スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植と上で大違い?上田先生に期待する!~

「ワタクシはくりえいたあ」の植田ケイコセンセの
登場以降「演出家プリズム」は楽しみ。
稲葉センセのは録画したまま、みてないけど、
今日、帰宅したらスカステで放送。
上田久美子先生の登場。なんとなく観てた。
なんか「下北の演劇人」みたいな感じだったけど、
話す内容が「まとも」!!だった(涙)
しかも普通に演劇の話や芸術の話をしてる(涙)


いままでスカステで、座付き作家の話をまともに聞けたのは、
柴田先生、イケコ、岡田敬二先生くらいかなあ~
なんか、余分に個性的すぎて、
内容がない大御所とか、エロエロしてるだけの人とか、
「本当に演劇やってます???」みたいな方が
宝塚に多く存在する中、この上田先生は、期待できると思った。
素地がキチンとあるし、わざわざ海外にまで行って、
書いた作品がコレですか?みたいな自慢もなく、
普通に宝塚を「演劇」として考えてる。
「1回観ただけで面白いといわれるモノを作りたい」
すごく基本だと思う。

今回好評だった「月雲の皇子」の台詞ひとつにも、
歌舞伎が下敷きになってたりするらしく、
聞いてても、「へえ、そうなのか!」と、
作品作りに取り組む姿勢が嬉しくなる。
「月雲の皇子」本当に面白いんやろうなあと思った。
DVDにしないかしら?
そうそう、上田先生は会田誠の作品展に感銘を受けたとか。
そこで、さらに好きになる。

「翼ある人びと」は絶対観よう!と思いました。
どうか劇団は、こういう作家さんを大事にしてください。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どうか荻田先生のように期待されつつ退団なさいませんように(祈)。
(-人-)祈

りやさま

そう思われました?
ワタシも失望して、退団されるんじゃないか?
という不安があります(苦笑)
どうか、ワタシが劇団を変えてやるわ!というくらいの
根性で、書いていただきたいです。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。