スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温かな群衆劇~「shall we ダンス?」

最初に思ったのは何故に今更、
ヅカで「シャル ウィ?」ということでしたが、
なんや、東宝配給で、監督の新作も東宝配給やから、
番宣みたいなもんか~と納得。
なんか記念イヤーとかいいつつ、
結構作品選びに現実的な宝塚のえらい人。

周防監督なら「変態家族兄貴の嫁さん」と
「それでもボクはやってない」が面白かったです。
「シャル ウィ?」は日米両方見ましたが、
洗練されてたのはアメリカバージョンでした。

プログラムを読んで、小柳氏は、この作品を発注されて
作ることになった、というコト。
そして作るからには「逃げない」という気持ちで
挑んだという姿勢に、作り手として好感がもてました。

そして出来上がった作品は、実に原作に忠実な、
いい作品になってたと思います。

東京公演は完売も納得です。

この作品、主婦受けはいいと思います。
目線もオトメ目線で作られてるし、
奥さん方には、日常のふとした瞬間、
あなたを疑ってしまうコトがあるわ。
でも許してあげる。あなたを1番理解できるのは
私だから。

えりたんは、豪快なお役もお似合いですが、
実直な人間もお手の物。
この学年でなければ出ないであろう、
男の哀愁、包容力がすごく出てました。

ホタテくん。
代役とはいえ、上手かったです。
これからが楽しみな生徒さんです。

ともみん!!
彼女が雪にきて、本当にスパイスになったと思います。
もともと「もうけ役」ですが、
そこにともみんの味付けが加わり、
あの動きは何?と笑わせてくれます。

せしるも同じく、えり子さんに負けない
「おばさん」ぶりを発揮してました。

探偵にわにわもいい味を出してるし、
雪組がまとまってる印象をうけ、
観てても良い感じでした。

ただ1つ。

トップとか2番手とかは無視にするなら、です。

すいません。

トップはえりたんというのは、わかるんです。
が、この台本は、宝塚でなければ、佳作です!!
でも番手に、うるさいくらいこだわってきた
劇団の作品としてみるなら、
トップ娘役のあゆっちが、普通すぎます。
2番手のちぎちゃんにできる役はなかったのか?

エラは本来はトップ娘役がやるもんだろうなあ
と思うのですが、あゆっちではダメだったんでしょうね。
可愛い奥さんはお似合いでしたが、
これがトップ娘役です!といわれると
なんかなあと、モヤモヤしました。

小柳センセも苦労してるよね~(涙)

今度は番宣なんかのしがらみなしで、
良いオリジナル作品を彼女に書かせてあげて下さい。
彼女は、どの層が宝塚をよく観てるか、
キチンと把握してる人です。
演出でなく、制作さんタイプですね。
良い仕事すると思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱりなあ

いいとこ突いてます。(笑)宝塚でエラをやるのは結構冒険。私なんか別の方想像してましたから。どなたかがチギちゃんの立場を考えるべきとありました。これは宝塚で何をやるべきか?に繋がります。大変なんだな宝塚。でも私の感覚から言うと普通のキャスティングですよ。ベルバラ以前はこんなんばっかりだった。劇団は劇団が敷いたはずの宝塚基盤から外れています。それで言うなら、??になります。でも当然ですが、話題作りの為持ってきたに違いない企画。私はよくやってると思いたいな。友達が、これだったら見てもいい、と言いました。今や宝塚は選択する時代なのかも。ナムタンさんが書かれた人物全て良かった。ホタテ、せしる、ともみん、あゆっち、そしてチギちゃんも壮さんも。ジョセリンは難しい。よくやってます。そして今年最後温かな作品。今や宝塚は東京で受ける事だけ考えてますから。でもオリジナル性もあり。小柳さん私は好きなんで、よく役目を果たしたなと(笑)思ってます。(笑)

まめぶさま

コメントありがとうございます。
雪組の皆さん、いい芝居をされてましたね。
もう1度観るので、楽しく観たいと思います。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。