スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉街のエスメラルダ~雪組のショー~

こんな作品作れる神経がすごい。

と、怒りと疲労しかなかったショーだった。

キツイっス。

歌がどうこうのレベルじゃない。

構成、演出、そして選曲!!!

今の雪組にラテンものは
全然似合わないっスよね????

1つだけ、いいとこ。

卒業していく生徒さんへの「愛情」

これがあるんだから、
次回はもっといいものをみせて欲しいです。

しかしショー作家はなかなか生まれないんですね。
スポンサーサイト

素晴らしき松竹新喜劇~「星逢一夜」~

宝塚芝居の根本て、松竹新喜劇だと思う私。
(というか、そう書いてらした評論家さんに同意してる)

人情あふるる美しい花園。

雪組公演を観てきました。
期待すんなといわれても
上田先生の作品は楽しみでした。

で、感想は松竹新喜劇だ~(涙)と。
つまりは昭和30年から40年にかけての
米三さんの頃の作品のような。
「佳き作品を皆さんに見ていただこう」としてた
そんな宝塚の心意気を感じた作品だった。

上田先生は、
人の心の機微にたけた台詞が上手い。

でも男女の機微に疑問なんです。

1番ひっかかったのは、
センを嫁のもらう云々のところで、
キノスケに対してゲンタが
「土下座」してセンを嫁にもらってくれ、と。
この土下座に疑問。

男が好きな女を別の男にたくす、というので
思いつくのは「蒲田行進曲」(「銀ちゃんの恋」はべつもん)

あれは銀ちゃんVSヤスの関係性がきちんと描かれてるから
「好きな女をおしつける銀ちゃんの悲しさ」がでるわけで。

ゲンタがどれほどの思いを
センに抱き、何ゆえ土下座までしてキノスケに
もらってもらおうとするのかが
????だった。

つうか土下座されるより、してるほうが実は心理的に優位だと思う。
ならば子供時代の彼らは、どのような関係をはぐくんだかが
ポイントになってくる。

どのように3人がお互いを意識しあい、
それをはぐくみ成長してきたのか?
という過程まで
キチンと裏書きしておられたら、
あのラストは
ちょっと違ったものになったと思う。

たぶん、お互い違う場所で、星をみると思うのだ。

上田先生の作品の根幹に流れる
「あらがえない運命に対して苦しむ人間の魂」の闘い。
自分は、好きです。

若手の先生の一連の作品にみえる
「自分の主張、世界観優先で生徒はその次」
という
「アテ書きできません」と堂々と宣言されたような
舞台を見せられてきた中で、
上田先生は、
やっとアテ書きができる貴重な作家さんだと思います。

このことだけでも、嬉しいかも。


出演者に思ったこと。

センの人は
子供時代から大人になっても
芝居してるのは「声」だけで、
子持ちになった女の強さとかみえなくて。
「春の雪」の聡子も「月雲の皇子」の人(名前忘れたゴメン)
おんなじ芝居にしかみえず残念。

逆にキノスケの妻になるススキの女(せしる)
こちらはキャラが明確で良かった。
もっとこの人が出るのかと思った。
つうか見たかったな。

ゲンタは新喜劇における寛美さんの役割だと思った。
雪組の寛美はキノスケでなければならないんだけど、
自分がみたときはゲンタにしか見えなかったな。

あと。
エマさんが素晴らしかった!!!!!
今まで専科になっても星組色が強くて
「あまり変わらんなあ~」と思ってたけど。
今回は雪組にすんなりと溶け込んでた。
とくにラスト前のシーンは秀逸。

ともあれ。

「芝居の雪組」
(日本物じゃない。もともとスータンさんの頃は「芝居の雪組」だった)

これを証明した舞台だったと、
1回目の観劇で思いました。

また観ます。

続きを読む

シティボーイズファイナル「燃えるゴミ」~果たしてゴミは燃えたのか?~

ヅカ話でなく。

シティボーイズライブがファイナルというので
あわてて観にいった。

きたろうさんの妻役が美しかった。

いや、顔の話でなく。
とにかく違和感なくて。
「男が女やってます」じゃない。

オオタ(大竹さん)の妻役なんですが。
落ち込む夫に、
「またキダさんと何かあったの?」(みたいな台詞)
と、問いかける。
何が美しいってその話し方。

ちなみにきたろうさんて、
何回か妻役してはるけど、
エプロン姿がこれまた似合うのです。

男ばかりのコントなのに、
母性丸出しってすごいことじゃないか?

赤ちゃん役の斉木さん相手に
「ママよ?」と言う仕草とか。

ファイナル忘れて、母性に見入ってたよ。

コントの内容は、ぶっちゃけほとんど覚えてない。
すんません。

でも、何も残らないでいいんとちゃうかな?

とか、思いつつ。

印象に残った話。

「NINAGAWA モナリザ」

好き。

額縁からモナリザがでてくるんよ。
ひとしきりあばれて、警備員食い殺して
また額縁にもどるっていう、
なんか、字にするととんでもない話やねんけど、
笑った。

わざわざ「NINAGAWA」がついてるから、
やはり、ここは大きくクラシックなんかかかると
もっと面白かったな、と思う(ワーグナーとか)
でも映像ででてきたポスターは良かった。
あれ、欲しい。

コントの最初のほうにある
忍者と侍は、もう力技?

ずるい。

あと、まだ書きたいけど
今日はこのへんで。

毎回、読み応えがあるパンフレット。
この大竹さんの文章の、2人を見てる視線が
あまりに優しいのが、1番泣けた。


やはりずるい。
プロフィール

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。