スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お休み。

しばらく更新をお休みしてたコトで、
心配のメールをいただいたり、
コメントをよせていただき、ありがとうございました。

余計な憶測を呼ばないためにハッキリ書きますと、
中傷コメント、批判コメントに悩んでおりました。

ある日のことです。
仕事を終えて、パソコンを開き、
「ブログを書くな云々」のコメントを読むと、
私も人間ですので、「じゃあ消してしまえ!」
と怒りのままに、削除してしまいました。
顔のみえないモノを相手に、
何故ここまで人間は残酷になれるのか?

自分が書くのは万人に好かれたいからじゃない。
宝塚が好きだから書くだけだ。

そりゃ、ご贔屓が悪く書かれていたら、
気分も悪いと思う。そこは私も配慮が欠けていた。
だが、宝塚はお金をとって、舞台を観せている、
立派な商業演劇だ。そこで活躍するからには
プロの仕事をみたいと思う。
まして「おいおい」という演技をみせられた日には、
働いたお金で買ったチケ代に激しく後悔する。
批評されただけでつぶれるジェンヌであれば、
しょせん、それだけの器でしかなかったというコトだ。
それだけ厳しい世界であり、
厳しいからこそ、タカラジェンヌの存在意義があると思う。

私は良い舞台は本気でほめる。
悪い舞台は「何故悪いか」を分析する。
そのスタンスで書いてきた。これからも、それは崩さない。
また96期問題も、劇団がなんらかのアクションを
起こさない限り追及する。

休んでいた間に学んだこと。
私を叩く人は何を書いても叩くし、
きちんと読んでくれる方は読んでくださる。
それだけだ。

ただ「怒り」の感情で、いただいたコメントを消してしまいました。
コメントをいただいた方には、本当に申し訳なく思っております。
また、色々励ましていただいたアメブロの方々、読んでいただいてた方々、
本当にありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

この前は丁寧なコメントへのお返事、ありがとうございました!
最近ブログの更新がないな~と思ってたら、そんなお辛い事があったんですね…

誰がどう言おうと私はナムタンさんのブログが大好きです。
いつも誰も言わない、言えない問題を取り上げているからです。
そしてその言葉には必ず宝塚への愛を感じます。
何よりジェンヌさんをよく見ているのが文面から伝わります。

これからも辛い事もあると思いますが、
応援してします!
それでは失礼します。

そうでしたか

いつもたのしみにしております!
なむたんさんの更新がなく、今まで書いた記事がすべて
無くなっていたので、何かあったのではないかと
心配しておりました。

わたしの知り合いだったかたも、ひがみや妬みで
インターネット上で、写真をばらまかれたり、名前のせられたりして人が信じられないと傷ついた方がいました。
顔が見えないからこそ、の恐怖はそういう不特定多数
だれともわからない方からの、凄まじい攻撃と言葉の暴力です。
それだからこそ、わたしたちもマナーというのを一層
まもらなければいけないとおもいます。
なむたんさんの傷心や気苦労や怒りは私にはとても想像できませんが、
なむたんさんのブログの記事が消えてしまったことが
私的には傷心です。

ブログといっても、なむたんさんのいままで歩んだ
大切なあしあとです(´;ω;`)

批判する方もいますが
私とか、ほかの応援して見ていてくださるかたもたくさんいいらっしゃるかとおもいます。
どうか、かわらずまた、なむたんさんらしい
あしあとをひとつずつ
残していってください。

いつもこっそり応援しています。


いつも楽しみにしております

ナムタンさま

私は、物書きではありませんが、ものを作る者ですので、なんにせよ、書いたり、作るという行為はそれ相応の敬意があります。
その上で、今回ナムタンさんが、自分の書いてきたものを削除することになったのはとても哀しいことだと思いました。

ものを作ったり書いたりする以上、皆さん命がけだし、発言にはとても勇気がいると思います。
その勇気がなければ、世の中は良くなっては行きませんし、同調のみがもてはやされていくと思います。

意見があるのなら、敬意をはらって正々堂々と述べるべきですし、中傷などで済まさないことだと思いました。

ナムタンさん、これからも堂々と頑張ってください。

何日も更新が無かったのは、そういった理由があったのですね…。
私もアメブロで、いい舞台、いい芝居をした時は以前否定的に批評したジェンヌさんでも評価しますし、まったくもって変化・上達のないジェンヌには厳しい批評をします。
ナムタンさんと同様に、『人様からお金をとって、そのお金で着飾って舞台に立っていられるのだから、お金をとるからにはプロの仕事を見せて欲しいし、それが常識』と思っているからです。
お金をとるだけの責任が生じるのだから、舞台人は批評を受けてなんぼのもので、都合のいい誉め言葉だけ鵜呑みにして否定的な批評は受け流してしまうようなジェンヌはプロではないと思うのです。否定的な批評を受けたら、真摯に受け止め改善するために努力する。その努力はかならず次の舞台で活かされます。
そういう謙虚で自分に厳しいジェンヌが減ったことが残念です。

またこれからも更新を楽しみにお邪魔させていただきます^^

おはようございます。
ある日こちらに来たら過去の記事が全て消えていたので何かあったのかしら?と不安に思いました。

ナムタンさんの記事は本当に宝塚のことを思って書かれた記事だと思います。

月組公演を観る前は、少し言い過ぎなのではと感じていた時もありましたが、『ルパン』『Fantastic Energy』を観た後に友人が「龍さんオーラ全くなかったね」と言った言葉は今でも覚えてます。
台詞は聞き取れないは、みっちゃん、マギー、越乃さんに全部良いところを持ってかれ、どこを評価すれば良いのか…と言ったところでした。
ナムタンさんがおっしゃっていたこと、そのままでした。

今までは役替わりで何とかなっていたのでしょう。ただ明日海さんが異動した今、ただ一人月組のトップとして今の彼女の姿はお世辞にも「これが宝塚のトップスターです」と言えません。(というか言いたくないです)

96期生についても今からでも遅くないと思うのできちんとした対応をしてもらいたいです。

こちらはお金を払って観ている訳ですから、それに見合うだけのものをきちんと見せて欲しいと私も心から思います。

長くなり、自分でも何を伝えたいのか分からなくなってしまいました(^-^;
これで失礼します。

楽しみにしてます

こんにちは。
ほとんどコメントを出さないものですから『名乗る名前』を忘れちゃって出そうか出すまいか...と思ってましたが、すっかり削除されてるようなので、心置きなく送信いたします(苦笑)
コメントのみならずメールでも追ってくる嫌がらせに閉口から心が折れてたようで慰めの言葉もかけれませんが、私のようにイヤ私以上にナムタンさんのブログを楽しみにしてる方達がたくさんいらっしゃると思います!!!!
すっかり遠ざかってる宝塚ですが、テレビと舞台で目に残ってた蘭寿とむや甘甘でない作品&舞台への想い、感想にはまっております。
これからも同じスタンスで長く続けて欲しいです♪

Re: こんにちは

温かいコメントありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。

Re: そうでしたか

本当にありがとうございます。
ご心配おかけいたしました。
友人にも相談しましたが、
結局は自分自身なんですよね。

また更新していきますので、
宜しくお願いいたします。

Re: いつも楽しみにしております

はい!
そうなんですよね。
書く(作る)までに
色々考えて、作業しますものね。
いままでとスタンスを変えずに、
出来る限り書きたいと思います。
ありがとうございました。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

私が今回1番怖いと思ったのは、
ジェンヌさんの狂信的なファンの方です。
客観性がないぶん、宗教に似たものを感じました。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございました。
月トップさんは、ご自分なりに頑張っておられると
思いますが、トップと呼ぶには、
まだまだと思います。

Re: 楽しみにしてます

温かいコメントありがとうございます。
読んでいただけるだけの価値がある記事を
目指しますので、宜しくお願いします。

はじめまして

アメブロでナムタンさんのブログを見つけて以来、移られたこちらのブログもブックマークして楽しく読ませて頂いておりました。

以前のブログが消えていて、私も他の皆さん同様、心配しておりました。削除された理由の原因は本当に残念です。
ファンは盲目的に好きになってしまうのは仕方なくても、盲目的であることを自覚していないのは他人から見れば痛いだけです。
自覚するためには、ナムタンさんのような演劇にお詳しい方の客観的な視点を読むことが大事なのに…と思います。
どうぞ、そんな痛い人たちの自分よがりの攻撃に傷つかないでください。
これからもブログの更新を楽しみにしております。
長々と失礼しました<(_ _*)>

Re: はじめまして

温かいコメントありがとうございます。
アメブロから読んでいただいてる方もいて、
本当に感謝とともに、身がひきしまります。
私が書けるのは、タカラジェンヌさんが
頑張って舞台を観せてくれてるからです。
その思いを受け止めて、読んでいただいてる方に
納得していただける記事を、書きたいと思います。

あなたが個人的に批判されて傷ついたなら、公けにされてるブログで批判されることがどれくらい傷つくのか分かるのではありませんか?
だれかを批判するならそれに対する反発も受け止める。そういうことだと思います。
このコメントも公開しないのでしょうね。誰かの批判は公開しても、自分への批判は公開しない。

世間にそのようなブログが多いのが気に食わない自分が、たまたま目に付いたあなたのブログを批判してしまいました。ごめんなさいね。

でも、やっぱり人を批判してそれの反発を受けたとき被害者のように振る舞うのは違うと思うのです。

ぽめさま

ご意見ありがとうございます。
きちんと、コメントを公開させていただきました。
それで、あなたは、何に対してお怒りなんですか?
私の記事の何が気に入りませんか?
被害者のようにふるまうのでなく、
実際、嫌がらせをうけることが、どういうことか、
賢明な方であればおわかりかと思います。

プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。