スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背中に「おとうさん」感~「オイディプス王」~

イシちゃん。

「轟悠」の仮面がぶれない人だ。

そのブレなさが近寄りがたいムードを
だしていたんだけど。

「専科」になって、その「硬質」さがイキイキしてるなあと思う。

感想の前に。

専科公演、もっと続けてください!!

本公演やバウなどで
場を引き締めるためにしか
使われてない気がするこのごろ。

つまりは
「声楽専科」「演技専科」「ダンス専科」と
きちんと役割があるにもかかわらず
ちっとも適所に使われてない。

専科に光を!!

で、今回驚いたこと。

みつる君が歌える!!

みつる君の歌は、私下手だと思ってた。
だから今回聞いて驚いた。
歌えますよ!!!
すごい、専科効果。

以前下手と書いたことを訂正します!!

イシちゃんと渡り合うシーンもあり。
良かったです。

次に思ったのはカチャ。

似合うのに女役……

歌も歌えるし、なんかもったいない。
カチャって顔の成長が
女役のふけかたというか。
上手くいえないけど、いつみても若々しい「女の子」のような顔。
男役のような、学年を重ねて渋さがでるとか
そういうタイプの顔ではない。
すっごい女役向きの人なのに。

イオカステ(カチャ)が真実に気付き、
少しづつ体をふるわせて、最後は叫びながら階段を
かけあがっていったんですが、そこが良かった。

オイディプスにそれぞれが絡む構成なので
なんかイシちゃんの芝居を見る時間が長く、
それに飽きると、物語から離れてしまう、
スレスレのラインで見てました。
つまりイシちゃんの芝居の好き嫌いにかかってるかな。

コロスがいるのに上下からほとんど動かないのが
もったいなかったけど。

「知」に関する考察の物語らしいんで(小柳さんがプログラムに書いてた)

でも「知」より客は「人」をみにきてると思うんよ。

それを活かす手法があまりになさすぎて
それがもったいないなあと。
小柳さんの脚色能力は高いと思うけど
舞台の演出力はつまらない。

それでもラスト、国を出て行くイシちゃん。
そのとき、子供たちと一緒に去っていくんだけど。

その背中に「おとうさん」感が漂っていた。
いままで彼女からは感じなかったものだ。

イチロくん時代からみてた人が「父親」が似合うようになったと思うと
イシちゃんの積み重ねた男役歴に敬意を表したい。

そう感じた公演でした。
スポンサーサイト

担いだ米俵の重さ~北翔海莉お披露目公演~

嬉しかった。

1人、大階段をおりてきたとき、

ああ、夢じゃないんだなあ~と。

そう思ったら

滝のように涙がでてきた。

みっちゃん、おめでとうございます!!!

もう、たくさん妄想してしまった。

大型免許も取得しトラックだって運転可能。
搬入もおまかせのトップスター。

黒子衣装きて、普通にスタッフさんにまじって
仕込みを手伝ってそうなトップスター。

「なに?みっちゃんをバカにしてるの?」

違う違う。

つまり、北翔海莉という人は
「未開」の地を開拓できる可能性がある人だと思う。

「星の牧場」を北翔星組で上演してくれたら。(お友達の意見なんですが、大いに賛同します)

こういう作品が可能なトップが
北翔海莉という人なのだ。

「昭和」上等。

純粋に「実力」だけが求められた
あの時代の作品にチャレンジして欲しいと強く願う。

ともあれ、

こんなに嬉しいと思ったのも
久しぶりの宝塚だった。

ほんとに新人です!という感じだった「星逢一夜」新公。

声が~

声が~聞き取りにくかった。

かなとクンが好きだ。
なんといっても美しい。

だけど、声が~
調子悪いのは、わかるけど聞き苦しかった。
1度しかない公演なんだから
心残りがないようにして欲しい。

かなとのキノスケは本当に「子供」だった。
次男坊のみそっかす、なことで
家族からのけもんにされてるのが辛い、
というのをストレートに表現してたのが印象的。

それから、成人してハルオキVSゲンタになったときの
「タメ」を作ってから
ばっさりとゲンタをきったときの「空気感」が良かった。

あとはラストに「星がきれいじゃ」というトコ。
ラスト前あたりで
やっと「主人公」です!!という感じになった。
ちょっとエンジンかかるの遅いっス。

対するゲンタ永久輝さん。
いい芝居するなあ~と思いました。

刀を手に巻きつけてでも闘おうとするシーン。
迫力。
こういう人、いいなあと思う。

いろどり みちるさん。
名前のインパクトがすごいですね。
いい芸名だと思います。

この人、声がサキヒさんに似てるのかな?
大人になってからの台詞の言い回しが
本役さんとかぶるときが多く、
新公だから仕方ないけど、
デジャブをおこしてしまい、個人的にはイマイチだった。

吉宗をやった、真條まから。
ちょびヤスの陽向春輝。
鈴虫の天月 翼。

良かったです。

しかし新人で頑張りました、つうのがすごく強かった。

なんつうか、他組に比べてもう少し
ガンガンきて欲しい。

新公でしかできない「若さ」ある公演がみたい。
今から守りに入ってる感じ。

そんな中、
星乃あんりと愛すみれ、
有沙 瞳の3人の娘役の演技は良かった。

星乃さんは、ハルオキの母とヨタカの役。
キリリとした武家の妻とヨタカの演じ分けももちろん、
ヨタカのシーンで、鈴虫が落としたおわんを拾って、
屋台のおかみさんに「取り替えてやんな」(みたいな台詞)
こーゆう細かい芝居をキチンとできるトコが好きだ。

愛すみれさんは、
ゲンタの家での存在感が大きかった。
昔、年寄りといえば家に、こんなオバーさんいたよね、
そう思わせる老婆ぶり。
上手かった!!

有沙さんは、芝居が上手い人だなあと思ってるが、
今回のススキの貴姫は好きだった。

月見で、かなと・ハルオキをリードしながら踊るシーンは
かっこよかったです。

いい娘役がいる組は、なんか安心する。

男役は、単体でいると普通にボーイッシュな女に
みえてしまうこともある。
横に娘役(女役)がいるからこそ、
「ああ、この人男役なんだ」と思わせられる。
一般の人も「男役」を認識するわけで。

そんな難しい役割ながら、それをキチンとこなす娘役さんが
活躍してたなあと思ったのが今回の雪組・新公でした。
プロフィール

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。