、あんりちゃんを応援します。

ともみん!
ああ、ともみん!!
もう1度、あなたの演技をじっくり観たかった!!
あのくねくねした動きがたまりません。
星組での明るさと、彼女の持つ「芸風」は本当にいい風だと思います。
おいしい役をさらに自分で味付けしてるトコが好きです。

せしる。
えり子さん(この呼び方でお話してるんでスイマセン)の
強烈な演技と違い、ダンスが好きで、それゆえに必死になってた芝居が好き。
女役に転向したのがいい方向にでたなあと思います。

翔クン。
男役の顔になってきて頼もしいなあ。
代役だからと甘えの許されない舞台。
それに必死でやってたと思います。

まっつ。
私はまっつが好きだ!!
理由は芝居が上手いからだ。
宝塚ファン時代を忘れず、宝塚が好き!というのが
舞台ににじみでてるのも好きだ。
まっつが舞台に帰ってくるのを待ってます。


最後に「大介ショー」
私は嫌いですが、あのショーが好きという人の感想で、
不思議と書かれてなかったのが、
大階段の100の文字。

あれが1番の「見せ場」にしたかったやろうし、
するべきやったろうに、
あの100のフォーメーションをすぐ壊して、
次の場面に進んだので「おお!」と思う暇がなかった。
きっと2階席からなら、もっとキレイに100の文字が
観れただろうなあ~
残念。

大介氏は見せたいトコを1つにしぼって、そこにもっていくまでを、
丁寧に作っていけばいいのに。
100の文字は唯一良かった。


次回の雪組さんは「心中・恋の大和路」まで観られません。
和物の美しさを、えりたん、あゆっち、まっつでみせてもらえるのを
楽しみにしています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は旧大劇場の時代、3階席500円の時代のファンでした。
当時は自分の応援している組だけ、10回から20回ぐらいリピして
3階なのをいいことに、退屈な場面は寝ていたりしてたんです
ゴメンなさい(何処へ向かって謝っているんでしょうか・笑)。

最近は、経済事情や、自分の観劇に対する考え方がずいぶん変わってきました。

観たくても、一回しか観られないことが多々あります。

一度だけの観劇で、お客は公演を判断して当然
と思うようになってきました。


昔は
「初日だから、まぁ、こんなもんで・・・」
みたいなユルい考えでした。
(なんせ500円で3時間も楽しめる、というのが有り難かったし)

でも
今は、たとえ当日B席であっても
というか、宝塚に限らず全ての商業演劇において

「初日に出来上がってないなんてお客に失礼だ」
と思うようになってきました。

休演された生徒さんは本当にお気の毒です。
が。
生徒さん達は万全のトレーニング、準備運動をしてお稽古にのぞまれているはずです。
怪我をされるような過密スケジュールを強いる劇団がいけないのだと思います。

千露さま

コメントありがとうございます。

「初日は出来てて当然」は半分思うし、
イマイチでも、楽にむかって良くなればいいやんとも思います。
実際、自分がスタッフで参加してた公演は、東京初日大阪楽の公演で、
大阪大楽が、一番盛り上がったりしてて、
「東京初日に観た人には申し訳ないなあ」と思いつつ、
大楽は、どうしても盛り上がるんで「仕方ないなあ」と複雑な気持ちでした。

今回は良くなってくだろう雪組公演を、
リピできなくて残念という気持ちを
書いただけでなんですね。

生徒さんのスケジュールですが、
確かに、大変な人には激しく偏るかたちで、
稽古が入ってますよね。
スケ管は通常、マネージャーの仕事ですが、
管理できない「劇団」が、管理してる以上は、
絶対改善すべき点だと思います。
定年制、更新契約を取り入れてるなら、
生徒さんのための「労組」を
OGさんが作ればいいのに、とも思います。

いかに劇団が組むスケジュールがハードかは、
体験したOGさんが1番理解しるし、説得力があるからです。
と、ここで心配しても、劇団にいわないと意味ないですね(苦笑)

私も

今回の芝居は良かったと思います。何より壮さんが良かった。宝塚で普通の人を演じるのは難しい。それを目線が殆ど外に行くようにしてあって最後に真ん中見たら壮さんがいる、という感じ。ただ立ってる。でも色々感情はある。それを巧く処理してた。チギちゃん。よく研究してました。神秘的だった。夢乃さん。楽しかったなあ。あれくらい弾けていい。それに優しい。あゆさん。普通にやってた。巧く溶け込んで。ミキサーミキサー#に笑ってしまった。明るかったし。あんりちゃん。パパに尋ねられて、普通、って言ったのがおかしくて。(^^)それに可愛かった。宝塚らしい方。せしるさん。良かったなあ。千秋楽での、最後くらいちゃんとやりなさいよ!、で笑いました。間がいい。ユキエさんも毎回セリフ変えて沸かしてたし。あれなら何回も行きたかったです。ショーは。くたびれる。もっと絞ってシンプルにしたらいいのに。100はよく見えました。ただすぐ壊してしまうので勿体なかったです。ゴスペルがテーマみたいだから、宝塚オリジナルゴスペル作っても良かった。私はラテンがイマイチ。あとチギちゃんのダンスをもっと見たかった。盛り込みすぎかなと。大介先生ネタ切れっぽい(^^;かなと感じました。

なるほど

私は、ぼんやり観劇の上に近所のおばさん目線なので
あ~人文字ね!と思ったくらいで
特に印象に残りませんでした。

でも制作側目線だと、あの人文字は目玉ですよね。
100年って描けるショーはこの公演だけですし。
今更ながら気づかされました。

ナムタンさんが制作に携わられたご経験は貴重ですね。
また体験談を読ませていただけると嬉しいです。
現役でご活躍されている方達とのかかわりは
書くのが難しいとは思いますが
気長に待ってますので、またいつかよろしくお願いします。

もう一度

こんばんは。

「もう一度観たい!」と思える舞台に出会えることは観客としての幸せ、醍醐味でもありますよね。

私にとっては「メリーウィドウ」が久しぶりにそう思える作品でした。
でも一度きりでも忘れらない感動も心に残りました。

そういう幸せや感動がこの先も続いてほしいと心から願っています。

雪組、運よく観劇できましたら「100」の文字に注目してみますね(^^ゞ

まめぶさま

コメントありがとうございます(^^)
私もショーは盛り込みすぎだと思いました。
だから、メインを逃した、みたいに感じるんですよ。
全編中詰めは、コンサートだけでいいです(苦笑)

芝居に関しては、破綻もなく、
組子さんが、本当に頑張ってる熱意が伝わり、
もう1回は観たかったなあと残念に思ってます。
来年を楽しみにします♪

めいさま

コメントありがとうございます。

いや、自分が作ったなら、メインに100の大階段を
もっていくのになあ、と思ったんですよ。
そこで、雪組子が「コングラチュレーション!」と
主題歌を歌って、最高に盛り上げる、
それから、ラインダンス、
デュエットダンス、
大階段の男役ダンス、
トップの歌、
銀橋。

鴨川先生ほどの才能があれば、
全然違うでしょうが、大介氏は天才ではないんで、
「普通に」ショーを作ればいのに、と思った次第です(苦笑)

BARON

おひさしぶりです♪

「メリーウィドウ」は本当に好き!
心から観てよかったと思えました。

みっちゃんが言ったように、101年目からが
大事な宝塚。
素敵な作品が観られるコトを祈っております(^^)

訂正!

baron「さま」!
「さま」を抜かしてました。
なんと上から目線!!すいません。
直し方がわからないので、
コメント欄から失礼しました。

そうなんです

大介先生は目指してるんでしょうがタイプが違います。普通でいいんです。客に媚びを売るような二回もの客席降りもいりません。チギちゃんの場面はダンスで見せて、歌を出して中詰め。それからはナムタンさんの言った通り。もっと優雅でいいと思う。普通のショーが見たいです。大介先生は力が入りすぎ。(苦笑)もっと俯瞰で見てほしいです。

まめぶさま

わかります。
大介氏の作品が「コンサート」になったのは、
「REON」からだと思います。
あれが人気で、以降落ち着きのないショー作りに
なったなあと思っています。
今回の雪組ショーも星組ならぴったりだ、と書いておられた方がいまして、
「ああ、やっぱりな」と思った次第です。
1度の成功で、味をしめたんでしょうね。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。