スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宙組次期トップ発表。

テルキタの記事を書いたばかりだったので、
そのタイミングにのっかります。

まずは順当な引継ぎが嬉しいです!!
おめでとうございます。

テルを支える2番手というより
番手をぼかされながら、やってきた感じがありますが
「銀英伝」でのテルとまあ君、好きでした。

何より「翼ある人々」が本当に良かった。
次回公演ますます楽しみです。
みりおん継続も、素直に嬉しいです。

詳しくは、また~。

追伸。
ふじりんご様、メッセージありがとうございました。
スポンサーサイト

同期支えは不要~キタロウ退団に思う~

元タカラジェンヌのえまおゆうさんが
発表前にばらしてしまいました。

なんだかなあ~
先輩なのに配慮がない。
自分も「不本意」とはいえ、退団を経験したなら
どんだけデリケートなコトかわかるはずなんだが。

さて。
おうきかなめ様が退団あそばされるにあたり、
ご一緒におづきとうま様も劇団から去られるそうです。

なんだかなあ~(涙)

演技者としてのキタロウが好きだった。
「ニジンスキー」のディアギレフに萌えた。
オールバックのやらしいホモオヤジ。
それが、ちぎスキーへの愛情ゆえに嫉妬に狂うやつ。
最高でしたわ。
同性愛を正面から描いた舞台で、
これほど「宝塚」でしかできないモノはないわ~
とさえ思ったほどに。

過去にも雪組で、
「青き薔薇の軍神」を上演。
これは木原敏江先生の名作「アンジェリク」をもとに
柴田先生が書かれたんだけど
ボーフォール公(尚すみれ)を出して、そこはかとなく
「匂わせる」作品にしておられたが。

ともかく、ちぎスキーもキタギレフも「上品にやらしい」
そこがポイントでした。

この作品で、自分は「ちぎは誘い受け」タイプの役者だと確信。
のちの「ベルばら」のオスカルが彼女にはまったのは
「誘い受け」だからだとさえ思う。

見守る相手を翻弄する人。
と、チギ評価はおいといて。

キタロウの芝居は、本当に好きだし、
実際上手い人だと思う。

「オネーギン」「仮面の男」「Samourai」

雪組時代の彼女が好きだったんだなあ~

宙組にいったのはおうきさんの「相手役」をするためだったのか?

ヤンも良かったけど。

ベル・ワットリングは罰ゲームだった。

いっそ公式に相手役にしてしまえば、
みりおんが扱いが悪くても、
「ああ、トップの相手役はキタロウだから」と納得できたと思う。

自分が観たキタロウの宙組の舞台の最高作品は
「翼ある人々」のシューマンだった。

つまりはキタロウは、別におうき様がおられなくても
立派に男役として演技できる「良い役者なんだなあ~」と
この舞台で涙をしぼりとられたもんだ。
(1度しかみない宙組を回数ふやしたのは、この作品だけでした)

おうき様の退団発表。

おうき様はいいよ。
これからもご活躍くださいと思う。

だけど!!

わずかな期待をしてたのがバカだった。

キタロウも退団。

「道連れ退団」

同期支えとして組替えし、
「番手」のうえでは扱いが良くなり
役の内容はともかく、役付きは良くなったと思う。

だけど。

キタロウの男役芸は、ただ一つしかない。
せっかく磨いた芸を、あっさり捨ててしまうんだなあ~

いや、本人の決断ならいい。

でも。
おうき様がやめるからだとしたら、

「緒月遠麻」のアイデンティティはドコにあるんだろう?

「同期がトップになったら精神的に辛いから支えてあげなきゃかわいそう」
という、あいた口を閉めるのを忘れてた記事を読んだが、
基本、舞台に出る人間はメンタルが弱いとつとまらない。

毎公演、大羽根背負って大階段をおりるプレッシャーはすごいと思う。
それを耐えないといけないのがトップスターなんだけど。
その支えに選ばれた生徒さんは
「支え」のために劇団に入ったわけじゃないと思う。
私はそれが言いたい。


おうき様も、支えがなくても芝居に研究熱心で、
打ち込むタイプの人だと思うので、
劇団の甘やかしにヘドが出る。

1人でも立てる「役者」に支えは必要ない。
つけることも、つけられるのも
どちらも本来は不要なはず。

もしおうき様がキタロウ様をご所望されたのなら、
本気で引く。

トップ娘役への扱いと、キタロウの役付きをみてたら
つい、邪推してしまったので。
「グスタフⅢ世」も、おうき、キタロウのサヨナラ公演、
と思って観ることにします。

そうでなければ

娘役の立場がないですよ?

どーも最近は「なんだかなあ~」という思いの話題が多い。

もとに戻そう。

最近、更新がおっくうになってた。

なんか、書く前に
「これを書いたらまた(以下自粛)」

と、思いなおすことがあり、
思いなおしてるうちに
「当たりさわりないコト」しか書かなくなり
全然面白くなくなってきたのだ。

でも、どーしたって
モヤモヤしてくる。

「エリザベート」
自分的には
本当に、セーブしたけど、

「シシィの人の学芸会にお金払ってみるんじゃないから!!」

応援してる人が成長して喜ぶのがヅカファンの喜びの1つでしょうが、
今回はシシィに納得いかない。

なんで今まで本気ださなかったんだろう??

そしてサヨナラショー。
サヨナラショーするほどすっごい娘役だったかな???

モヤモヤMAX!!

あれは一花ちゃん、がりん、他の花組生徒のために
行われたショーだと思うことにした。

そうでも思わないと、報われないですよ。

で、次期は96期。
しかも、ランノと同じくきゃんきゃん騒ぐ芝居しかできないカノ。

自分は96期であろうと、うまければ「薄ら寒い」褒め言葉なら書きます。

でも、あのエトワール1曲で
公演全部を破壊するパワーを思うと、
「たいした娘役じゃない」のは安易に想像がつく。

だけど、もう1つ先を考えると
「破壊的へたくそなエトワール」として
少なくともカノの名前はひろがったワケだから
このキャスティングは「炎上キャスト」
つまりは、確信犯だったのかもしれない。

なぜなら。

本気で質のいい舞台をおみせしようとしてるなら、
桜一花か仙名彩世にしているハズである。

見た人の大多数も、この2人の名前をあげていた。
その声を無視してまで下手くそにやらせるんだから、
「何かウラがありますよ~」っていってるもんじゃないか。

恐るべし商業演劇。
幕をあけてしまえば、痛くもかゆくもない。

でも、そんな気持ちのままでいたら
絶対なくなると思う、宝塚歌劇団。
そう思う。
だから本音を書く。
薄ら寒い褒め言葉。

自分で書いてて気持ち悪かったので。

ただ、真剣に本音を書く。
それがその対象への礼儀だと思うので。

いちブログで決意表明するのもイタイ話ですが。
それでも読んでいただける方々には本当に感謝いたします。

祝・千秋楽。なので演出面で書いてみた~「エリザベート」~

ともあれ、千秋楽おめでとうございます。

今回1番良かったのは、組のまとまり感です。
集団が発揮する力は、最大の武器である。
どの組でも思いますが、結束力がある、というのは
観てると伝わるものです。
その点で、花組の結束力は強かったと思いました。

観劇してて面白かった演出。

お見合いのシーン。

母親たちが喋るだけで♪から、正直におっしゃい、どう彼女?まで
「高速回転でみせる技」が面白かったです。

つまりは、一花ちゃん、じゅりあちゃんの手の動きと、
フランツがカップの上げ下げを早くするだけで、
「時間の早回し効果」をみせていました。
パントマイムで、自分でやるとわかります(笑)
早く動くようにみえるんですね。
それが3回目で、はっきり見られました。
ついでに、フランツが首を左右に早くまわすだけで、
さらに「時間があわただしく過ぎていく効果」を出しています。
で、「どう、彼女?」と聞かれたキッカケで、
時間は正常に動きだし
「もぎたてのフルーツ♪」と、次の展開につなげていきます。
歌いながら、これを要求されて、かつキチンとできるのは
実力あるゾフィーやシシィママ、フランツだからだと思いました。
これは小池先生がつけられた演出でしょうか?
面白かったです。

で、見せ場なのに全然心に響かない「私だけに」

あれ、のどにナイフをつきつけてる時間が長い。
シシィが上手い人なら、どんなにシーンでも耐えられます。
でも、今回のシシィは、歌うだけでも大変だと思うので、
ここは演出で、サクっと、切っていくほうが
シシィにも、お客様にも親切だと思います。

〇ナイフ突きつけのシーン、つきつけて10カウントくらいで
もう音を入れて欲しい(つきつけて、すぐでもいいくらい)
〇感動できないポイントとして歌に観客の気持ちがのらない、
という点はあると思う。
今回は、カーテンの空くタイミングが早く
アカリの差し込むのが遅い。
これでまた、シシィだけで場面がもたせられないから余計イラつく。
シシィが自由を表現するために舞台をかけまわる間にカーテンあけて、
すぐアカリをいれたら、もう少し観賞にたえられる
「私だけに」になるんじゃないかなあ。

病院訪問。

自分はシシィがウィンディッシュ嬢と扇交換する演出が好きですが
今回は、ウィンディッシュ嬢がシシィの涙をぬぐうようになってたと思う。
ゆきちゃんは、どのプランでも応対できると思うし、
キチンと見せ場を作れる人。
シシィのおかげで感動半減になっては可哀想。
段取りにしてしまうと、シシィの計算がみえてしまう。
この際、ウィンデッシュ嬢が先にシシィの動きをして、
それにシシィがあわせるようにすれば、いい。
あわせられるかはシシィ次第ですが。
病院訪問も、物語の見せ場の1つなので
シシィができてないと、崩れるのです。

ルドルフ霊廟も同じ。
演者が入り込みすぎて、共感しにくくなってる。


「息子が死んで悲しい」のか
「息子に死なれた自分が可哀想」なのか


もう1度解釈したほうが良いと思います。
トートも、あそこで入り込みすぎ。
いつも、泣きながら銀橋渡りしてるんですが
そこが「人間臭い」といわれる点ではないでしょうか?

トートは「死」なので
あまり過剰に「反応」するとおかしいんです。

「みりおトートはキレイ」なんで、
さらに加えて、あえて表情を消して欲しい。
彼女は苦悩すると、いつも眉間にシワだけの表情なので
それなら「無表情」のほうがいっそ、すっきりします。
「顔色1つ変えないトート」になればいいのに。

だいもんルキーニは好きです。
ただ声が続かないと、笑い声に変えてごまかすコトがある。
テクニックともとれますが、あまり笑い声が多いルキーニも
気になった点です。

フランツは、贔屓目線を差し引いても上手いです。

自分が観たいポイントは
最終答弁。

トートと言い争い、
「エリザベート!」と言いながら
死者の集団に少しずつ戻っていくときの
フランツの表情はツボです。

生きてた顔から死んだ顔になっていくんですよ。
この「顔面技」は、是非観て欲しいです。

個人的なポイントと変えたらいいのに、という点を書きました。

東京も頑張ってください。

放置プレイという名の親切。

すいません。
あんまり更新してないのに、
読んでいただき
本当に有難うございます!!

観劇はしてます。

「エリザ」
とにかくみっちゃんがすごかったです。
安定のだいもん。
でも、次回公演にこの2人がいないんですね(遠い目)

あ、カレールドルフ、
新公後は、歌唱法が変わった気がします。
語るように歌うので、
決して下手ではないと思いました。

う~ん。
どう聞いてもエトワールがムリ(涙)
盛り上がりを一気に沈める、といいますか。
お客様の反応は敏感だと思いました。

「歌」~安奈淳マグノリアコンサート~

マグノリアホールに行ってきました。

「安奈さんの歌が聴ける」くらいの能天気な気持ち。

ステージにピアノ1台。

始まりは「愛あればこそ」の曲が流れる中
安奈さんの宝塚時代のポスターの数々が
スクリーンにスライド形式で映し出され、
「をを!こんな作品もやりはったんか~」とか
「あれは知ってる!」とか
「ベルばらや~!」などなど。

ポスターが終わると客電がついて
安奈さん登場。

!!!!!

ごめんなさい。びっくりしました。
ただただ、びっくりしました。

そして、その体調のなかで
コンサートを開いてくださったことに感謝いたします。

「すみれの花咲くころ」
「朱い芥子の花」
「皇帝と魔女」(13:00のみ)
「紫に匂う花」
「愛のコンチェルト」
「アムステルダム」
(曲名違ったらすんません)

なんかね。
心から歌うってゆうのは、こういうことかなあと
痛感しました。

ピアノ1台、弾き語りされたんですけど。
それだけ。
無駄なもんは一切ない。
声とピアノだけ。
それだけで勝負できる。

かっこええ!!

「すみれの花咲く頃」のイントロ、間違いはったよ!!

「あら、間違えた」
会場爆笑。

1曲、1曲、大事に聴かないともったいなくて。

最後「アムステルダム」

アムステルダムの港。
水夫たちの乾杯!!
笑い、飲んで、食べて、歌え、騒げ!
それが生きること!!
楽しんでるか?

ダンッ!!と鍵盤を叩く。

それだけ。
それだけのことで、
こんなにも胸にささる。

すごかったです。

感想にもなってないですね、すんません。

心に残った曲。
「愛のコンチェルト」の歌詞を、書かせていただきます。

「どうしてボクに悲しいの 君の静かな歌は
どうしてボクに美しい 君の優しい心

夢がやどる君の瞳 そっとあけてごらんよ
愛がほほえむ
青春が歌う君の瞳 そっと閉じてごらんよ
聴こえるでしょう

愛を愛して
愛を信じて
愛をみつめ
愛を愛しましょう
愛はかなしい
愛は優しい
愛はあまく
愛は美しい

オーファンタスティック
オーファンタスティック」

と、しんみりしてたら

「私生きてますから」

と、安奈さんから突っ込み入ります。

来年も聞かせてください。
ありがとうございました。

「エリザベート」~2回目~

「エリザベート」観劇。

感情を歌にのせる、いわゆる「表現」ですが
みりおトートが予想外に熱い人だと思いました。
ルドルフが亡くなり、シシィに「死なせて」といわれ
喜んだのもつかの間。
「死は逃げ場ではない」
ふりきるトート。
なんつうか「死」なのに「死」を否定する。難しいですね。
(解釈もありますが)
歌の感情に入り込んで、涙しながら歌うトートもありかなあ
と、思いながらみてました。

ルキーニはとびはねたり、よく動きます。
思ったのですが
みりおとだいもん、同じくらいの身長かな?
舞台で「大きく見せるテクニック」を
だいもんに感じました。
みりおトートは、もっと押し出してもいいのになあ。

ビッグちゃんが今回も目に入ってきました(笑)
上手いです。
ゾフィーの取り巻きでいても、
カフェの男でも、市民でも目立つ。
何より「歌える」

革命グループも変わらずかっこいい。
あきら氏、恐ろしいわ。
ふじP、タソ。

今回のルドルフはキキ。
存在感あります。
華あります。
かつ、歌が上手くなってます!!!!
階段降りで聴けたので間違いないと思います。
ただ、健康的なルドルフでした。

前回は見逃しました。
きらりさん。
「ノクターン」でイマイチな自分でしたが
「キッチュ」の日本の美女は本当にきれいでした。
特に舞扇の使い方。
この人で日本ものは、観られないのかなあ。

みっちゃんがフランツなので
結構気合い入れてみてしまします。
ルドルフ霊廟のところ。
いままでは、
シシィが登場すると「みんな退出するように」で、
シシィ1人残してたように思っていたのですよ。
シシィ置いといてみんな出て行って、トート登場かと。
違いました。
フランツは泣き崩れるシシィを観てるのですね。
でも何もできない。去る。
みっちゃんフランツからは優しさが出ています。
皇太子の時の一目ぼれのシーン。
「愛をはぐくもう」のデュエット。

エーヤン・ハンガリーのシーン。
シシィが三色旗のドレスを見せて群衆から
「エーヤン!エリザベート」と叫ばれているとき、
フランツは眉を下げてシシィを観ながら群衆に手をふっています。

「一度私の目でみてくれたなら」

夜のボートのフレーズですが
それまでのフランツがシシィに対するまなざしが
一貫して「優しく」なければ、後半のこの「歌詞」は
生きてきません。それをキチンと繋げている意味では
「ミュージカル」を、単に歌と踊りでできてるモノではなく
台詞から歌になっても「不自然ではない」モノとして
成立させてるフランツだと思うのです。
贔屓目なしで
フランツとシシィはキレイにハモッています。
上手い人につられて上手くなる。そんな感じを受けました。

シシィは遅すぎたランノさんの「代表作」ですね。
声がひっくりかえってもいい。
とにかく音を聴いてくれ。
そして、最後までノドを潰さないで。
いままの彼女は何だったんだ、というくらいです。
ただ「私だけに」など、彼女1人だけのシーンは
やはり「引きつける」モノが弱く、観ていて飽きます。
「聞かせる歌」が一日で歌えるなら、苦労しないので
そこまでは求めません。頑張ってください。

いや、エトワールですが。
役替わりしませんか?

確かに下手なんですが、
それ以上にいままでの「お披露目」感を
クラッシュしてるんですよ。
客席の空気を、中の人は感じてください。

自分は96期反対なのですが、
それを差し引いて、
お客様の反応はシビアでした。
拍手まばらになるのはなぜか?

組替えいきなり抜擢。
しかも「歌ウマ」ではない。
本公演でも、さして目立たず。
だけど次期トップ娘役。

これだけマイナス要素があると、
見合わない抜擢された本人もしんどいと思います。
何より今回は「エトワール」にふさわしい人がいる。
なのに使わない。
それでは花組を観てきた人の気持ちは離れていくと思うのです。

今回の「エリザ」はエトワールの配役ミスを痛感しました。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。