スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バレンシアの熱い花」新公より~春風弥里考~

スカステ観劇。
泣いた。
それは、春風弥里が素晴らしかったからであり、
出演者の一体感が、感じられた舞台だったからである。

本公演「バレンシア~」は、タニがあまりに「大和悠河」であり、
決して役にはなってなかったこと。
陽月氏も、お世辞にも上手いといえない歌声の持ち主だったこと、
それらが、期待されてたぶん、がっかりなお披露目だった。
救いはとむみちだったのだが。

初演DVDをヅカ先輩にみせていただき、
本来の「バレンシア」は、良作であったこと、
また柴田先生の脚本集を改めて読み、
改悪されてしまったこと、などが失敗の原因と理解。

しかし、新公は良かった!!

まず、みーちゃん。
歌はまだ発展途上ながら立ち姿が美しく、
フェルナンドとして、敵討ちをするまでを
キチンとみせてくれた。
アリスちゃん。
かっこいいイザベラ。柴田作品でも好きなヒロインなんだが、
颯爽と演じている。かつ美しい。
チギちゃんのラモン。芝居巧者は、すでにあったんだなあと思うウマさ。
ロドリーゴ大ちゃん。スタイル、顔、ともにきれい。
今の雪での処遇がもったいないと思う。
また、たっちんのセレスティーナ公爵夫人の美しさ。
歌わないのが残念。
とにかく、この時の宙組メンバーはすごくないか?

芝居も初演に近い。
何より、みーちゃんの芝居の確かさには脱帽。
目が利く人というか、色気のある目をしてる。
こんなに出来る人が、辞めていく現状を思うと、
なんだか泣けた。

みーちゃんなら、バウの主役もできた。
集客第一かもしれないが、
少なくとも、彼女なら、コメディでも悲劇でも、
「観客に感動を与える作品」をみせてくれたと思う。

彼女の「アンドレア・シニエ」での
モランの役作り「決して黒い役ではなく、時代によっては彼は白です」
という意味のことをナウオンで言ってるのを聞いて、
そう、芝居は、善と悪の二極化しかないなんて
単純なものでない!それがわかる、若い役者さんは
なかなかいないので、本当に嬉しかった。
と同時に、こんなにも与えられた役を的確に理解する人が、
辞めなければならない、劇団ていったい……と、
本当に悔しくなる。

みーちゃんは、数々の素晴らしい舞台をみせてくれた。
しかし、劇団はどうしてか実力ある人を、拾ってくれない。
彼女の作品をもっと観ようとDVDを探してます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ミーちゃんは芝居の巧い方でした。それはカサブランカからも解ります。私はユーヒさんが宙組に来た時からしか解らないですが、サッシャ役からきちんと芝居ができていたし、ダンスも的確。あとジュシャントがスカステで放映されれば是非見て下さい。主役の凪七とは反対側のナチス。しかもアリスちゃんに恋する、という色濃い役を実にうまく演じています。フィナーレも素敵です。一度でいいからバウ主演してほしかった。彼女なら明るいのも暗いのもコメディもやれたと思います。バレンシアの新公は初演に近いものでした。フェルディナンドの精悍さ、優しさ、熱さ。素敵でした。何故退団なんでしょうか。悔しいです。(>_<)ヴァレンチノでもいい芝居してますよ。

みーちゃん

昨日 東宝にて 花組公演 観劇しました。噂の春風みーちゃん の 舞台 初めてみて ノックアウト!(表現昭和?)ナムタンさん おっしゃるとうり、 男役の 色気ありー お芝居 的確そして 歌 うまいし ダンス美しく 笑顔が とても 明るい! 男役の ために 生まれてきたような…何故 退団…なぜ とめない…本当 泣けます…

同感!!

もう、みーに対してはまるっと同意です。
主演、ほんまバウだけでも見たかったと思う一人です。
バレンシア~はたまたま本公演と新人公演どちらも見ることができたのですが、3拍子揃った実力の中でもやはりお芝居がずば抜けて印象的でした。

本公演では1シーン、酔っ払って女子たちに絡むだけの役なのに声がしっかりしていて間が素晴らしく。「この人たったこれだけのシーンなのに何?うまっっ!」となったのを覚えています。

1番のご贔屓ではなかったけれど、出てくるたびにワクワク感のある男役さんで。

劇団に対してのモヤモヤは尽きませんが、再来週の観劇で最後の男役姿を目に焼き付けてきます!

南部ダイバーさま

コメントありがとうございます。
「ジュシャント」は良い作品ですよね!
これについては、また書きます。
ありがとうございます。

ふじりんごさま

東京公演、ごらんになられてうらやましい限りです!!
蘭寿さんの発表もあり、結構落ち込んでるんですが、
こうして、教えていただけて嬉しいです!!
ありがとうございます。

きよさま

コメントありがとうございます!
みーちゃんは、絶対バウ主演ができたと思うんです。
1作、1作、大事に演じてきたみーちゃん。
東京公演、目に焼き付けてきてくださいませ!

ジュシャント

フィナーレが特に評判で凪七のファンの方も「あの、フッ!、の所がいいのよ」と言ってました。バウで落ち葉のしらべが見てみたかったです。(ノ_・。)

まめぶさま

「落ち葉のしらべ」は、観た方から教えていただいた公演
なんですが、お話を聞くとすっごく切ないお芝居!!
観たい、と思うのは同意でございます。
ねえ、できる人はいないのかあああという思いです。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。