スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去に伝える作品はなし。

昨日は、筆がすべり、テンションだけで書いたトコもありますが、
1番思うことは、
こうして、新しい作家さんが出てきて、
色々作品を作って頑張ってはいるけど。

さて。
この1年だけでも、
あと10年宝塚が続いたとして、
観た方の心に残る作品が何作あるかということです。

私は多分、蘭寿さんが出てたから「オーシャンズ」
ひどかったから大介ショー、くらいは覚えているでしょうが、
新しくヅカファンになる方へ、
観て欲しい作品が、さっと出てきません。

昔は知りませんが、
再演されて、良さを再確認する作品が多数あったと思いますし、
何十年と時が過ぎてもファンの方の心に残る作品は、
はるかに多いと思います。

舞台は消えものとはいえ、
人の心や、記憶に残ることのない作品が
最近増えてるように思うのです。

そして、その原因としては、
作家さん自身の引き出しの少なさ、
底の浅さは、絶対あると思います。

そして、劇団の変な海外ミュージカルへ力の入れ方。
(星組だけの来年の演目発表に正直、不快です)
今、劇団の方針事態が、今までの良さを否定しようと
しています。
本気でトニー賞にむけて、ミュージカル劇団にしようと
してるんじゃないか、とさえ思います。

もう「ドリドリ」のように、
宝塚の良さを継承していくスターもいなくなるでしょう。

100周年を前になんですが、
そういう危機感をますます感じました。

「心に残る作品、ありますか?」
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そうです

私は勝手に断言してるんですが、宝塚の真髄はもうないかなあと。だから過去10年間見なかった時期がありました。今はどうなっていくんだ?的な感じかな。オリジナルを捨てて受けるであろう作品だけをチョイスし、柚希を柱にして、宝塚は飛躍?したいらしい。でも。宝塚の良さは誰よりファンが一番知っています。ナムタンさんの危機感よく解ります。大切にしてほしい方々がいる事も。私はミチコさんが言ってらした、101年からが真価を本当に問われると思う、という言葉に賛同します。

まめぶさま

そうですよね~
100周年より、101年からが、
勝負?でしょうね。
お客様は、どこまで観てくださるか?
コーイチ氏の手腕が問われると思います。

No title

こんばんは

宝塚に限ったことではないのですが、
日本のミュージカル上演の良さは、「再演」があることです
私が自分の生まれる前の良作を実際の舞台で観ることができるのは、この再演システムのおかげです。
BWで心に残る良作が近年あるのかというと、どうなんでしょう。
実際に観ることができませんからわかりません。
ただ大掛かりで制作費が莫大な作品が増えている様子ではあります。
だから版権買えません(笑)

日本は海外に比べて普通にオーソドックスに良作を楽しめる良い環境にあると私は思っています。今年のBWの「R&J」は上手くいかなかったようですが、普通に上演できるのはもう日本ぐらいらしいです。
もっと言えば普通に上演できるのは宝塚ぐらいなんです。
女の子が演じるから許されるという甘さがそれを許しているんでしょうし、おかげでその時代の苦悩を味わうことができます。

欧州ミュージカルがやたらに入ってくるのは「安い」からに尽きると思います。実際、BWで欧州ミューの本格上演はほとんどないと思います。「ミッズ」くらいですが、RSCでの成功があったからの上演なので。
時間と労力かけるより安い出来上がったものを買ってくるという安易な方向に走っているのは、ちよっとどうなのかなと思います

安い版権の欧州ミューだけではなく愛され続けている昔の作品、例えばスタンダードナンバーになっているミュージカルナンバーの入っている良作を上演できる土壌があるのは日本の良いところだと思うのですけれどね。ショーで知ったナンバーがもともとこの作品の曲だったんだと知ることができるのは楽しいですよ。

韓国には「ウェルテルの恋」や「三銃士」のように繰り返し上演されるオリジナル作品があります。
宝塚で言えば「うたかたの恋」や「あかねさす紫の花」みたいなものでしょうか。
日本ではそういうオリジナルミュージカルは宝塚以外残念ながらありません。
ファンがまた観てみたいというような作品を作っていただきたいですね

えむさま

そうなんですよ!
一番書きたいことを、ご理解ありがとうございます。
宝塚だから。
宝塚でこそ。
海外ミュージカル、おおいに結構ですが、
まずは、心に残り、また観たい!と思える
「オリジナルミュージカル」が観たいのです(涙)
その実力のあるジェンヌさんはいるのに、作品がない。
海外作品もいいのですが、
自国の作品から、やっていただきたいな、と。
「ナポレオン」は、その「実験作品」になるんでしょうが、
成功して、コツコツ実績を積み上げてこそ、
いつか「トニー賞」も夢ではない「宝塚」が
できあがると思っています。

ご指摘、感謝いたします。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。