スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脇を固める花男たち~ノクターン雑感~

いや~
ヒロインはいけてないけど、
脇は上手かった。

マイティ!
黒マイティもいいですね。
今回、軍服でユズカレーを「世間知らずのお坊ちゃん」と
あざ笑うお役でございますが、
歌がまず、良くなってる!
そしてダンス。
この人はゆっくり大成するタイプなんだろう。
先が楽しみです。

あきら君。
色悪おやじ。
「エロ気」出てます。
また、一花嬢との冷めた夫婦間の演技。
或いは息子にナイフで切られながらも、
垣間見せる父性。

ああ、この話、カレーとあきらのスピンオフを
作ってくれないだろーか?
滅多に「萌え」を感じない自分でも、観たい!と思ってしまった。
フィナーレで、きらりちゃんをめぐって
ユズカレーと踊るシーンは素敵でした、エロくて。
でも、基本が優しい人なのか、時々その「優しさ」がみえて、
こーゆう敵役が来たときは、ちょっと「優しさ」が邪魔になるときもあると思う。
みーちゃんから託された「エロ気」男子として頑張っていただきたいです。

和海くん。
歌、聞かせます!!
今回、取り巻きの1人ですが、
芝居の間がうまく取れてる!
成長してはります。

タソ!
お、恐ろしい子だわ!!
この人は舞台ごとにいつも自分に挑戦している。
だから目が離せない。
オペラいらず、と語ってましたが
ホンマにいりません。
第二部は特にタソに釘付けでした!!
花組の宝です。

あとちょっとした台詞の言い方がうまかったのが
春花きららちゃん。
鞠花ゆめちゃん。
歌が上手い男役さんを見つけたんですが、
どなたかがわかりません。
使用人の1人です。
この人は、どんどん歌わせてあげて欲しいです。

そう!
まりんさんが出てるの、気づきませんでした。
最後まで、あの執事?の人、上手いよなあ~
でも、まゆみさん以外専科って出てたかな?
と、パンフ確認。

「まりんさんやん!!」

もう!さすがヒゲ部。
ものすごい化けっぷりと、
声のトーンまで落として演じてたので
ホンマに気づきませんでした。
この方も貴重な方です!!
専科でも、得がたい存在になると思います。

フィナーレの黒燕尾は健在です!!
見とれてしまいました。

新体制の花組も私は楽しみです。

蘭寿さんは大好きですが、
宝塚は、トップ制度を作ってからは、
新陳代謝を繰り返して、歴史を刻んできました。
みりお氏率いる花組も、しっかり観たいと思います。
スポンサーサイト

蠱惑的になれなかったヒロイン~ノクターン雑感~

今回は良い部分と毒吐く部分がくっきりわかれてます。

良かったのは。

ユズカレーの成長。
「ラストタイクーン」の新公から、はるかに進歩しました。
歌も時々、声がひっくりかえりましたが、
ダンスはキレキレ、
何より「ザ・真ん中」のオーラあり。
傷つきやすい年頃の「青年」を好演してました。

ただね、色気。
これがない。
彼女に色気がでてきたら、また楽しみだろうなあと思う。

続きを読む

面白かった!!~「前田慶次」新人公演~

楽しかったです「前田慶次」

やっとゆっくり観れたこともあって、
余計に良かった(涙)

初回はエキサイトした人が、
隣でチケット破いてビクビクしたし、
2回目は両隣が舟をこぐありさまで、
落ち着いて観られなかった。
自分の集中力が悪いのもあるんですが。

ああ!!
今回はノーストレス!!

非常にクリアに観劇しました。

まず松風が可愛い!!!
いままで2階席観劇なんですよ~
でも、上から観てても、芝居してるのがよくわかります。

特に町人踊り(と、ワタシは呼んでいる)
一緒になってステップ踏んでる松風。
ああ、愛おしい。

雪組も若い人が頑張ってるなあと思いました。

慶次の月城かなと君。
もう、男役の型ができてると思います。
歌も練習はまだまだ必要ですが、聞きやすい。

舞台で必要なのは、
「明瞭な台詞」
「明瞭な歌詞」
何を言ってるかわからないのは辛い。

月城君、壮さんに学べることはあるんで、
どんどん、盗んで欲しいと思います。

有沙 瞳ちゃん。
はじめまして、に近い生徒さんで、
まったく予備知識なかったんですが、
まず歌えました!!これは強い。
そして声の良さ。
こーゆう人が下級生にいるのはいいことです。
まつの、気の強さをよく演じてたと思います。
舞台度胸がいいと思います。

真條まから君。
ヒロさんのお役を見事に演じてました。
いいなあ、芝居上手い人!!
好きです。

奮闘してたのが真地佑果君。
96期が個人的に苦手ですが、終始3枚目に徹していて、
かつラストに捨丸にかんざしをさしてあげるトコなんかは良かったです。

捨丸の星南のぞみちゃん。
声がきれい!!
舞台姿が美しい。
結構期待してます。

おいしいトコで笑わせた利家役の
天月 翼君。
この子は芝居上手いです!
もっと観たい人。

それから久城あす君。
この人が新公の長でしたが、
芝居でも、きちんと締めていて、見ごたえある演技でした。

ああ、本当に。
こんないい芝居をみせてくれる、
若手の生徒さんを観たら、清々しかったです。
少し泣いてしまいました。歳とったからでしょうか(笑)

新人公演で、もう十分使えそうな人には、
昔方式で、本公演にも出してあげて欲しい。
特に歌が弱い?と思いきや、
下級生には、歌える子がきちんと育っている。
もっと経験をつめば、何年かたてば必ずモノになるんです!!

娘役さんは、特にみじかい間しか通常は活躍できないので、
そこはもっともっと配慮して、
どんどんあげていって欲しいです。

でも、日本物で、イキイキと演じる若手をみると、
「日本ものの雪組」を観た感じもして。

えりたんがトップになって、続けて日本物を上演してくれたのは感謝です。

最後の台詞は新人公演仕様に変わってました。
さすがこだわり大野先生。
わかりにくかった初回でしたが、
きちんと観れた今回では、
良い台詞、美しい歌詞を堪能しました。
本当に退団されるんですか(涙)

ワタシは第2の柴田先生を作れとは言ってないんです。
柴田作品は柴田先生にしか書けない。

大野作品はきちんとした世界観があり、
そこに構築された劇的空間がある。
大野先生も、唯一無二の人。
う~ん。
楽しみにしてた「ルサンク」に台本が掲載されてなかったんですが、
やはり退団だからでしょうか?(涙)

芝居は、とにかくやり続けないとすたれしまいます。
日本物が100周年で終了にならないことを願います。

次回の本公演、ますます楽しみです!!

葦原邦子さんの文章。

今、自分の生まれた時代の歌劇に夢中。
面白いから。
その中でも葦原邦子さんが、書くエッセイ「云いたい放題」が素敵だ。
いや、本当に、昔にいくほど、タカラジェンヌさんは、
宝塚という場所を大事に思っていたというのが伝わってくる。

引用させていただくと(歌劇6月号・1972)
「退団して、外部で活躍されてる一部の元ジェンヌさんについて。」
「拝見してても、宝塚であれほど魅力的だった人が色あせて平凡になっている」
「彼女たちが宝塚スターとして、ヤル気じゅうぶんな時期を
上手に劇団はフォローしてあげるべきである」
「目先の花だけを大事にして、あとに続くつぼみや若い芽に
愛情をそそいでないんではないか?」
「卒業した人たちが宝塚歌劇団出身だということを誇りに思えるようにして欲しい」
「卒業生には必ず宝塚出身というレッテルがついてまわることを自覚して欲しい」

コメントに、最近バラエティ番組にさかんにOGが出てます、といただきました。
自分、今テレビを観てる時間がなくて、ヅカ友さんに聞いてみたら、
結構下品なことをお話されてるんだとか。
でも、その人は「宝塚」という看板があるから、
バラエティの仕事が入るわけで。
台本にこういうトークをして欲しい、と書かれてると思いますが、
あまりに貶める内容であれば、断るべきかと。
その人も、食べていかないといけないから、
必死なんでしょうが、やはり「夢を売ってた」場所で、
1度くらいは必死で頑張った時期もあったと思うのです。
テレビは一過性のもの。
本当に芸能界で長く生きていくなら、
自分のいた場所を貶めるのは、やめたほうがいいんじゃないかと思います。

葦原邦子さんの小説も購入したので、これから読みます。

傾 奇 者~「前田慶次」~

そうですね~

こんなにオモロイ人物を舞台で「活かさない」のはもったいない話。
まだえりたんにテレが見える。
おいしいお役なのに、もったいないです。

秀吉の前に髷をわざとヨコに結って出てくるシーン。

あれは「反抗」ともとれるけど、
実は他の大名にも挨拶してるように見せてる。
その意味を感じ取った秀吉は
「面白いやつだ」と、慶次をほめる。
そういうシーン。
けど、なんか伝わりにくいんですよね~

あと、おサルの物まね。
あそこで、着物をまくって、ケツを出す勢いでやる、
くらいの勢いじゃないと、観てるほうがテレるんですね。

かっこよさも大事ですけど、
あえて「こーゆうコトもやるのは慶次だからだ!!」
と自分に思い込ませて、演じて欲しいなあ、と。

最初の水風呂も。
これは、大野先生の、慶次の人物造詣が浅いからなんですが、
慶次はプライドが高く、ゆえに説教してくるおじがうっとおしいから、
わざと水風呂に入れたわけで。
「プライドが高い」という点がわからないので、
単なる「お笑いエピソード」になってるのはもったいない。
「オレを誰だと思っている」と、
ひとこと書くだけで、慶次が全然違ってくると思います。

「人を上からみる人間だった」というのも、書かないといけません。
だからこそ、「足を切る」というエピソードがでてくるわけです。
それは、原作やら、慶次に関するものを読んでるといくらでもでてきます。

要は「前田慶次」を大野先生は、どう書きたいのか、
全然わからん、ゆうことです。
だから、役者も「どう演じていいかわからん」のだと思います。

「何故、慶次はこんなことをするんだろう?」
と、一つ一つ、エピソードを考え、調べ、
理解していくのを、役作りといいます。

次に観たとき、えりたんが「傾奇者」に近づいてくれてることを望みます。

柴田先生!!

嬉しいんですよ、そりゃ、
あんだけ新作、いや再演でもいいから観たい!!
と、書いてきたので。

でも。
言わせて~ください~

何故、花組はムリでしたか~?(涙)

「柴田先生が蘭寿とむのために書いた」

この一行を1番、望んでいた人は、もういないのに。

聞き取れない台詞~「前田慶次」~

ごめん、もうタイトルにしてしまった。

ここは、えりたんに、最後のダメだしです。

続きを読む

見事な群集劇~「前田慶次」~

わかった!!
初見は、集中できなくて、
「いい芝居なんだけど、モヤモヤするのは何故?」
と、考えていて、今日観劇。
モヤモヤはなくなりました。

初見より、楽しめました。

えりたん。
男役姿が決まる人である。
フェルゼン、ヘイリー。文四郎に忠兵衛。
トップになってから、芝居にハズれがなかったと思う。
しかし、
今回は、最後。
最後なんで、あえてお世辞でなく、
思ったことを書きます。

--------------------------------------------------------------------------------

続きを読む

渡辺先生の心意気。

シメさんのコトです。

お披露目から卒業まで観ました(うたかたの恋は東京復帰で、観てません)
かわりにプレ復帰作のバウ「ラ・トルメンタ」は観ました。
今にはない、宝塚的エロス満載の大人なお話でございました。

それこそ「ザ・男役」のシメさんが、
音校の先生を選んだことには
すごく納得。

スカステのトークで語ってはるのを観ました。

まともや!!

渡辺先生は100周年以降を「浮かれていてはいけない」
「存続させる責任」を語ってました。

すごいと思います。

音校に就任して、人生を狂わせた副校長のようには
ならないでいただいきたい。

どうか、生徒さんを真実の
「清く 正しく 美しい」宝塚に導く先生でいてください。

100周年以降を心配する気持ちを持っておられるんで
安心しました。

たまに「紫苑ゆう」に戻るのも楽しみです。

宙組の話。

こちらも、ザーと観た。

「ベルばら」
れーれ、卒業。
この人が好きだった理由。
役に一所懸命。
「翼ある人々」で最初に老婆となって、語るれーれですが、
本当に、上手くなったなあと思ったんですね。
映像でのル・ルーも、楽しそうにやってたし。
(姉妹でル・ルーでいいと思う)
「自分を知ってる」という意味で、好感が持てました。

ちー。
この人は、すごく印象的だったのは、
前回の花組公演で、自分と席が近くて、見えないようにしてても
見えてしまう位置で観劇してたんですね(現役生徒は後ろで見て欲しい)
姿勢正しく、特にショーの時に蘭寿さんが踊ってるときなどは、
本当にガン見してはって。
ああ、宙組で一緒やったし。
色々思うのかな~と。
まさか、この人が卒業を考えてるとは思ってなかったんですが、
観劇時の真剣さが、印象に残りました。
「ベルばら」では、悔いなくやれたんでしょうか?
ちーの前途が幸せでありますように。

ほかにも愛花さんらが、卒業されます。
新体制へ移行するなかで、
「次」の人生への決断を下すジェンヌさん。
厳しい現実に負けないで欲しいです。

そして、テル退団発表

今更なんですけど。
そうか~
よくもったなあと思いました。

ビジュアルばかり騒がれがちですが、
ワタシは「シルバーローズクロニクル」の彼女が好きでした。
アレをみて、コメディセンス、あると思ったんです。
ほら、真面目な顔して云うヒトコトが面白い人。
ユミコの役に対して、良い味出してたなあと。
バンパイアであれ、なんであれ、テルは、合う役がくれば
きちんと「やる」人なんです。

でも、なんでしょうか。
劇団のやり方が悪いのが大きかったと思います。
トップにするには、足りないもの。
「押し」
彼女は押しが弱い。
ゆえに、みりおんが、寄り添うように見えず、
ギクシャクコンビになってしまいました。
これも、ダレも得しなかったなあと思います。
また、こーゆうタイプをトップにしたなら、
きちんと2番手をおいて支えるべきなのに、
それもしなかった。
まあ君をきちんと決めておくのかと思いきや、
キタロウにしたり、ともちんをおいてみたり、
まあ、落ち着きの無いコトで。
可哀想でした。

「風・共」のバトラーを改めて観ました。
観劇は1回だけだったんですが、
今まで観たことない、優男なバトラーでしたが、
テルは、役作りは必死だったと思います。
ワタシは努力してはる人が好き。
そこは、きちんと書かないとアカンと思うんで、書きますと、
見間違いかなあと、思ってたんですが、
彼女がきちんとあごに線を書いてたこと。
「割れたあご」にして、
ごつさを出そうとしてたんですね。

最初、プログラムの写真みて、
「いや、影かもしれない」と思ってたんですけど。
今日、映像みたら、きちんとあごに線を書いてたんで、
「ああ、この子にはこの子のバトラー像があったんや」と。
芝居心があると、書き続けた自分は間違った評価はしてなかったと安心。
確かに、男らしくみせたければ、
宝塚なら肉襦袢もあったと思うのですが、
あえてスタイルはいじらず、顔面をいじるところに
「キレイなだけではない」と抵抗し続けてたテルの意思を感じました。
それが、正しいかどうかは別としても、
自分なりに「男らしくみせる」ことへの結論が、
顔をいじることであったのなら、
劇団は、トップとして彼女を扱うなら、
やはり、その意見を尊重してあげるべきだったと思います。
オスカルもこだわってました。
役に入り込んで、泣けるという感想が、あの学年になるまで
体験したことなかったことに、ワタシは驚いてたんですけど
(普通、役者は入り込むので、稽古中、泣くのは当たり前)
そこらは、今の宝塚の稽古は甘いのかなあと思うんですが。

こだわることはいいことなんで、卒業公演では、
テルのいいところがでて、
きちんとみりおんとも、絡んだ、
そんな芝居が観られたらいいなあと。
いや、みりおんをまあ君の相手役にしてもいいから、
きちんとトップ扱いしてあげて欲しい。
テルの相手役はキタロウということで。

良い舞台を観ることが自分の楽しみなんです。

ヅカネタ・パレード~映像の感想~

全然時間がなくて、今日録画してたヅカニュースなどをざっくり観た。

①「ドブロク元帥?」

何?新キャラになんという名前をつけてるんだ!!
と、思ったら、ド・ブロイか。
つうか、その新キャラに、意味はあるんでしょうか?
みつるのためになる役でしょうか?

②「ああ、アントワネットか」

ごめん、もうランノさんて、脳内では過去の人になってた。
今はみりお氏の相手役なんだな。
しかし、高貴な役が本当に似合わないトップ娘役だなあ。

③「かもめ」は悲劇だったのか?

チェーホフ作品において「三人姉妹」以外は喜劇だと思ってる自分なので、
さあ、小柳先生は「悲劇」「喜劇」どっちにするかなあ?と楽しみにしてたけど、
映像では「普通」?
なんつうか「悲劇」にもっていったんかなあ?
アレはマザコンのおぼっちゃんをいかにこっけいに描くかで、
ずいぶん印象が違ってくるんで。
礼真琴が観たい!!というのもあったので、
スカステの放送待ち。

④「太陽王」が楽しそうだった。

踊ってるレオン君て、ホンマにイキイキしてはるなあ~というのが映像の印象。
やっぱし、踊れる人は躍らせてあげようよ。
相手役が踊れず、相手役にあわせてレベルをさげてる。
これは正しくないです。
本来は、踊れない相手役が、レッスンするべきなんですが。
でも、身体をそらせて、一回転する、というだけの動作に、
レオン君より2テンポ遅れてたのを観たので、
「こりゃ、相当カウントとれてない」と思ったことがあります。
3年前です。それから、向上してないので、
相手役さんは、ヤル気ないんだなあと思います。
レオン君、頑張ってください。
しーらんの女役、おもしろそう~
これはDVDが欲しいと思いました。

雪組公演「ショー」雑感~去り行く人たちへの配慮~

ひっさしぶりにムラに行きました。
(宙組を見損ねたのは、もったいなかった……)

「前田慶次」
「マイドリームタカラヅカ」(カタカナ表記ですんません)


これでえりたんも「卒業」か~と、
蘭とむロスから、立ち直らないままに観劇。

芝居は、ちと、思うところあったけど、いいと思いました。
また、詳しく書きたいです。

それよりショー!
ショーゆうか一応「グランドレビュー」ですが、

中村先生か~
プログラムによせる生徒さんへの言葉は温かいのに、
どーして、内容はあんなのになるのでしょうか?

もう、サヨナラとプレお披露目が、ちゃんぽんになってる状態。

コレはアカンやろ?

ちぎちゃんはこれから、まだ舞台がある。
でも、えり、あゆ、まっつ、麻樹(また、他の退団者も含め)
もう「宝塚」の舞台では、彼女らは観られないんですよ。

長くショーを作っておられるだけに残念。
劇団の意向かしら?(96期あげのため?)

あと宇崎&阿木のご夫妻の楽曲は、
「歌謡曲」限定だと感じました。
もっと厳密に言えば、
「百恵限定」
この「伝説」の一連のシーンは
山口百恵で観たなら感動もんだったと思う。
「伝説誕生」なんか、まんま彼女が歌ってても違和感ないよ。

今の若い世代があまり山口百恵を知らないから、
使用したの?思うかもしれないけど、

もう古いです(涙)

宇崎&阿木コンビの歌は昭和50年代で終了しました。
ごめんなさい。

えりたんは、こないだのショーでも感じましたが
「宝塚」で歌われてきたオーソドックスな曲を歌うのが似合うスター。
おらおらのラテンとかは、次世代にまかせればいいんです。
どーしてショーまでドS系にするかなあ?
(彼女の本質はSではないし)

ただ、黒燕尾と、その後の淑女のシーン。
あゆが、娘役を率いて踊るのですが、
意外に合ってました!!
娘役さんたちがが、大階段で踊れる機会が
滅多にないので、このシーンだけはいいと思いました!!

娘役はトップだけじゃない。

たくさんいるんだから、本当に使わないともったいないです。

そして個人的にまっつ。
今回の退団者で、1番哀しいし、もったいない人です。
まっつが「もっとこの舞台で活躍したい」と
思える場所でなくなったのが、残念でたまりません。

「場がしまる」という言葉があるんですが、
それは、彼女が舞台にでたら、本当によくわかります。
だらだらと流れていた芝居。
果てしなく続く音程のはずれた歌。
ちょっとダレてきた、と思う頃にまっつが出てきて、
芝居をしたり、
歌ったり踊ったり、
そうするだけで空気がしまるのです。

これは、観てわかる方にしか感じることができないモノなんで
いくら、言葉で語ってもピンとこないかもしれません。

ただ、宝塚でなくても
舞台には、要所要所で、ビシッと場をしめる人がいかに貴重で、
大事であるか、痛感します。
今後の雪組に、まっつのような生徒さんがあらわれるコトを願います。
(ホタテくん、いけると思うんやけど)

とりあえず歌。

言葉はキツイですが、まともな歌声が聞けるのは
今のうちと思うので、雪組公演は何度か行きます。

次は「前田慶次」を書きます~

ブログ雑感。

読んでいただいて、ありがとうございます。
また、コメントをいただき、ありがとございます。

以前も書きましたが、補足も含めて改めて書きます。

コメントを通じて「交流」できればいいな、というのが
自分のコメント欄への希望なので、
たまに返信できないことがあります。

ワタシが責任をとれない、読者さまのコメント。
自己完結されてる方のコメント(というかご意見)
別に、ご意見を書いていただくぶんにはかまいません。
ただ、新聞の社説みたいになってまうんで、
「宝塚に物申す!」的なものは、簡潔にお願いします。

「宝塚の意見広場」でも作れたら、いいんですが(笑)
のんびりとした場所には、なりそーにないですね(苦笑)

コメントに返事がないわ!と思わず、ああ、こーゆう風に
運営してるんだな、と思っていただければ幸いです。

また、補足しますと、
「宝塚の今後の人事はどうか?」
などの運営云々のご質問には、お返事できません(涙)
「ワタシは劇団の運営者ではないから」です。
答えておられる方を探してお尋ねください。
ワタシは知り合いでもない生徒さんの人事を、
アレコレいえる立場じゃございません。
すんません。

あくまで、スタンスは

自分の目でみたこと、
自分の耳できいたこと、
自分の頭で考えたことを基本に書いてます。

ご理解いただきますよう、
宜しくお願いします。

宝塚歌劇のエロス。

今は、昔の宝塚本を集中して読んでるんですが。

なくなりましたね「色気」のある舞台。
芝居にもショーにも、なくなった感じがします。

明るく、健康的で、楽しい宝塚も結構ですが、
あんまりに明るすぎて物足りないです。

柴田先生の作品は、やらないんじゃなくて、
「できない」んじゃないかなあ?
「心の機微」が表現できる人、います?
演出できる人はいます?
柴田作品をしないのは、演出できる人がいなくて、
かつ「色気」を表現できる人がいないからじゃないかと思います。
(だから、蘭とむにやってほしかった)

「エロス」の誤解があるかもですね。

たとえば星組のトップコンビさんは
キスシーンにこだわっておられます。
舞台にこだわりがあるのはいいことです。
でも、それは「キスシーン」をいかにリアルにみせるかを
追及してるのであり、舞台から「エロス」が漂うのとは
関係ないのです。
「太陽王」は観てないので申し訳ないですが、
たぶん、映像から察するに色々な娘役さんと絡むレオン君が素敵。
出てくる男役さんが素敵、というのであり、
キムシンが作者ということは「エロス」とは
ほぼ無関係な作品なんだろーなと思います。

昔をアレコレ持ち出すのはナンセンスでございますが、
ターコ&モックの世界とか、ウタコミミの宝塚的エロスとか、
近年ではやはり「仮面のロマネスク」の妖しい高嶺ふぶきのエロさですとか、
みてて「ドキドキ」したもんです。
ああいう感覚は宝塚歌劇が表現する恋愛もんだからこそだと思うんですね。

ショー(レビュウ)も、場末のゲイバーは笑いましたが、
でもそのレベルです。
健全に観るショーもいいですが、
5組あって、5組明るいにぎやかなショーでは、飽きます。
また、ショーはお金がかかるので1本ものに力を入れてるとも聞きました。
なんか違います。
踊れる人、歌える人が活躍するのはショーです。
トップ至上主義でなかった頃は実力のある方が
素晴らしいダンスや歌を披露されていました。
そして品あるエロスの場面があったりしたもんです。
最近は花組のショーしか力を入れて観てませんでしたが、
蘭とむが、3人の「女役」を役替わりで絡んでたダンスシーン。
「Mr.SWING」の1場面は、結構ツボでした。
稲葉先生は、ショー(エロス)がきちんと作れる方だと思います。

日本もので「色気」といえば「花の舞拍子」
好きなブロガーさんがとりあげてくださってて嬉しかったんですが、
これは歌詞にエロスが漂っています。
酒井先生は日本もので色気を出すのが非常に上手い。
近年では、星組さんの「宝塚踊り絵巻」でレオン君が歌っています。
また、OGではイチロくんが歌ってくれてます。
もとは雪組の演目でしたので、
ターコさんも、寿さんもカリンチョさんも歌われてますが、
個人的には、寿さんが歌われたのが好きです。

まあ、歌の歌詞、メロディにも「色気」は漂わせることができる、
といいたかったんです。
「エロス」を表現できないイコール表現力自体低下してるのかもしれませんね。

100周年に柴田作品がなく、おおまかに書くと、
3作品が小池先生、「ベルばら」「風・共」・百年祭り。
大介センセに、くりえいたあ景子。
辞める大野君に、微妙路線の原田先生。
生田先生がデビュー作。
外箱は谷・キムシン。かろうじてハリー。
肝心なトコは、ほとんど植田先生一族ばかり。
非常に象徴的な100年だと思いました。

このままだと「ベルばら」歌劇団になってるかもです。
でも、初期は長谷川演出の力がものすごく大きかった。
歌舞伎の「知恵」を取り入れてたからこそ、
のちまで「伝承」される「形」の舞台になったのであり、
あれが植田演出であれば、いまほど再演されてたかは疑問です。

101年目、1作くらいは宝塚歌劇しかできない「エロス」を
表現した作品がみたいなあと、半年すぎた今、思ってみました。

大介君にお願い。

やっぱし「花詩集100」の
「愛におののく花」の場面だけはムリです(涙)

藤井氏が大御所で、植田先生クラスであれば、
「まあ、ねえ?もうお歳だからねえ、ほほほ」
で、すませられると思うのですが、
藤井氏、頑張り盛りの年齢だと思うのです。
まだ「自分でモノを考えて作れる」と思うんです。

でも、前の記事にもかいたけど
鴨川先生の「ノバボサノバ」が
星で成功したと思ってはるのか、
それ以降、カモちゃんのおいしいとこだけ盗んでるんです。

もうやめとき。
自分の作品が作れなくなると思う。

「愛におののく花」の月組バージョンが個人的にいやなのは、
まず「ザ・フラワー」という郷ちぐさ・汀夏子時代の雪組で上演された、
今回のコンセプトの「花詩集」とは関係ないものであること。
「ザ・フラワー」は鴨川先生の「花詩集」へのオマージュ作品であり、
藤井氏のオリジナルではないこと。
「愛におののく花」の曲を使いたいのは理解しても

「ハードゲイ」のコスプレを生徒にさせて、
こぶし演歌で歌わせるところ。


もう勘弁してくれ。
完璧に雪組バージョンを再現するならともかく、
あの「ハードゲイ」はアカンやろ。
趣味は自分の家でやってくれ。

再演もそうですが、
勘違いのオマージュも、見せられたほうはたまらんファンも
いることを忘れないでください。

たとえば「スミレの花咲く頃」をロックアレンジして、
ハードゲイのコスプレさせて、こぶし演歌を歌わせますか?
どうせやるなら、それくらい白井先生にこだわれ、というコトですよ。

劇団から「やれ」といわれてあの場面にしたなら、
事情も違うのであきらめますが、
もしも「アタシの趣味だもん」という気持ちで作られたなら、
もう、鴨川先生の作品は、そっとしてください。
お願いします(涙)
うまくアレンジできる人は、今ではやめた荻田先生かと思うので。

藤井さんは、藤井さんの作品を作ってください。
今の生徒さんに合わせたショーを書いてあげて欲しいです。
1ファンの願いです。
プロフィール

ナムタン

Author:ナムタン
宝塚歌劇の批評、芝居のお話などを書いてます。
自己紹介なしのコメント、
不快になるコメントなどは
削除、通報いたします。
また名前が名乗れるのであれば、
ハンドルネームもお願いしますね。
最低限のネチケットは守っていただきますよう
お願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。