スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めて、音月さんと舞羽さん。

スカステで、さきほどまで「仮面の男」観てました。
大騒ぎの公演だった、というのはココではおいといて、
この2人は「コンビ」で観たかった貴重な存在だったと改めて思う。

ワタシは音月氏が苦手だった。
アイドルのような、タレントのような
そんな「うわつき感」がどうもジェンヌっぽくなくて。
それを中和した存在がみみちゃんだった。

お披露目から苦労したコンビだったけれど、
1作、1作、音月氏についていくみみちゃんに
好感をもっていた。

しかし、コンビらしくなったところへ音月氏の退団!

「仁」に足を運び、実際にこの2人を観たとき、
「もっと観劇すればよかった」という後悔におそわれた。

この2人がもう少し組んでいれば、
きっと良い作品を作れたと思うんだなあ。
なぜかというと。
今、娘役が男役を「心から」信頼して
ついていってるコンビ、いないと思う。
そういうの、舞台をみてたら伝わるし。
どちらかの一方通行。コンビなのに片思い。
(あゆっちは、何とかついていってる感じはしますが)

男役がいる宝塚において、
娘役という存在は、その人を輝かせる大事な役者さん。
また娘役自身も輝く存在であれば、なお見ごたえがあるというもの。
だから、コンビって大事だと思う。
コンビいかんによって、舞台が良くも悪くもなるのだから。
昔は、特定のコンビを組まなかったそうですが、
それは、個々がすでに役者としてできあがってたから、
そんなにコンビの重要性がなかったのでは、
と、昔の舞台の映像を観ると思うのです。

今、個人で「芸」のあるジェンヌさんが
非情に少ないこともあり、コンビに重要性が
あると感じるこのごろ。

音月&舞羽で、これだ!という決定作が「フットルース」であり、
しかも「映像」に残ってないというのが、はなはだ遺憾です。

もったいないと思いました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

美海ちゃん

私は音月は好きでした。アイドルっぽさが持ち味でしたが、歌にかなり力がありました。ルキーニでほぅ~っと思った1人です。(^^)美海ちゃんは残念ながら殆ど知りませんでした。あのロミオとジュリエットで知ったんです。見るまでどんな人かなあと思ってたんですが、まあとても素直。純粋であの若さ故の頑固さ、透明感など素晴らしかった。夢を見る少女になるようメイクもかなり工夫してました。夢華にも気を使い優しかった。その姿が健気で。黒い瞳を見て音月の側で笑ってる彼女が好きでした。ただ仰る通り「代表作」が殆ど無かった。ロミオとジュリエット、そしてやはり仁、かなあ。仮面の男の本の悪さには呆れましたしね。仁、で2人の相性の良さが解りましたし、最後紋付き袴で挨拶した時美海ちゃんが泣いたのも気持ちが解ります。あの時いつも明るい音月さんが泣いたのも。もっとお芝居させてあげたかったなあ。劇団はもっとトップを大切にしてほしいです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ローズモント夫人さま

お気になさらないでくださいませ!
また、宜しくお願いします。

マメブさま

私も千秋楽の2人の涙には、心をうたれました。
本当に宝塚が好きだったんだろうなあ、と。
「コンビ」として、もう少し観たかったです。

ユリです。こんばんは!

実は、私は個人的に音月さんも舞羽さんも苦手でした。
音月さんに関しては、ナムタンさんとまったく同じ理由からです。
ちょっとうわっついた感じというか、若い男の子でいうちゃらちゃらした感じが品性に欠けるなぁと思ってました…お歌はお上手だったのは確かでしたが^^
舞羽さんは、これは完全に主観ですがまずビジュアルが苦手でした。セルフメイクも舞台化粧も老けて見えたのが残念。お歌も高音がキンキンして聴きづらかったのが、苦手な理由でした。
ただ、舞羽さんの音月さんを慕う気持ちはしみじみ感じていましたし、「ちょっと大袈裟じゃ・・・媚うりすぎやしないか?」とまで思ったこともあるほど『音月さんラブ!』感を出していたのは事実だなと思います。
コンビとしては、理想の関係だったことは確かだと思います。

うれしいです。

キムミミへのおことば、うれしいです。ありがとうございます。

アメブロ時代から読ませていただいてますが、コメントは初めてです。

キムさんファンの私としては、ナムタンさんのキムさんへのきびしいお言葉にそれなりにへこみつつ、たしかにねぇ、トークが下手なのよねぇ、かるくきこえちゃうのよねぇ…でもでも、舞台にとりくむ姿勢はひたむきなのよ、アイドルっぽいけど実は骨太なのよ!と心で反論しておりました。

退団時のミミちゃんの涙を拭うしぐさをほめる記事を読んだとき、とてもうれしかったことをおぼえてます。その記事がきえてしまったことは残念でならず。

キムミミのデュエダンが大好きでした。お互いを思う気持ちが伝わる、幸せをくれるコンビだったと思ってます。それだけに、これが代表作!といえるものがないのがとてもかなしいです(フットルースが映像としてのこらないのが残念すぎる…でもあれもキムミミというよりはキムまつが素敵だったような…)。

いつも読ませていただくばかりですが、大好きなキムミミをとりあげてくださったので、つい。

ナムタンさんのきびしいおことばには確かにへこむこともありますけど、でもマンセーばかりでは精進もありませんから。

いいものはいい!と率直に伝えてくださるのもナムタンさんのブログの魅力だと思ってます。
絶対にナムタンさんがほめずにはいられないような舞台をみせてくれるはず!。大好きなスターさんを信じて、これからも宝塚をみつづけていきます。

更新を楽しみにしてますね。

ユリさま

コメントありがとうございます。
コンビという点では、このお2人、惜しいなあと思いました。
信頼関係とか、色々難しいですもんね。

はるこさま

自分のブログの趣旨を理解していただいたこと、
本当に嬉しく思います。
決して貶めるために書いてるのではないし、
素晴らしいものが観れたら、素直に書く。
それが自分のスタンスなのです。

私はあの、「男役として」最後にみみちゃんの
涙をぬぐってあげてた音月氏を本当にかっこいいと
思いました。最後までプロであり続けたと思います。

キチンと意見を言っていただいて、本当に嬉しいです。
ありがとうございました!!!
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。