スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守ってあげたいテルバトラーと男らしいまなとスカーレット。

宙組「風共」観劇。

さっと感想を書きます。

「百聞は一見に如かず」でした。
発表時は、まなと、カイでスカーレットなんて!!
などと怒ってましたが、
さすがタカラジェンヌ。プロです。
幕があいたら、そんなのど~でも良くなった。

脚本には期待しません。
植ジイですから。
まともに台詞を聞いてたら、笑えてきました。
「お国のために」という台詞が、
いったい何回でてきたか!!
「おくに」「おくに」「おにくのため。あ、ちがった」というのは
三谷幸喜の「笑いの大学」ネタですが、
もう「国民演劇」を聞いてるかのような台詞のオンパレード。
でも、お客様、笑わないから、声に出しては笑えませんでした。
その変わり、違うポイントで、ドカドカうけてたんですよ。
「くそばばあ」とか「ばあさん」とかいう台詞に。
アレは何故ですかね?
観てる方も年齢的には、笑えない世代(以下自粛)
あれは不思議な笑いポイントでした。

さて。
そんな植田作品は「笑い」のフィルターを通してみてるワタシですが、
今回「男役盛りに、スカーレットかよ!」と思ってたまなと君が良い芝居してました。
男らしいんです。男勝りでなく。良く言えば「新しいスカーレット」だなあと思います。
(歴代のスカーレットを観てないんで)
「今の自分が演じるのはこのスカーレットなの!」という
いい意味での開き直り感が好き。
スカーレットⅡのせーことの息もあってて、
宙組の「コンビネーション」の良さを感じました。
台詞のやりとりで、笑いをとったスカーレットコンビは初めて。
ワタシは良いと思いました。

テルバトラー。
見た目は完璧。なのに、どうしても「男役スキル」のなさが目立つ。
包容力が必要なバトラーが「守ってあげないとやばい男」に見えます。
しかし。テルは投げ出さないとこがいい。
男役のスキルが低いなりに、下手でも踊るし、歌はよくなってるし、
次回はオスカルなんだから、今、バトラーをやりきればいいと思います。

みりおんメラニー。
もうテルの相手役にムリしなくて良いと思う。
彼女は彼女でメラニーを頑張ってた。
芝居心はある人だし、歌えるし踊れるから、
今、宙組でみりおんにできることをやればいいと思う。
エトワールもしたし、扱いは良かったのではなかろうか?

ともちん。
何が1番辛いって、この公演で彼女がもう、
宙組からいなくなる、という現実です。
次回、行っても、あの大きな男役はいない。
本当に哀しくて。出てきただけで涙。
アシュレはともちんのニンではないので、
全然合わないし、本当に彼女をないがしろにしてる!!
という憤りを感じますが、
ともちんは、立派に舞台をつとめています。
銀橋もわたったし、
「セイントルイス・ブルース」も、真ん中で踊る彼女は最高です。
ワタシは、ともちんを目に焼き付けるために
また行くつもりです。
たとえ「国民演劇、お国のため!」であっても。

キタロウ。
もう彼女に「女装」させるのは今回でやめて欲しい。
彼女は「男役スキル」が高い。
女役は、タカラヅカでなくてもできる。
タカラジェンヌをやってる今こそ、色気ある男役を
彼女には演じて欲しい。
ベルは、イマイチでした。つうか、あんな大女が売春婦はアカンやろ。

覚えてるうちに、目だった事柄を書きました。
今回はトップと役柄に「モヤモヤ」した違和感が不思議となかったんで、
前回みたいに書き直すことはないです。

今、宙組はカオスな状態で、誰をどのポジションにするんだ、とか、
色々模索してる時期なんだと思うんですね。
だから、男役盛りに女役させたりしてるワケで。
このカオスを乗り越えて、宙組が解体のうわさなど吹き飛ばし、
生え抜きのトップを、誕生させるべく頑張っていると信じたいです。

ともあれ、ともちんを観に行きます。
初日ということもあり、
雑感程度に書きました。
楽日には、よくなってるかもしれません。
舞台は、何があるかわかりませんから。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スカーレット♪

ナムタンさん、こんばんは!はじめまして(^.^)

最近ブログを読ませて頂いてます。大変面白く共感する事が多いです。特に安奈さんに関するところで…。私は安奈さんのオスカルが一番だと信じておりますがスカーレットについても然りです!どこがと言えば自分の事よりタラや家族を守ろうとする意気込みや男を利用しようとするが頼ろうとしない凛としたところがピッタリでしたよ!

かしげくんさま

はじめまして。
コメントありがとうございます。

スカーレット。
そうですよね。宝塚版は
「土地を守る」というコトに重きを置いた、
まさに土着的女子といいますか(苦笑)
人間的な「強さ」がだせるジェンヌさんが似合うんですよね~
きっと安奈スカーレットはキレイ、かつ
強かったと思います!!
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。