スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シャンゴ」~構成にワクワクした!~

「光の神 シャンゴ。
アフリカのヨルバ族が愛し恐れる光の神シャンゴ。
閃光で悪を罰し、雨で恵みをもたらす光の神シャンゴ。
彼らはシャンゴの神と、その祈りであり言葉でもある
太鼓のリズムをもって、新大陸アメリカへ
キューバ、ハイチ、ブラジルへと渡ってきたのです。
そしてそのリズムが現在のジャズを産み、
世界の隅々にまで流れ、いまなお音楽の源として
生きているのです」


これが、スータンさんの歌声に重なり、シャンゴ(スータン)に
祈る声はリズムへ、それが労働歌に変わる。

原住民たちは木を伐り、伐採の合唱が最高潮に達したとき、
4本の大木がどっと倒れる。

第3場までは「ジャングル」のシーン。
第4場は海。
船が川を下り、海へと漕ぎ出す。
第5場。アメリカ。白一色のビル。
スウィングする男女。
おなじみ「バナナボート」はここで使われる。
安奈さんは「フォー ミー」を歌い、絶賛される。

ラスト。再びジャングルへ場面はもどる。
シャンゴをたたえる合唱でフィナーレ。
(「安奈淳物語より一部抜粋させていただきました)

「ドリドリ」の構成は「シャンゴ」の構成に近いかな?と思う。
オギーは、かなり鴨川先生にオマージュをささげて作ったんやなあと。

これが昭和に上演されたことに驚く。
当時の見聞きする、華やかな夢の世界のレビューとは
真逆だから。
しかし、これを観た師匠の高木史朗先生は
「彼は宝塚の新しい窓を開けた」と絶賛したという。

鴨川先生の資料、ホンマに少ないです。
かといって「シャンゴ」を簡単に再演して欲しくない。
困ったもんです(苦笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

華麗なる千拍子(CBSソニ-)
という実況盤を中心とした。LPレコ-ド集に良い音ではありませんが音源が残っております。
家はハードが不備な為ダビングできませんが、ご希望でしたらLPをお貸しすることはできます。

そう!

メモリーズオブユーでも、アムールド99かな?タイトル忘れました。(^^;どちらも鴨川清作に捧ぐ、とありましたが全然違います。音楽が同じだけです。雪組で今使ってるココナッツウーマンは殆どがアフレコでした。壮さんは歌ってます。初めて聞きました。(^^)真帆さんは確かナマやったと思います。あの踊りで歌うって相当ですよ。最近ノバボサノバでは歌詞が差し替えられました。#クロンボも白も黄色も#をどんな人でも、みたいな歌詞に変えてしまいました。ギリギリですが差別されてるからこそ、カーニバルの時は関係ないんだ、となるはずなんです。あれを聞いた時はガッカリしました。ザ・フラワーをDAD公演で再現してましたが、はっきり言ってもっと凄いエロでした。今あそこまでやると引っかかるんじゃないかな。今鴨川さんがいたら宝塚辞めてるかも。斬新な方だったから。だから素敵なレビューを作れる方なのに嫌がってた。私は小作品ですがインスピレーションというショーが大好き。ここにも混じり合えない男女が出てきます。鴨川さんの中には男と女、人種、交わらないけどそれぞれ生きてるんだってメッセージを発信してた気がします。古い文献読むと涙が出てきます。(ノ_・。)

Re: タイトルなし

ありがとうございます。
うちはレコードプレーヤーがないので(涙)
環境が整ったときは是非お願いします。

まめぶさま

コメントありがとうございます!!
まめぶさまの文章だけで、なんかテンションあがりました(笑)

鴨川先生、ホンマにすごいですね。
みてないだけに、すごいしかいえないのが
悔しいです(苦笑)

雪組はまだいけないんですが、
ココナツウーマンを心にとめておきます!

最後に。
鴨川作品には性別へのこだわりを感じてました。
「ノバボサ」に限らず、先生ご自身の思想なのか。
宝塚にインスパイアされて「ジェンダーフリー」に
こだわったのか?そういうコトもホンマに知りたいです。

ノバボサノバ

で、マダムガートのクラブが出てきますがあれはレズビアンバーでした。見ただけではっきり解る構成でしたよ。だから全編ドキドキしたもんです。今なら発禁もんじゃないでしょうか。とにかく男は男、女は女。でもエストレーラにはあまり性格を入れてませんね。初演からその点を指摘してる記者がいました。あまり興味がない、みたいな。私にもブリーザの方が解りやすかったです。ソールが何故エストレーラを好きになったかの過程も無いですしね。あんまり掘り下げなくてもいいんでしょうけど。(^^)

追記

書き忘れましたが、壮さんは歌ってはいますがシャンゴの場面はやってません。歌だけです。ただナマ歌は初めてだと思います。(^^)

南部ダイバーさま

コメントありがとうございます。

意味を求めるだけの価値あるショーという点では
「ノバボサ」は大いに語られるべきだと思います!!
難しいですけど(苦笑)
ゆっくり探求したいと思います。

まめぶさま

訂正ありがとうございます。
とにかく来月行きます!!
楽しみです♪
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。