スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エリザベート」~普通に歌えることの難しさ~

続きです。
あと、印象に残った花組の生徒さん。

マイティのマデレーネ。
すっごいボリューム感。
フランツも参る。
この配役は、上手かった。

がりん・マダムウォルフ。
「最後が女役」
しかし彼女は、予想以上に上手かった。
キレイというのもプラスに働いたけれど、
ルキーニと絡むシーンなんか、
色気が出ていて、拍手!!

タソちゃん。
シシィの親戚、まさかのツエップス、カゲコ。
歌える生徒さんとなってきて喜ばしいです。

カレー・ルドルフ。
上手く歌おうとか考えず、今は「声を安定させること」に
集中したほうがいいと思う。

小ルドルフ。
自分の基準がトウコちゃんなので
ハードルが高いんです……
もっと声をだして。

ランノ・シシィ。

いままで「自覚のない役者」として
はっきり「嫌い」だと書きました。
今回、少し変わりました。
「やればできてたのに、最後までやろうとしなかったんだなあ」

つまりは彼女の「向上心」次第では
標準のシシィが観られた可能性もあったと思うのです。
事実、最初の少女時代は微笑ましい。
何も知らない無邪気さが良くでてました。
でも。
なんで「私だけに」で、はずすかなああ(涙)
自分の観た回ですが
ラストにかけて盛り上がっていく「私だけに」が
もう、声が苦しくてマイク調節かなりしてましたよね?
あれ、結構耳につくんです。
ランノさんは、色々調節しないと危ないレベル。
寝室のシーン。
「どちらかを選んで、お母様か私か」
もっと音を聞いて!!
ここも外してたよ(涙)
シシィの見せ場を自分で潰しています。
ある意味、すごいです。

この人に足りないのは「自覚」

本当に「シシィ」をやらないと後悔すると思ったなら、
今からでも遅くない。
上手く歌おうとしないで、
「音を聴いてください」

そしたら、少しはマシになると思います。
「素質」があるのに眠ったまま退団してもいいんですか?
いつも「これが最後」と思いながら
舞台に立つ気持ちを持っていて欲しいのです。
それがせめて「トップ」娘役になった意地ではないでしょうか?

熱くなってしまったので。
最後にみっちゃん。

「芝居が大きい」
いつも彼女のやりすぎな演技が気になってました。
しかし。
「ナポレオン」「エリザベート」
さかのぼって「カサブランカ」

小池先生は、あくまで「おさえた芝居」を要求しています。
かなりみっちゃんに足りない部分を
わかっておられて、それに見合う配役をしてるように思うのです。

タレーランに続き、フランツも控えめくらいで
ちょうどいい。
かつ、今回はみっちゃんの強い歌の演目。
みっちゃんの歌は完璧に近いです。
トートとフランツの裁判のシーンで
はっきり歌詞が聞き取れたフランツはみっちゃんです。
(音階が低いのでなかなか、掛け合いに聴こえにくい)

これからも、引き算の芝居を要求されるでしょう。
それをクリアしていって欲しいです。

そして、今回。
1番素晴らしかったのは花組子さんたちの
結束力です。
歌声が揃う。
ダンスが揃う。
当たり前だったことが当たり前でなくなりつつある宝塚ですが
新生花組のチカラを観たとき、
蘭とむがトップだったことはムダではなかった、と
おばはんは涙したのでした。

まだまだ公演は残っています。
いつも「今しかできないメンバー」ということを念頭に
頑張って欲しいです。
スポンサーサイト

「エリザベート」~新生・花組に思う~

色々、発表が続いてますね。

つまりは
「今のメンバー」で、観られる公演は
「今」しかないわけで。
そう思うと
壮一帆の雪組も最後。
次回のテルの宙組、来年のレオン君の星組、
すべて「貴重な公演」だと思います。

で、新生・花組です。
「エリザベート」観てきました。

……もう次回の公演に
一花ちゃんはいないのかあああ
寂しい。
それくらいゾフィーが素晴らしかった。
彼女を中心にした家臣たちのシーンは
本当にイキがあっていて安心して観ていられる。
なかでも目立ったのはビックちゃん。
本当に歌が上手い。
かつ長身なのでイキイキと演じているのが
観ていても伝わる。

ゾフィーに「お迎え」が来るところまで
一花ちゃんは、素晴らしかった。
彼女はもう、卒業する。
そう思うと、しっかり焼き付けたい。

じゅりあちゃんがシシィママで復活!!
一花ちゃん、じゅりあちゃんの並びは良かったです。

なぜか宝塚ブログって、
個々にきちんと感想を書かれてる方が多いんで
自分はピンポイントで書きます。

みりおトート。
ほぼ完璧。
音を外すことなく、あの難しい曲の数々を歌ってました。
新公も含めると「エリザ」に関わる回数も多いし
その意味では有利。
でもまずはキチンと譜面通りに歌えるという基本が
できてることは素晴らしいと思います。
演技面では「表情」
この人は眉間にシワのクセがある。
この顔以外の「表情」をもっとふやして欲しい。
でないと「何をやっても同じ」に思えてしまう。
ただ、花組にきてから本当に「男役」!!
という感じが身についてきたので、成長する人という印象。
これから花組を、どうひっぱるのか楽しみです。

だいもんルキーニ。

初演イシちゃんは「オトコ」にしか見えなかった。
それから何人もルキーニをやってきたけど、
だいもんは、歌と表現力では1番でした(自分の中です)
シシィ暗殺のシーン。
目の焦点があってない。その迫力がすごかった。
ナイフで刺すとき、どこを刺してるのか知りたかったので
ガン見しました。
脇にナイフを入れてたんですね。
スっとしました。
だいもんは雪組にいきます。
次回、花組にはいません。
だからこそ今のだいもんを。きちんと観られて良かったです。

あきらのエルマー。
歌が上手くなってる。
もちろん、技術面ではまだまだですが
あきらかに上手くなってます。
みーちゃんから受け継いだ「エロ気」がでてきて
本当に楽しみな人です。

ゆきちゃんウィンディッシュ嬢。
病院訪問のシーン。

いままでは結構イタイ人を強調した演技が
かえって嫌だったのですが
ゆきちゃんは普通に登場。
目がイッてるというような「型にはまったイタイ人」ではなく
彼女のすごかったのは
「歌」でその狂いぶりを表現できるところです。

「エリザベート」は歌が基本。

だからこそ「歌で表現する」ことが大事。
それをクリアできていて、素晴らしかったんです。
彼女がシシィを新公でできない、
あるいはエトワールもさせない、そんなのは
「耳がおかしい」としか思えません。

「歌が弱い」と内部が嘆いてるのが本心ならば
キチンと歌える人を育てて大事にするべきだと思います。

エトワールの花乃さんは、
声、がなりすぎ。
技術面まだまだだと思いました。

ゆきちゃんは最初のほうで、
シシィの親戚で、タソちゃんと夫婦?で出ています。
こちらもきちんと演技してるので
観ていて気持ちいいです。

大勢の1人でもおろそかにしない姿勢が大事だと思うので。

なんのかんのゆうて結局1人1人感想書いてますね(苦笑)
続きます。



ほっといたれよ、ゆう感じ。

雪組の東京公演、終わってないし。
宙組は、これから「サヨナラ」公演やし。

確かに早くに発表したほうが
チケットのことなどで、
都合がいいかもしれないけど。

「引き継ぎの美学」がなくなったなあ
と、残念。

卒業していく生徒さんを見送り、
その組のトップが次世代に「あとをよろしく」
と、去っていく。
それは「宝塚でしかみられない」貴重な光景だった。

次のトップが云々とか、
あまり騒がなかったんだが。

なんつうか。

落ち着け。

ポスター雑感。

結局、宝塚ファンは番手や
相手役が気になるということかなあと思った。

外の劇団と比べたら、普通にポスターやなあと思うし、
宝塚の人事をアレコレ考えたら、
確かにトップ娘役という「ポジジョン」では
「可哀想」という感想になるし。
アレコレ詮索してしまう。
でもポスター1枚で、話題になるのはすごいなあと思う。

テルの卒業公演だから
テルが写ってればいいじゃないか(苦笑)

個人的な印象だと
テルは、お披露目のイケメン軍団ポスターで
「をを!」
と、なり
モンテで
「誰?これがテル???」
と、話題になり、
オスカルでは漫画と同じポーズで話題。
そして、今回も話題に。

ポスタースターというか、
話題になる写真を提供するスターさんやなあと思いました。
もしかして、宙組の制作さんが宣伝上手なだけじゃないか?
数作しか観てないけど、印象に残るポスター多いから。
(飛ばしてる公演は、印象に残らない写真だったんで)

話題になってるんだから、宣伝勝ちかなあ。
観にいくのが、楽しみです。
つうか、もう大劇場公演も、終わりなんですね~
早いなあ。

トークDXはOGでいいと思う。

今月のトークDXは
たまきち×いのうえひでのり。

誰がセッティングしたんだろーか?

いや。
たまきちがリクエストしたにしては
けっこう、いのうえ氏に失礼だったから。

トークなのに、ゲストに仕切らせるとか。
話の引き出し、たまきちになさすぎ……

新感線のファン!?と思ったけど
そんなに観てないみたいだし。

……こんな時は、OGとお話していただきたい!!
と思うわけだ。

だいもんのブリドリが好きなんだけど。
でも、だいもん自身が濃いヅカファンだから
成立したかもと思うけど。
みてるほうは、スカステに加入してるんだから
ヅカ好きが多いわけで。
ペイさんや、ウタコさん、ジュンコさんが出て来られたら
やっぱり嬉しいもんなんですよ。

で、たまきち。
劇団が押してる生徒さんだとすっごくわかるのですが。
せっかく外部から、ゲストを呼んだんだから
それなりに、質問バンバンしていただきたかったなあ~と
残念に思いました。

つうか、ヘビメタ聴かずにいのうえ氏を呼ぶな!
という感じ(笑)
自分が昔の新感線好き、だから
余計、今回のトークはいらいらしたのでした。

でも、舞台にでる人は
アンテナは、はってるほうがいいよ。
いのうえ氏、あのトークの間だけでも
ヅカやら、小池先生の作品を観てるのがわかる。

たまきち、もっと頑張って。

変わらぬ思い。

スカステの番組SP観てて感じたこと。

彼女は、舞羽ちゃんがいた頃、
ヅカニュースのヅカ好きのジェンヌのコーナーで
舞羽ちゃんに「ジャンクション24」の
マヤミキちゃんの出てる、とある場面をいわれると、
少し考えて、
「ああ、これ?」といいつつ、そのシーンのダンスをサッと
踊ったのを観た記憶がある。

そのとき「この人、めちゃ宝塚が好きなんやなあ」と思った。
振り付けまで真似して覚えてるファンは、濃いと思ってるので。

同じようにファンから宝塚に入団した人でも、
「タカラジェンヌのファン」だった人と
「宝塚が好き」だった人は、微妙に違う感じがする。
ファン時代が、血肉になってる人。

話を戻すと。
彼女が、ファン時代にみてたタカラジェンヌさんは、
卒業するときに必ずヒトコトいってたコトバがある。
どうか、自分が卒業するそのときには、
初心に戻って、原点を思い出して欲しい。
なつめさんの時。
ヤンさん、マヤミキ。
彼女らが舞台を去るときに、必ずコトバにしていた気持ちを
どうか、応援してきた方々や支えてくれたスタッフさんには
伝えて欲しいと思う。
まだ、東宝千秋楽の幕は降りてません。
卒業したら、もう2度と降りることのできない
大階段だからこそ、大事にしてほしい。

どーでもいいことかもしれないけれど。老婆心で。

雪組千秋楽まで、頑張ってください。

娘役の持ち歌~ヅカ雑感~

先に書いた「夢の祭典」のDVDより。
こだま愛こと、ミミちゃんが歌ったのは
「1度ハートを失ったら」

「セレブレーション100」で、
かなみんも歌ってた。

どちらも
「ミー&マイガール」でサリーをやっている。

今回、強く思ったのは
この歌はミミちゃんの持ち歌やなあということ。

かなみんの歌唱力も素晴らしい。
現役も、卒業後も、その歌声は変わらずにいる。

でも。

同じ歌なんだけど。

ミミちゃんは「サリー」になって歌ってる。
かなみんは「一度ハートを失ったら」という曲を歌ってる。

そんな感じをうけた。

宝塚の男役さんには「持ち歌」があり、
卒業して、今回のようなイベントがあると、
その歌を歌って盛り上がるもんだけど、
娘役で、持ち歌のある人って……
カンちゃんの「青きドナウ」
(カンちゃんの場合、この曲以外でも、まだあると思うが)
お花ちゃんの「私だけに」(やはりシシィはお花ちゃんかなあ)

少ない……

もっとさかのぼれば、いらっしゃると思いますが
ここはご容赦ください。

ここに、こだま愛の「1度ハートを失ったら」を付け加えたい。

アントワネットもシシィもサリーも、
娘役さんがやってみたいお役かと思いますが
初代を越えるには
初代にない「何か」強みをもってるとか、
初代以上に歌えるとか、
生まれながらの天才である、以外は
努力するのみだと思います。

なんつうか、ミミちゃんは、年数を重ねるごとに
この曲を歌うと、良くなってると思うので、
ハードルも、当然どんどんあがってる。
もしサリーに憧れてる人がいたら、
ミミちゃんの歌を死ぬほど聴いて欲しいなあと
思いました。

「THE KINGDOM」の感想。

観てきました。

これは批評とか書けないので、感想文です。

なぜなら、

「話がわけわからんかった」からです。

なんで、覚えてることの感想を書きます。

わけのわからん、話なりに
面白かったと思います。

月組生の芝居のうまさを感じた次第です。

特に「間」の芝居が、本当にうまい。

過剰に喋る台詞ではないから、難しいと思うのですが、

たとえば
「お前、どう思う?」
「え?」
「だから、どう?」
「あ、うん」

過剰に出演者が台詞を話す某「ベルばら」とは正反対で
台詞をそぎおとしてるハリー作品。

「ああ」「うん」「そうだな」

これくらいの台詞だから、
その時々の心境によって、言い方も変えないと
棒読み芝居になりかねない。
それが、月組生にはなくて、
演技の面ではさすが「MERRY WIDOW」を
成功させた組だなあと感心しました。

主観の感想。

今回のW主演の場合、
お互いが正反対の持ち味だとか、
それによって生まれる相乗効果とかが
全く感じられず。
むしろ、2人でやっと1人前の印象が強かった。

カチャの歌唱力はいいな、と思う。
みやるりの男役の美しさやしなやかなダンスは、いいなと思う。

この2人は「ないもの同士」
そこが残念。

わかばちゃん。
キレイ。とにかくキレイでした。
歌は下手ですが、とにかく華やか。

美月ちゃん。
「春の雪」のみりお少年時代の気位の高い役が
印象に残ってて、今回も手堅い芝居をみせてくれたけど
わかばちゃんと並ぶと、華やかな点では
どうしても見劣りした。舞台は残酷。
でも、この人は上手い。

暁 千星。
君がトップになる頃までは、なんとか劇場に通っていたいです。
彼女の舞台度胸には、毎回驚く。

ちなつ。
花組にいくのは、月組にとってイタイと思う。
あくまで感想ですよ。
なぜなら、この人、まず歌える。
そして演技が上手い。
ダンスも上手い。


たまきちは確かに上手いです。
でも、今月のスカステのトークDXで思いました。
たまきちに惹かれないのは
この子がまだ殻をやぶってないからかなあ、と。
もし、前回の新公で、千星ちゃんと反対に
たまきちが、芝居のほうで主役をやってたら
ショーのほうに、話題をさらわれたと思う。
それくらい、押しが弱いのだ。
スカステでのいのうえ氏とのやりとりも
いのうえ氏がトークを逆に仕切ってる状態。
自分から話をふれない。
劇団の押しに比べて、本人の気持ちが
まだついていってない感じだ。
だからちなつみたいに、キチンと芝居を締める人が
必要だなと思う次第。


それくらい、ちなつは上手かった。
ヒゲも似合うし。色々な彼女をみたいと思わせる。

あと、美園さくら。
彼女も育つといいなと思います。

以上が感想です。
千秋楽おめでとうございます。
月組の中堅以下、下級生にいたるまで
実力がよく見えた公演でした。

くりえいたあの仕事~星組新公~

「美しき幻影」
と、いうサブタイトルのとおり
ケイコセンセの作品は
天使やら、白鳥の精やら、
なんやらかんやらと「この世にはみえないもの」が
お話についてまわっていて。

「ロミジュリ99」は本当に良かったです。
(たとえディカプリオ映画と同じような設定だとしても)
あるいは
「ラスト・パーティ」の最初と最後のつなげ方。
「近松・恋の道行」の春風みーちゃんの使い方。

どーしてか、大劇場では
アタリには出会っていない。
いつか出会えたらいいですね。

今回、びっくりしたのは
「ペットボトルタワー」?
エコですか?

なんつうか、前回の「アンドレア・シニエ」では
ド真ん中にベッドという、うわっ恥ずかしい!!みたいな感じやし。

「くりえいたあ」にしては、1番考えるであろう、舞台セットを
大劇場に関しては、うまく生かせてない気がします。

それからアカリの使い方も。
基本、大劇場デビュー作のタモさんもやつ(すんません、ド忘れ)
あれも青が多かったなあと。
もちろん、くりいえいたあなんでご存知とは思いますが
照明の色も、出演者の心情を表す意味が
本来は含まれている、という「舞台の基礎」は忘れないで欲しいです。

舞台セットにペットボトルは、ものすごい意味があって、
どうしても作品につかわなければならなかったの!!
という事情があるとしたら、それが納得できるだけの作品を
みせてくださいね。

オリジナルを書いて、上演していくことは
つまりは、作家も勉強の場になると思う。
たとえ駄作でも、大劇場で1度公演を経験するのと
しないのでは、絶対に差がでると思うし、
そこそこの評判に甘えてしまうと
自称「くりえいたあ」で、終わってしまう。

宝塚の演出部は、他からみたら、
稽古場はあるし、助手からきちんと勉強させてもらえるし、
役者だって、探さなくても、劇団にきちんといるし、
恵まれてるんですよね……

こちらも生徒さんと同じく、
才能ある人をどんどんデビューさせてあげ欲しいです。
来年のラインナップには「上田」先生の名前があることを
期待します。

歌えるスターがいる~星組新人公演~

久々に大劇場にいきました。
しかも本公演にはいかず、いきなり新公。

星組「美しき幻影」

いや、正式には英語のタイトルがついてるけど、
くりえいたあケイコは「美しき幻影」というコトを
強調したいんだ、と思った。

新人公演。
「先生方の目につかなかった、思わぬ生徒の発掘の場」
「先輩の演技をうけつぐことのできるチャンスの場所」
「トップ育成の場」

今回は、はっきり真琴ちゃんが、他の若手より、頭3つくらい
飛び出てることを感じた。

1番は歌。
彼女の音域は、かなり広いんじゃないでしょうか?
しかも、聴いてて1度もハズさなかった。

演技。
本役レオン君を、しっかり真似ている。
けれど、それがきちんとサマになっている。

舞台姿。
これは、好みの問題もあるんだろうけれど、
男役としては、もう合格点ではないだろうか?

仕草、後姿、目線の使い方。
レオン君をキチンと受け継いでますよ、この人。

前も書いたかもしれませんが
真琴ちゃんは、早くトップにして、じっくり大成させたら
いかがでしょうか?

歌える人のほうが少なくなってる今、
歌える生徒さんを使わないのは、どうだろうかと思います。

あと、印象に残ったのは
綾 鳳華。

えっと。
麻央さんの直したらいいのに、という点だけ
書いておきます。

まず演技は、盗むことから始まります。
本役イシちゃんなので、難しいのかなあとは思いますが、
まだ自分のスタイルができてないうちは
真似したほうが早く上達すると思うのです。
目立って悪いのは男役としての所作。
姿勢。すぐ前かがみになる。
この人、そこそこ身長があるんだと思うのですが
前かがみになると、見苦しい。
そして、手の使い方。
もてあますとき、必ずポケットに手を突っ込んでいます。
それは自分が騙されてたと気付いたときも、
怒りにふるえながら、ポケットに手をつっこんでたり
目の前でイヴァーノが撃たれて倒れてるのに
片手はポケットだったり、
とても不自然。

イシちゃんは、そのとき、どうしてるか、もっと観たら
演技へのアプローチも変わると思います。

キサキ。
この人がガッツリ芝居してるの、キチンと拝見しました。
まさに「残ったもん勝ち」ですね(わかる人にはわかりますよね)
ただ、声は耳に残りました。

風ちゃん。
できる子をこう扱うと、舞台ってまわらないんだなあ~
と、いうのが良くわかりました。

あとは、すいません。

「本役」の力技を抜きでみたら
台本は、あまり娘役が良いように書かれていない。

狂言回しだったはずのイヴァーノが実は本当の悪人だった
という展開が唐突すぎる。

メインのオットーとディアナがそんな嫉妬されるほど
熱いカップルにみえない(書かれていない)

「で、結局、どんなお話でしたっけ?」
という脚本でした。

くりえいたあケイコさんの心意気への思いは次に。
プロフィール

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。