スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおまかに感想~「白夜の誓い」~

なんか色々と考えながら観劇できた。

つまり話の内容がスカスカなんで、
脳内でアレコレ補正しながら観たという意味。

「ノクターン」に続きハズレでした、原田センセ。

1番耳につくのは「説明台詞」

驚かされる唐突な展開。
伏線がきちんとはれてない。
見せ場のポイントを1つに絞ればいいだけの話。

ど~して書けなかったのか、アレコレ想像。

これ、宙組の裏ストーリーか!と思うと納得。

みりおん演じる正妻を受け入れられない
グスタフかなめ。
本当に絡みが少なく、
「陛下は王妃さまに心を開いておられないのです」
そして、やっと最後のほうで
「気持ちに気づいてやれずすまなかった」

私、このシーンで泣けてしまった。

リアル・トップコンビの台詞やん!!

まあ、こんな感じで裏ストーリーを考えつつ観てました。

話を表ストーリーに戻すと、
とにかく説明、謎の人物、鍵が都合よくでてくる、
唐突な展開などなど、
突っ込みながら観れば飽きるコトはありません。

キタロウが最後にグスタフを暗殺します。
が、
キチンとみてないとすっごく唐突です。

キタロウが上手いのは、
場面場面で少しずつ、グスタフと距離をとるようにして
舞台をはけいく。
2人が口論になる前の場では
はっきり敵意の顔になってて、
すごく丁寧に芝居を作っていました。

こーゆう少しずつの努力が
宙組子さんにはキチンと観られる。
だから、先にも書きましたが、
決して層が薄いわけではない。
キチンとした作品が来れば個々が光るわけです。

そーゆう意味では安易に泣きの展開に
もっていった原田センセには、もっと台詞をねってほしい。

「ル・サンク」を読むと、
実際の台本どおりかはわかりませんが、
たぶん、センセの頭の中では人物がはっきりしてて、
そこに生徒をあてはめてる感じがする。

逆やん!!

頭の中の人物に、
思うとおりに舞台で動いて欲しいと思って書いてるのは
ただの「箱書き」
生きた生徒に対して、台詞をつけてこそ、
芝居が動くんである。

セリの指定まで書かれてるので
緻密な作家さんだと思うけど、
1度、生徒さんとキチンと向き合って
「台詞を練る」ことをおススメします。

続きはまた!!
スポンサーサイト

ありがとうありがとうありがとう~浜村淳じゃない、PHOENIX 宝塚!!~

宙組観劇。

最初にショーから書きます。

ショーって難しい。
作るのも難しいと思う。

そんな中、アレンジャー大介、
「ラブラバー」に「愛の宝石」
キレイ使っておられました。

カナメール。
楽しかった。大介オリジナルなら、良かったのにね。
もう好きなのはわかったから、
そろそろオリジナルで作りましょうよ。

或いは、
新しいショー作家、頑張って欲しい。

荻田氏の退団が今になって、
大介頼みになってる状態を招いてる感じだ。
稲葉、斉藤、以降は書けないのか、書かせないのか?
本気で宝塚からショーがなくなるんじゃないかと思う。

大階段の「愛の宝石」
好きです。
でも、テルのサヨナラのために、
1曲でも作ることはできなかったのかなあ?

自分が1番印象に残ったのが
「ありがとう」ソング。

何回ありがとう、ゆうてるの???

これはインパクトあった。
ただ、宝塚の定番ソングにはならないと思うけど。

ここ数年、ショーから出た「ヅカソング」が、
すごく少ない気がするんですよ。
それだけショーの数が減ったのもあるんだろうけど、
寂しい。

で、フェニックス。
サヨナラ感満載のショーでした。

印象では、
テル、キタのためのサヨナラ。
(個人の感想ですよ)

だから、宙組を観た感じがあまりしなかった。

でも、花道のすみにいる組子さんたちや、
舞台の後ろで踊る生徒さん、
笑顔を絶やさず、一所懸命なのが好感。

宙組が、層が薄いといわれてるのを耳にしますが、
1人1人キチンと魅力実力ある。
ただ、それらが上手く活かされる機会がないだけだと思う。

目についた人を。

カイちゃんの歌は下手ですが、
舞台にいると、華やかになる。
本気で、歌のレッスンして欲しい。

うららは、顔で踊ってる。
なんつうか、壇ちゃんを思わせる。

まあ君、声がよくのびるようになってた。
しかし、次期トップになる人が放つオーラがイマイチ。
でも、これは配役の体制によると思う。
あの環境では「次期オーラ」は出ないですよ。

みりおんは、ホンマに歌えますね!!
ガンガン聴けて耳福。

テルのスタイルは、本当にキレイ。
何を着ても似合うトコとか、
さすが100周年のビジュアルトップと思う。

ただ。
彼女は自己評価とその演技レベルがあってない人。
やりたい役のビジョンは明確だけど、
表現力が追いつかないまま、トップになった感じ。
自分は、星組でレオン君と組んでた時が1番しっくりきた。
陽のレオン、陰のテル。

もう番手が、ごちゃごちゃな今。
アレコレ言うのが通用しないんだろうけど、

同期の仲良しは舞台降りてやってくれ!!

これにつきるかな。

キタロウの芝居が好きだ。
彼女が、雪でも宙でも、演じている姿が好きだった。
今回だって、彼女にとっては
最高の花道だった。
けれど、良いと思う反面、
「仲良しごっこ」の甘えが舞台から、少しでも感じられると、

2番手の立場や、
相手役の立場や、
組子の気持ちなんかに、
モヤモヤしてしまうのだ。

これは、テルやキタロウが悪いとかでなく、
あやふやに、それぞれのポジションをぼかし続けてる
宙組の責任者が問題だと思う。

ショーは、アレンジャー大介によって、
上手くポジションをぼかした、
いわば、全員ほぼ舞台に登場させていれば
誰がメインかわからなくてOK状態だったので
先に書いたように楽しめたけれど、
心の奥では、
テルとみりおんや、テルとまあ君の絡みも観たかった。

上手く伝えられず申し訳ない。

あと。
スッシーさんの存在は、唯一宙組で安心できます。

ショーは楽しい。
テルのサヨナラにふさわしい。
これは褒めるべきトコです。

でも、自分は、モヤモヤがあるので
手放しで素晴らしい!!とは書けませんでした。

私は桜の花が好き~花組千秋楽②~

桜 一花。

「潔い人」だと思った。
名前のとおり
桜の花が華やかに散っていく感じ。

蘭とむ時代の花組に、
この人がいてくれて良かった。

忘れられないのは、クイーン・ダイアナ(「オーシャンズ11」)
銀橋をわたろうとして、そのままストーンと客席に落ちた。
びっくりしたけど、ご本人は何事もなかったかのように、
ステージに立ち、舞台は続いた。

かっこええやん!

映像では
「ファントム」のカルロッタ。
「カナリア」のティアロッサミ。
「ビクトリアン・ジャズ」の女王陛下。

彼女は色々な仮面をつけて
観るものを楽しませてくれた。

「エリザベート」のゾフィー然り。
(この役が彼女の集大成とは、ちょっと私は思えない)

舞台に立つ人には
観るものに「こんな役をみたい!」と思わせるチカラが
必要だと思っている。
つまりは、この人でこんな役が観たい、と思えない人は
役者にむいてない、と私は思う。

舞台の上の可愛い道化師。

桜 一花は、そんな女役さん。
スカステの中でも自らを「女役」と言い切っていたのも、
潔くてカッコイイと思う。

色々楽しませてくれて、ありがとうございました。

私は蘭の花が嫌い~花組千秋楽~

いままで、散々書いてきたので、
最後はこの人のいいところを探して
書いてみようと、
サヨナラ特番だの、
千秋楽映像だの、
観ました。

ムリ!
ゴメンな!!
やっぱり嫌いです。

理由。
トップ娘役の品がない。
芝居のセンスがない。
歌も「最後」だけ、ノドもつぶさずやった根性が嫌い。
何より、3人も相手役を変えるほどの
「説得力」に欠けるのが、1番辛かった。


彼女が居座り続けた結果。
96期の、なぜか「宙組」から
トップ娘役が来る、というおまけ付き。

この人のやった役で、
私が唯一、似合ってたと思うのは、
「大坂侍」で
ねね様のお付きをやった時。
真っ赤なほっぺの女の子。

この人のためにあったようなお役でした。
そして、この人の実力も、
実際はお付きの子くらいだったと思います。

ヅカ雑感。

最近のニュース、公演のこと、
まとめてつらつらと書きます。

星組。
レオンくんの相手役が違ってたらもっと観てただろうなあ(涙)
最後にむけて、皆さん頑張ってるなあと思いますが、
星組だけは、特別な組の気がするのは何故でしょう?(苦笑)

宙組。
早くみたい!!今はそれだけです。

月組、ムラ公演お疲れ様でした。
新公、良かったです!!
花組、あと少しですね。

雪組。
改めて思ったけど。
スカステでベルばら@新公観賞。

どこの女子高の学芸会かと……
あまりに台詞とかできてなくて(つまり素人が話すレベル)
上手い人と下手クソの差に本気で驚いた。
つうか正直、96期が嫌いで今まで観てませんでした。
なので、咲ちゃんが何度も主役経験済みと思ってなくて。
だから、フェルゼンみてて
「ファブリスと同じやん!!」と突っ込んでしまいました。

誰も指導してくれないんでしょうか?
まだ今なら間に合う。
誰か芝居の「いろは」から教えてあげて欲しい。
この人は役のバックボーンがみえない。
台詞を読んでて、この台詞をいうまでになった役の
心境までは、深く台本を読み込めてないと思う。
だから、うわっつらだけの台詞まわしと、
いつもニコニコの顔か苦悩する顔の2パターンしか
できないんだと思う。
咲ちゃんが雪組を背負うように育てられてるなら、
どうか、キチンと教えてあげてください。
「教える」と書くのは、この人は自発的に
役をどうこうしようと動くタイプじゃないと思うからです。
掘り下げる人なら、もっとのびてるハズなんで。

お世辞がかけなくてごめん!!
本気でみてて痛々しかったんですよ。
「BJ」の時は良かったので、指導しだいでは
良くなる可能性はある。
可能性があるなら、限界まで努力して欲しい。
努力したコトは客席で必ずわかるもんなんで。

雪組退団者発表、今回はきついですわ~

ホタテマンやってた頃。
「大和路」の番頭さん。
これから活躍する姿を観たかった、と思うけど
これだけ才能あれば、もう未練がないのかも?
と思ってしまいました。

100周年祭りも、やっと終わるんですね(遠い目)

思いきりショック~雪組退団発表~

ショック……

ともみん、銭形でいいの?(涙)

ホタテさん、こないだまで「パルム」で
いい芝居してたやん(涙)

めちゃ寂しい。

テルの卒業公演初日に、
かなりショックな発表です。

元気な星組~黒豹のごとく~

いや~

今更ですまん。

つうか、ホンマに見てなかったスカステ。

いままでのぶんを取り返す勢いで消化。

レオン君の卒業。

ねね様の退団。

寂しいっスね。

自分がファン戻りしたときは、

すでに星組は、なんか特別な組、みたいな感じで、
「新参者ですんません」みたいな感じで、
あまり熱心には、みなかったのですが。

「宝塚のジャンヌダルク!」と書いておられた
イズムのコラムの人、ねね様退団に寄せての
文章が楽しみです。

自分は……やはりゴメン。

ランノ同様、
あれだけ長くいて(以下略)

気をとりなおして。
次回作が柴田先生の新作。

そして大介ショー。
「ダイアモンド」がモチーフときいて、
すでに「ララ・ファンタシーク」をオマージュするんじゃないかな?
と、思ってます。

うまくオマージュしてください。
もうお願い!!
「愛におののく花」の唐突さとか。
ああゆうのはなしで。

なんか、頭には、
ムチをふるう、ねね様の姿がみえてしまったんで(涙)

大介氏には、作る才能があるんだから。
レオン君にとって、星組にとって
素晴らしいショーが観られますように。

胸~「伯爵令嬢」の映像にて。

ず~っと撮りためてた、スカステ映像をみてます。

「伯爵令嬢」は観にいきませんでしたが、
賛否の分かれた作品で、
早く放送して欲しいなあと思います。

なんとなくですが、
これからの宝塚の目指す「らしさ」の作風が
「伯爵令嬢」的なものかなあと、
少し薄ら寒い気持ちです。

パッとみて
華やかで、可愛くて、そこそこに「萌え」要素があり、
それがたまらない人は好きになる、みたいな。

ただ。
長く続く方向かどうかは、将来にならんとわかりません。
逸翁のような「先を見据える目」が、今はないんだなあと感じます。


千秋楽映像。
ヒメの胸。
思わずガン見したんですが。

「あんたは叶姉妹か!」

と、突っ込んでしまいました。

すごい谷間でした。

いや、マジで。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。